血の轍(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「血の轍」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「血の轍」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

血の轍全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「血の轍」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「血の轍」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

血の轍全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

血の轍の概要

作品名 血の轍
作者 押見修造
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/421755/A001782352/

あらすじ

母・静子によって。狂瀾の奈落へと!
 
「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」! 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/421755/A001782352/

感想

30代女性

田舎の家庭で育ったごくごく普通の中学生の静一でしたが、ちょっと違ったのは母親の静子の静一に対する異常なまでの溺愛っぷりでした。確かに母親って子供が自分の分身みたいに思ったり、自分がなりふり構わず必死になって育てた苦労があるだけに、子供に依存してしまうのかなぁっと!?静子を見ていたら思ってしまいます。また、静一が息子だから余計に異性として、可愛く感じているようにも個人的には感じました…途中、静子が後戻りできない状況に陥るストーリー展開は、見ていてハラハラしたしどうなるか?かなり気になってしまいました…また、静子というキャラクターが一見穏やかな母親なだけに、精神的に病んでしまう姿がとっても怖かったです。どんどん静子が不気味さを増していく感じが、とにかく異様な雰囲気ですが、ある意味この作品の見どこになっているのだと痛感します。あと、頻繁に家にやって来る旦那さんの姉と息子のキャラクターがインパクト大で、その図々しさにはちょっと嫌悪感を感じるぐらいでした…しかも、静子の旦那さんは家事や育児には基本的にノータッチだったから、旦那さんがもっと家庭に目を向けていたらちょっとは変わっていたような気がします!!作品自体の内容がとても印象深かったし、個性的なイラストにも魅了されてしまいました。
他の感想はこちら

10代男性

これを初めて読んだ時内容の鬱蒼とした雰囲気に惹かれました。静子について冒頭からなにか異常な一面があるだろうと思っていましたがまさかしげるを崖から落としてしまうなんて全くおもいませんでした。そこまでの異常性を見せておきながら最初の方は普通に母親を演じている静子の異質さがとても怖かったです。静一の思春期ならではの親離れに対して、静子の異常なまでの執着に関してもめちゃめちゃ気持ち悪くて良かったと思います。静一の葛藤については男の僕からしたら痛いほどわかるのですが、自身の親が特に僕に構ってこなかったので、共感はできなかったです。また静一の静子への執着も結局のところ凄まじくお互いに共依存の状態に陥ってしまっているのかなと思いました。最初から最後までずっと胸糞の悪さというか親から離れきれない静一にも憤りを感じました。また何も気づかない父親に特にムカつきを覚えました。しげるが外に出れるようになり、障害が残ってしまっている姿や、静一がショックから上手く喋れなくなっている様子にはシンプルに心が痛くなってしまい、これを書いている作者はどんなことを思っているのかとてもきょうみぶかくおもいました。こういう類の話が苦手な人は読まない方がいいだろうと思います。

20代女性

お母さんの毒親感が最初からすごいなぁと思っていたのですが、やはり自分の人生に不満とかつまらなさ、虚しさを感じていると子供を育てることで何か変わるかも、とかその虚しさが愛によってなくなるかも、と思ってひたすら尽くしてコントロールしようとしてしまうんだなということが最近の話まで読んでみて改めて思いました。周りの厳しいことを言う割に学歴や職も大したことのない親だとか、自分が立派だからと子が同等以下の職につくことが将来困ると言う不安感からコントロールしてきた親たちを見てきたのですが、結局子供に依存することで自分の何かを満たそうとか紛らわそうとしているんだと思います。それは自分の人生、趣味、やりがい、生きがい、、自分の人生での大切なもののなさではないかと思うのです。母誠子も清一を愛せば何か得られると思ったようですが、結局家族からの解放を望み、罪を彼になすりつけて自分はやっていないと言い出した。どうやって、まひものこったであろうシゲちゃんが静一のところまでたどり着いたかはわかりませんが、誠子の思い通りになりすぎていてなんだか恐ろしいです、、作者はどんな結末にしたいんでしょうか。そして、母に依存するしかしてこなかった静一はどうなるんでしょうか、、怖すぎますね。

30代女性

友人がこの漫画を読んだことがあると言っていたのを思い出し、読んでみようと思い読破しました。絵のタッチや、セリフの少なさ、他の漫画とは雰囲気が違うなと感じながらも、特に何も起こらない日常をただただ見ているようでした。平坦で、場合によっては平和に感じる日常の中に、なんとなく怖さを感じるその感覚が、妙に癖になる印象です。狂ったような異常な登場人物がいるわけでもなく、そして何も起きていないのに、なぜか恐怖を感じる漫画です。読み進めてもなかなか恐ろしいことは起きないのに、どうにも破綻の予感がして仕方がなく感じてしまいます。ドラマやアニメでは表現できないような雰囲気があります。「不穏」という言葉がぴったりのように思います。どこにでもいそうな親子で、とても良い母親に感じますが、いわゆる毒親に部類する人物ですね。はっきり言って異常だと感じます。息子へ異常なまでな執着・支配は、一見恐ろしさを感じますが、母親視点で考えると、実際になくもないような話に思えて不思議です。正直、父親にもっとしっかりしてほしいと感じてしまいました。読んでいて気分が重くなりがちな内容なので、序盤でしんどいなと感じると最後まで読み進めるのは辛いかもしれません…。色々と考えさせられる漫画です。

血の轍を1番安く読むならebookjapan


 
血の轍の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「血の轍」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
血の轍を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます