彼岸島(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「彼岸島」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「彼岸島」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

彼岸島全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「彼岸島」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「彼岸島」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

彼岸島全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

彼岸島の概要

作品名 彼岸島
作者 松本光司
出版者 講談社
連載誌 ヤングマガジン
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/266566/A000347090/

あらすじ

その男の名は、宮本明
 
【『彼岸島』シリーズ第3弾】彼岸島で繰り広げられた吸血鬼との戦いに敗れた人間軍。雅の計画を阻止できず、日本は吸血鬼の国となってしまった。それから半年後、廃墟と化した日本で一人、吸血鬼と戦う隻腕の男がいた! その男の名は、宮本明。彼岸島で地獄を味わった戦士。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/266566/A000347090/

感想

20代女性

これまでに体験したことのないような戦慄の吸血鬼サバイバルホラーストーリーとなっていて、とにかく怖くて痺れるシーンが多くありました。踏み入れてしまえば二度と戻ることができないという吸血鬼が潜む孤島を舞台にしている点でも、かなりユニークで面白さを感じました。そしてまた、吸血鬼と彼岸島との関わりがどのような背景をもって存在するのかが明かされていくのが非常におもしろかったです。サバイバル的な観点からハラハラドキドキさせられることはもちろんのこと、時に師匠が鬼になってしまったり、ストーリーが切ない方向へいくこともあったため、涙なしでは読んでいられない部分もありました。そういったことから、ただただ怖いだけのホラーではなく、深く考えさせられたり、仲間同士の友情に心を温められたり、様々要素が詰まっていて贅沢だなと感じます。いろいろな登場人物が出てきますが、どれも毎回個性的で読んでいて飽きを覚えさせない作者の才能が滲み出ているなと感心しました。一度読み始めてしまえば一気読みしないと次の展開が気になって仕方がなくなってしまう、そんな魅力あふれた作品です。作画についても文句なしなので、漫画好き全ての人におすすめしたいです。
他の感想はこちら

10代男性

ストーリーが濃く面白いというわけではないですが、先が気になったり、引き込まれるところが多くありました。明が強すぎるなと思いましたグロい場面が多く出てくるのでグロが苦手な方には向いていないかもしれません。明の心境に少し気に食わないところがありました。自分の仲間しか心配せず、その他の人が殺されても動じないのです。しかも明の仲間達は応援ばかりで、肝心な戦いに参戦しないのです。これにはとても驚きました。この漫画は、人が多く死にます。無実の人間が次々と残虐に殺されていくのがみてられないほどでした。終始ドキッとする場面が多くあり、少し怖かったです。いつまでその仲間とつるむのかや、警察と警官の銃と弾など不思議な場面もありました。最初はこれはホラー漫画なのかと思っていましたが、だんだん読み進めるにつれ、ギャグ漫画なのではないのかと思うようになりました。怖いところもありますが、それ以上に面白い場面もたくさんあるのでまだ読んだことがない人にはおすすめの一環です。本土での戦いになってからは、エロとグロで話を無理やり伸ばしているように思いました。兄貴がいた頃の話が個人的に一番好きです。最後まで読みましたが期待以上とはならず残念です。

30代女性

彼岸島は人間対吸血鬼というファンタジーな設定ですが、吸血鬼は元々人間でありウイルスによって変わってしまったという、まるでゾンビ作品のようなサスペンスホラー漫画です。最初はどこにでもいるような青年だった主人公・宮本明が、青山冷という謎の女性と出会うことで事態が一変するストーリー展開が、スピード感もあり一気にストーリーに引き込まれます。いきなり生きるか死ぬかという極端なできごとや、思わぬ場所で行方医不明になっていた兄・篤との再会など、謎もたくさんあるのでそれが少しずつ解き明かされていくのを見る楽しさもあります。吸血鬼たちは人間とはかけ離れたパワーを持っており、戦闘シーンも注目のひとつです。明やその仲間たち(同級生)が事態を把握し、徐々に戦闘スキルが上がっていくのですが、吸血鬼たちに対して木の丸太を持って対抗するなど原始的な部分もあり、人間側には魔法のような特別な力は無いことを証明するといった、現実味もしっかりとあります。基本的にはサスペンスホラー要素が強いですが、よく見ると笑いの要素もあり作者の遊び心が見えるような気がします。最終回はまさかの展開で終わりますが、続編へとつながるためと考えると自然な流れに思えます。

40代女性

吸血鬼ホラーサバイバルなのですが表現の仕方がコミカルで笑ってしまう場面も多く、ついつい新刊が出るたびに手に取って読んでいます。邪鬼の種類が豊富で、新たに邪鬼が出てくると気持ち悪いと読者に感じさせる。コミックスの表紙になる邪鬼は特に迫力があってホラー感が強い。人間関係も面白く、邪鬼のトップである雅と主人公の兄、篤のやり取りが私は好きです。下っ端の吸血鬼が島の人間を捉え、血を吸うシーンはどのパターンも自分が人間側だったら回避したいと強く思うほどの仕組みなのに、面白さもあって笑ってしまいました。吸血鬼との戦いに欠かせない丸太が印象的で現実で丸太を見かけると彼岸島を思い出すくらいには活躍しています。元々は、どちらかといえば非力だった主人公も回を追うごとに逞しくなり丸太を自在に振り回すようになって人間の可能性は無限大だなと思いました。最初の方では下っ端の吸血鬼に怯えていた主人公達ですが、彼岸島最後の47日間に突入する頃には中ボスレベルの邪鬼以下は通り過ぎ様に倒すようになっています。本土(日本)に戻ってきた主人公は雅を倒すために情報を求め色んなところに行くのですが雅のところに辿り着くまでが長かったです。結局、刺されると吸血鬼になってしまう蚊をまき散らされてしまい、どういう終わり方をするのかなと続きが気になっています。

20代男性

この漫画の面白いところは、島の中にいる怪物たちの実態がつかめず、何が起きているのか分からないまま人間たちが次々とやられていくスリリングなところです。怪物のデザインもグロテスクで、なかなか他のマンガでは見ることがないような独特な感じがあって良かったです。登場人物たちの行動やストーリー展開には結構つっこみどころがあって、明らかにネタとしてやっているところもあったりして笑えるところもあります。場合によっては怖いシーンと笑えるシーンが交互に来たりするので、読んでて感情が忙しいことになります。そしてこの漫画の良かったところとして、さっきまで仲良くしていた仲間たちが吸血鬼になってしまい、やむを得ず倒さなければいけないという悲惨な状況が描かれているということです。倒さなければ自分がやられるけれど、心の葛藤があってなかなか倒せない様子に注目してみてください。そして物語も後半になっていくにつれて彼岸島の謎だった部分が明らかになっていって、それに比例してスケールも大きくなっていく感じにワクワクしました。伏線をはっておいて回収しないところもありますが、またそれもご愛敬ということで十分に楽しめる内容となっています。

彼岸島を1番安く読むならebookjapan


 
彼岸島の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「彼岸島」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
彼岸島を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます