食糧人類(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「食糧人類」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「食糧人類」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

食糧人類全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「食糧人類」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「食糧人類」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

食糧人類全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

食糧人類の概要

作品名 食糧人類
作者 蔵石ユウ、イナベカズ、水谷健吾
出版者 講談社
連載誌 eヤングマガジン
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/379294/A001676874/

あらすじ

人類生存を賭けた“食物連鎖”パニック!
 
ある日、高校生の伊江とカズの2人は、学校からバスで帰宅する途中、車中に催眠ガスを撒かれ拉致されてしまう。目が覚めると、そこは人が敷き詰められたトラックの上。辺りには冷凍された裸の人間たちが並び、生きた人間たちによって解体されていた…。ここは一体どこなのか? この地獄から、脱出する術はあるのか? 『アポカリプスの砦』のコンビが挑む、人類生存を賭けた“食物連鎖”パニック!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/379294/A001676874/

感想

30代女性

食糧人類の感想を一言で言うならとにかくグロいです。好き嫌いはハッキリと分かれると思います。ただ、グロいだけで内容は浅いのかなと思いつつ読み進めていくと意外にも深く、登場人物の一人一人にきちんと過去や現在の物語があります。登場人物の過去のストーリーには泣いてしまう話も多くて感動もある漫画だと思います。世界観が凄くて、途中、絶望感がありますが終わってみたら人間性を考えさせられる良い話だなぁと私は思いました。正直グダグダするようなストーリー性かなとも思いましたが、思ってたよりも最後は綺麗に終わったので好評価でした。私としては主人公の人柄が好きでした。特別になにか持ち合わせてるわけでもないのですが、なんだか生きていてほしいと思わせるような、とても優しい心を持っている少年だなぁと感じました。主人公の仲間がとにかく濃くて「えーなにそれ」って思わず口に出してしまうような人物ばかりで主人公が薄く感じてしまったのかもしれないですが、それはそれでありでした。個人的にグロいのと深いのが大好きなので、食糧人類のように涙もありグロもあり、さくさくと読み進められるようなこんな作品があればまた読みたいなと思います。
他の感想はこちら

20代男性

人間が巨大生物の食糧とされている世界を舞台としています。その世界では巨大生物に従い、人間を食糧として提供することで生き延びる人間と、なんとか現状を打破しようと巨大生物に立ち向かう人間がいました。どちらの人間もなんとか生き延びようとする姿勢は同じなのですが、その方法がそれぞれ違っています。現実世界で例えると、新型コロナウイルスの収束を目指して日本全体で動いてはいるのですが、政府・自治体・国民では対策の考え方が違うなどのもどかしさに似ていると感じました。また人間は当たり前のように牛・豚・鶏などを基本とした肉類、魚などの海鮮類、野菜や果物を育てて、食らっています。動物や植物からしたら、人間が恐ろしく映っているのかもしれません。たまたま人間の知能が発達しただけで、いただく側になっていますが、少しでも何かが違えば別の動植物が支配する世界になっていたかもしれませんので、こうして普通に生きていけるだけでも感謝だと感じました。支配や食糧問題など、現実世界の問題とリンクしたマンガになっています。最初は手も足も出なかった人間側が、巨大生物の弱点を研究して、対抗策を練っていく諦めない姿勢はがんばれ人類と応援してしまう作品です!

30代男性

広告バナーで非常に多くみて興味をもって、レンタル店で借りてよみました。まず惹かれるのは非常に怖さを伴った世界観。少しのネタバレになりますが(ただ広告バナーの内容ですが)通学のためにバスに乗っていた主人公が気が付いたら丸々太った人間が回りにいて謎の化け物が現れたり。同じ人間に凍らされて平気な顔をしてマグロの解体のように体を分けられていく人々。主人公とともに何故という思いを抱きながら読み進め、次の話次の話を期待しながら読み進めました。SFなのにホラーの面もあり、化け物から逃げる・化け物が突然人間を介して言葉を喋る、化け物に引き裂かれたりする人間など絵の描写が細かいこともあり断面や人間の皮の描写がグロテスクなのも拍車をかけています。絵の迫力があります。マイナス面はキャラクターの魅力に欠けるという点でしょうか。主人公はなぜ起きた時目の前のチューブの液体を飲まなかったのかや途中で出てくるサイコパス科学者はなぜこの場にいたのか、主人公の親友はいつまでも足手まといで非常に見る人によってはストレスを感じると思う。またグロテスクに耐性がない人にはつらいのもあるので人におススメしずらいのもマイナス面です。

50代男性

いつものように食する平和な時代ですが、加工が施されているとは考えてはいません。いただきますの意味は、命をいただくことから根付いてしまいました。人間が拉致されて食糧にされてしまう時、人間界は絶滅の危機になります。人間が美味しいとはとても思わないので、手を加えることで美味になります。謎の施設に送り込まれた人間たちは、薬液により肥満化しています。天井から降りている管には、甘い液体が入っていますが、それを飲まないといけない状況になっています。高校生の伊江とカズは捕まり、カズが液体の虜になっています。勧めてくるカズですが、阻止するナツネが現れて危機を脱出します。まだ正常な状態のナツネは、飲んでいない伊江と脱出を考えています。人間が滅亡してしまうのか、巨大生物が世界を乗っ取ってしまうのか?人間界が大ピンチです。食糧は生きるために欠かせないものです。食糧難になる時代に突入するとき、人間はどんな行動を起こすのか謎ですが、決して良いものではない気がします。当たり前のことができないなると、その時自分は幸せだったことに気づきます。猛暑、寒波、度重なる災害、食糧難で命を落とす日が来ても誰も恨むことができません。

30代女性

ネット広告を見て読み始めましたが、一番の感想は読み始めと最新刊のイメージが全く違う、予想外の展開でした。ホラー漫画が大好きで、人類が食糧になるというところまでは予想して読んでいたのですが、その相手が人間ではなく大きな虫のような化け物で思っていたよりもグロさもありました。また、追い詰められた人間や狂った人間が行う凶行シーンもたくさんあって、人の黒い部分もしっかり感じられました、その一方で、最悪な事態の中、なんとか困難を乗り越えようとする強い人の気持ちや、化け物との闘いを通じて出会った仲間や人類を守るために自分が犠牲になる仲間愛を描いているシーンもあり、ただのホラー一辺倒の漫画ではなく、ホラーの中にもアクションがあり、友情があり、母親×息子、父親×息子の親子愛もありとたくさんの要素が詰まった漫画です。要素は多いのですが、複雑に感じることなく読み進めることが出来、伏線もきちんと回収されていくため、よくある「あれ?これっておかしくない?」、「あのシーンの意味深な言葉の意味は結局…?」というような違和感を感じることもありませんでした。個人的に絵柄もとても好きでリアルさを掻き立ててくれるので、とても良かったです。

20代男性

人間が何者かの食糧として飼育されているというかなり猟奇的な世界観が特徴的で、出てくるキャラクターや施設のデザインがいちいちグロテスクでした。ページをめくるごとにとんでもない絵面が目にはいってくるので、インパクトはかなりあります。訳の分からない状況であってもそれを説明してくれる台詞は少なく、読者側が推測しながら読んでいくような感じでした。このマンガを読んでいると、私たちが実際に食べている鶏肉や牛肉などもこんな感じで管理されているんだろうなと思いますし、人間の残虐性に気づかされます。これまで人類がやってきたことをそのままやり返されているような、そんな内容ではないかと思いました。最初はただグロテスクなだけだと思っていたのに、物語が進展していくにつれて結構メッセージ性のある作品であることにだんだん気がつけます。あとこの漫画の特徴としては、虫をモチーフにした気持ち悪いクリーチャーがたくさん出てきます。なのでモンスターが出てくるようなマンガが好きな人はハマるかもしれません。設定はかなり非現実的なものの、絵が綺麗で細かいところまでしっかり描かれているので、不思議とリアルな感じがします。なので、自分が本当にこの世界に入り込んだかのような没入感を得られました。

食糧人類を1番安く読むならebookjapan


 
食糧人類の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「食糧人類」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
食糧人類を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます