37.5の涙(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「37.5の涙」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「37.5の涙」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

37.5の涙全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「37.5の涙」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「37.5の涙」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

37.5の涙全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

37.5の涙の概要

作品名 37.5の涙
作者 椎名チカ
出版者 小学館
連載誌 Cheese!
ジャンル 少女マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/248654/A000281341/

あらすじ

最後には必ず笑顔になれると信じて
 
37.5℃。それは、保育園にこどもが保育園に行ける、体温のボーダーライン。こどもが熱を出した。保育園には預けられない。病気のこどもを置いて仕事には行けない。でも働かなくては生きていけない――。身動きの取れない親たちに手を差しのべる存在、「病児保育士」。病気のこどもを人に預けて仕事に行くのは果たして“親失格”なのか?愛情とは家族とは親とは――答えの出ない問題に、笑わない病児保育士・桃子が真っ正面から切り込む!最後には必ず笑顔になれると信じて。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/248654/A000281341/

感想

20代女性

漫画『37.5℃の涙』を読み始めたきっかけは医療漫画が大好きでタイトルに惹かれました。なぜ『37.5℃の涙』というタイトルなのかと思いました。そこから1巻から最新の22巻まで読みました。読め進めていくうちにタイトルの意味が分かりました。子供と保護者の悩み、病児保育を利用するまでの葛藤が入っているのだと考えています。小児の病気の勉強と育児の知識を得られるのではまりました。『37.5℃の涙』で病児保育士という職業を初めて知りました。37.5℃以上の熱があると幼・保育園、小学校に行けられません。発熱以外にインフルエンザなどの感染症でしばらく幼・保育園や小学校に行くこともできません。保護者が働いていると忙しくて仕事を休めません。会社に迷惑をかけるという理由で現代社会は仕事を休みづらい風潮があります。病児保育を利用することで体調不良の子供を預けられます。病児保育は保護者と子供の強い味方であると思います。病児保育の話だけではなく子供が病気になった時のホームケアについて詳しく書かれていて子供がいない私でもとても勉強になります。病児保育を利用する保護者さんの家庭事情もリアルに書かれていて色々な家庭があるのだと読んでいて思いました。病児のケアを扱う漫画は『37.5℃の涙』だけです。子供と関わる人も関わらない人にも一度読んでほしい漫画です。子供たちを取り巻く現実を知ることが出来る深い漫画ですのでおすすめします。
他の感想はこちら

50代男性

できないままでは済まされない過酷な状況です。子供が熱を出すのはしょうがないのですが判断基準が体温測定しかありません。37.5°がボーダーラインになりますが、親は気がかりでなりません。保育園に行ける体温が37.5°だなんて誰が決めたのだろうと思います。平熱が低い人なら37.5°でも高熱になります。子供は体温が高いのも特徴ですが、それは手足が短いので熱を保ちます。熱があると仕事に行けない辛さ、知り合いに子供をあずけて仕事に向かうのは親失格なのではと思ってしまいます。働かないと生活できないので、嫌でも行くしかありません。子供もずっと小さいわけではないので、ここを乗り切れば峠は越えられます。子育てと仕事の両立は難しいですが、やるしかありません。遅刻や早退、欠勤が多いと仕事を失ってしまいます。熱を出すのはウイルスと戦っているので体は正常に動いています。桃子は気が張り詰めているせいか、笑うことを失っています。気が張り詰めているのは自分が病気になったら終わりだからです。泣きたい気持ちがあっても泣けない辛さがあります。子供はあらゆる病気にかかりますが、免疫がつくので大人になってから強い体になります。子供に罪はないので当たらないことです。

30代女性

朝の検温で37.5℃以上あると保育園に子供を預けられない、つまり大人が仕事に行くことができない、職場に迷惑をかけてしまう上に収入も少なくなってしまう…な、まさに現代で子供を育てながら仕事をしているすべてのお父さんお母さんの困りごとが題材になった作品です。親が仕事に行っている間に、体調不良の子供の面倒を見る訪問型病児保育「リトルスノー」で働く主人公・杉崎桃子の奮闘記となっており、ストーリーは話の前半がギャグ多めで読みやすく、とっつきやすいですが、思いもつかないアクシデントで預かっている子に危機が迫ったり、受け持った子の容態が悪化する等のそれまでの空気を一変させる事件が起こって、一気にシリアスな展開になるというのが主な流れです。自分の子供ではない病気の子供の命を預かる病児保育士という仕事の責任の重さと、「お母さん・お父さんがいい!」と辛そうな表情で大泣きする子供を預けてでも仕事に行かなければならない親の気持ち、どちらにも感情移入してしまい、涙を流さずに読み終えた巻は1つもありませんでした。一筋縄ではいかない子供達との話がメインですが、少女漫画らしく、リトルスノーでの温かな職場内恋愛の様子も描かれたりと、ページの隅々まで見落とせない、1話1話が非常に濃い作品です。

40代女性

一つ目は、子どもを保育園に預けて仕事をしてる親にとって37.5度の熱というのはとても親にとっても子どもにとっても大変なことなんだと思いました。37.5度を境に預けられなくなるので病児保育の大切さがわかるマンガです。さらにここには男性保育士も働いています。保育士といえば女性のイメージが多いし実際働いている方も女性が多いので不思議なイメージでした。男性保育士に関してはいろいろ思うところもありましたが、このマンガを見ていると実際に子どもが好きでやっていらっしゃる方もいるんだろうなとかなり考えさせられました。男性、女性ではなく、一個人として見るのがいいのだろうなと思いました。二つ目は主人公の桃子が悲惨な生い立ちにも関わらず健気に生きているところです。一生懸命に子どもたちと関わっていく姿やどんな環境にいる子どもたちにも何がいいのか考えて真っ直ぐに取り込む姿は感動します。自分のことよりも、預かっている子どもたちのことを真剣に考えてあげるのです。そんな桃子の姿を見て問題のあった親たちも変わっていくのです。そんな桃子もシングルファーザーと結婚して一人の子持ちになって幸せを掴むことができて本当によかったと思いました。たくさんの子どもたちとの関わりがまだまだ楽しみな作品です。

30代女性

この作品は、お子さんがいる方やこれから出産される方には見てもらいたいと心から思う内容でした。各家庭の話で、必ず共通することや共感する所が出てくるので、涙なしでは読めない所もありました。子供が熱を出した。でも、仕事は休みづらい。でも、協力してくれる人はいない。状況やセリフにとてもリアル感があって、私自身にも思い当たる内容もあったり、経験したことが出ていたのでついつい目を逸らしたくなる気持ちでした。従業員との関係性も温かく、こんな仲間や上司がいたらいいのになぁ…と主人公が羨ましくもあります。主人公にもトラウマがあったり、利用者との距離感に悩んだり。それでもやっぱり、子供たちのためにどうにかしたい!と、悩む姿を見ていて私まで救われた気持ちになりました。体調を悪くした子供の話なので、熱性けいれんなど緊急時にはどうするべきなのかや、対処法なども出てくるので、知れるきっかけにもなりました。シングルファーザーとの恋愛なども、子供の葛藤なども丁寧に描かれているので、親の気持ちも間に挟まれてしまう子供の気持ちもよく伝わってきました。主人公の成長ストーリーと思っていましたが、子供をもつ親が読むとまた違った印象となると思います。

20代女性

子を持ったことがない自分にとって病児保育士という職業の方が存在すること自体、この漫画作品に出会うまで知りませんでした。37.5度というボーダーラインがあり、それによって親たちも悩まされる社会のもどかしさに、漫画を読んでいて様々なことを考えさせられました。毎回突っ走り気味な主人公・桃子でしたが、彼女が言うセリフに含まれるその意味ある言葉に、子供や親だけでなく同僚の心もほぐされていっていて、よかったです。もちろん現実的に深く考えてしまえば、ここまで話がうまくいくとは思わないのですが、それでもこの作品の登場人物が感じたり救われたりするのを見て読んで感じとることで、読者も前向きになれるような気がします。私自身将来子どもを持つことになれば、またこの作品を読み返すことで、感じ取れることも学ぶことも変わってくるのではないかとワクワクしています。そしてまた、作画について言えば、どのシーンも繊細で非常に丁寧に描かれていて素晴らしかったです。子どもたちの愛らしさの表現なども完璧で、作画が作り出すその世界観に魅了されまくりました。子を持つ親だけではなく、幅広い世代の多くの人に読んでみてほしいおすすめ作品です。

37.5の涙を1番安く読むならebookjapan


 
37.5の涙の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「37.5の涙」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
37.5の涙を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます