子供を殺してくださいという親たち(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「子供を殺してくださいという親たち」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「子供を殺してくださいという親たち」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

子供を殺してくださいという親たち全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「子供を殺してくださいという親たち」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「子供を殺してくださいという親たち」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

子供を殺してくださいという親たち全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

子供を殺してくださいという親たちの概要

作品名 子供を殺してくださいという親たち
作者 押川剛/鈴木マサカズ
出版社 新潮社
連載誌 @バンチ
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/418354/

あらすじ

押川剛氏の衝撃のノンフィクション
 
家族や周囲の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。現代社会の裏側に潜む家族の闇と病理を抉り、その先に光を当てる――!! 様々なメディアで取り上げられた押川剛氏の衝撃のノンフィクションを鬼才・鈴木マサカズ氏の力で完全漫画化!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/418354/

感想

30代女性

とても考えさせられるノンフィクションです。原作者は「説得」による精神障害者移送サービスの創設者で、自立・就労支援にも携わっており、その経験が漫画化されています。一つ一つのエピソードは独立しているので、途中からも読みやすいと思います。決して他人事ではなく、誰でもこの漫画に描かれているような状況に陥る可能性はあると感じました。読者の視点から見れば、どのケースも大きな問題になる前に阻止できたポイントがいくつもあると思います。目を逸らし続けた結果、どうしようもなくなって原作者の元へ相談に来るという印象です。また、全てのエピソードが解決に向かう訳ではなく、原作者が手を出せなくなってしまうケースもあるのがとてもリアルです。人間は誰しも完璧ではないけれど、指摘されたことを受け入れたり、良くあろうとすることはできます。そういう意味では、原作者を頼って行動を起こした親達は、良い方だと思うのです。世の中には、それすらしようとしない、あるいは思い至りすらしない、異常な状況に呑まれて判断ができない人達もいるはずです。でも、問題を抱えていようといまいと皆一人の人間であり、対人間として話をしようとする原作者の姿勢には学ぶ部分が多いです。尊重して向き合い対話する、ということの大切さを実感します。
他の感想はこちら

40代男性

精神疾患の原因が育て方によるものと断定しているそのような感じに見受けられ、一つの考え方に固執しているのはどうなのか。そのような育て方だけではなく環境の中に起因することを無視しているように感じられるのでした。最近の児童虐待のニュースなどを聞くとまともに成長できない親が育てているのでしょうが、決して環境というものの話にまとめないのは、その環境で生きている自分が立派に育っていると安心しているからなんだという自負を作者から感じられます。心療内科に通院している人が多くなった昨今、「誰もわかってくれない」という気持ちが大きくなるような人が多数を占めているのでしょう、漫画を読んでいても他人事と思えないような状況になりつつある現代社会の今日の象徴的な問題をリアルにまとめてあるのは、とても読みやすく社会問題から逃げず真っ向から捉えられていると思いました。現実にこのようなニュースがメディアを通じて流れているその切り抜きをそのまま漫画に落とし込んだような作品で、見る人にとってはとても見づらく目を背けたくなるようなそんな状況なのかもしれませんが、言葉はかなり重みを持って人々の心に伝えていました。表現の仕方があまりにも極端に感じてしまうような人もいるかもしれないが、私としてはこのような極端なぐらいの方がきちんと心に届いてくるので良いと思います。そう考えるのは私は精神疾患を患っていないというそんな証明なのかもしれませんが。

40代女性

衝撃的なタイトルに惹かれて思わず無料の試し読みをしました。思わず引き込まれて課金をしてしまいましたが、わたし的には全く退屈せずに一気に読んでしまいました。例えば家の近くで、人の気配があるのに全く手入れされておらず大量の鳩が出入りする家、ビクっとするような風貌の方が出入りする家など平穏に暮らしていてもすぐ隣にあるような存在について今まで深く考えていなかったのですが、その家族の葛藤と、抱えるカルマの大きさに読んでいても息苦しさを覚えるほどです。救いとしては、患者と医療をつなげることにより良い方向へ進むことがあると言う実例を何話かに1度入れてくれることだと思います。自分も子育て中の身として、子供に何か障害や、脳機能のトラブルがあった場合は必ずすぐに医療を頼ろうと思います。そして、親の背中を子供は見ていて、切ないほどに子供は親に振り返って抱きしめて欲しいのだなと思いました。それが叶わない場合は体は大人になっていても心は子供のままで、あの時愛して欲しかったと言う欲望がねじれにねじれて危険な状態になるのだと思います。絵は万人受けするものでは無いですが読んで絶対に後悔はしません。一話完結的な短話がつづくので、気の済むところまででも構わないので読んでほしい一作です。

40代女性

私の身近な周りでは幸いにも同じような状況の人はいないので、どこか他人事で、漫画の中のフィクションのように読んでしまうが、いつ自分が当事者になってもおかしくないと思うととても考えさせられる話。子育ての大変さやお金の重要性など、世知辛い世の中の縮図を描いた漫画。読むと嫌な気持ちや暗い気持ちになるが、怖いもの見たさで読んでしまう。逆にこの漫画を読むことで、何かしらのかたちで救われる人もいると思うので、本当に素晴らしい漫画だと思う。どのくらい知られているのかは分からないが、もっともっと沢山の人に読んで欲しいと思う。精神病は本人が自覚が無かったり、周りの人も気づけなかったり、知識が無かったり、病院に行くという選択をすることすら難しい事だったりもする、ということがよく分かる漫画。知識はあって損は無い。とても勉強になる漫画。漫画にするまでも大変だったと思うので、よくぞ描いてくれました!と思う。絵柄も漫画の内容に合っている。飽きることなく、次から次へと読める。読んだあとは、しばらくアレコレ考えて引きずりまくる。それくらい引き込まれる内容と画力だと思う。夢も希望も無いような話がほとんどだけど、こういう漫画も必要。

20代女性

面白い漫画だと思う。この漫画が全てノンフィクションっていうのが一番怖いところではあると思う精神病は仕方ない事だと思うし病気なら向かい合って行くべきだと思うけどそれをしない、させない親がいるって衝撃的でした。これからの世の中もっと精神病が増えると思うけどこの漫画を反面教師にしていきたいとも思う。主人公の押川さんもものすごく苦労されてる方だと思う。漫画内のノンフィクションのエピソードを読んでると正直人間の形した悪魔を説得して入院させたり、自分のことしか考えてない親を説得したりと精神的におかしくなりそうだなーと読んでて常に思ってる。こんなにも身勝手な人間が居ることにも衝撃的だった。自分の子供が亡くなってるのに死んでくれてホッとした、っていうセリフが忘れられない。それぞれ色んな形の家庭があると思うし正解も間違いもないと思うけど。この漫画に出てくる家庭は間違いって言いたくなる家庭が多いと感じた。押川さんのやってることはすごいと思うけど本人が言ってるようにいずれ無くなって欲しい仕事だとは私もすごい思う。私も子供がいるから思うけどこんな親にはなりたくないし子供が困ってたらできる限り何でもしたいと改めて思えた漫画だった。家族の問題は家族内で解決しないと情けない、恥ずかしいとも思えた漫画だった

50代女性

ただなんとなくタイトルにひかれて読み始めました。引きこもりの話だろうとページをめくり読み進めると、1話からあまりの衝撃に絶句でした。それでも気になり今も話数がアップされるたびに読んでいます。生まれも育ちも良く、それまで優秀だった人間があっけなく壊れていく様は恐怖にあたいしました。発達障がいや精神疾患が原因ではあるけれど、ここまで壊れる成長過程の中に親も問題だったことに気付かされました。子供だけのせいではない。親によって壊れされ、壊された親に復讐のように襲いかかる。入院措置で良い方向に向くとは限らず、読んでいてやるせなく胸がつまる話もありました。この漫画を読みながら、どうして今の日本はこんなに精神疾患が多くなってしまったのだろう、生きづらい世の中になったのだろうと考えさせられます。実話を元にしているので身近な問題だとも思っています。自分の子供だったら私はどうしただろう。やはり漫画の親と同じで専門家に押しつけて向き合わずに逃げるだろうか。壊れてしまった子供とどう向き合えばいいというのだろうと、読みながら考えてしまいます。壊れたくて壊れた子供なんていないのに、手にあまりなにかで死んでくれないか、自分で手にかけて殺してしまいたくなる親の狂気が画力のせいか深く重く伝わります。内容が濃いので読む人を選ぶ漫画かな、とも思ってしまいました。

子供を殺してくださいという親たちを1番安く読むならebookjapan


 
子供を殺してくださいという親たちの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「子供を殺してくださいという親たち」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
子供を殺してくださいという親たちを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます