ブルーピリオド(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「ブルーピリオド」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「ブルーピリオド」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ブルーピリオド全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「ブルーピリオド」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「ブルーピリオド」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ブルーピリオド全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

ブルーピリオドの概要

作品名 ブルーピリオド
作者 山口つばさ
出版社 講談社
掲載誌 アフタヌーン
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/432383/A001811871/

あらすじ

青春を燃やすスポ根受験物語
 
成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/432383/A001811871/

感想

30代女性

ブルーピリオドは、好きすぎて人に勧められないくらい好きなマンガです。私自身美大を卒業しているのですが、私が通っていた美大は東京藝大などというレベルの高いところでは全くなく、もちろん頑張って受験しましたが、主人公、八虎の受験への向き合い方を見るとその努力と真剣さに涙が出るくらい胸を打たれます。藝大受験までのところも、ただ受験に向かって頑張る、という話でも充分面白いのに、同級生のユカちゃんの個人的な問題に付き合って試験直前に海に一緒にいってセルフヌードを描くなんて、ギリギリリアルでも起こりそうなドラマチックさが非常に良いです。藝大に入ってからも、「これ絵画でやる必要ある?」という教授の言葉に八虎が悩みまくるのですが、実際の美大でも、「これ、この技法でやる必要ある?」というのは講評の時などにすごく聞かれるのです。自分が作ったものにそういう言葉を投げかけられるのは真剣にやっているほど苦しいことで、美術を始めてから間もない八虎がそこの壁にぶつかるのもよく分かるのですが、彼は彼なりに一つ一つ考えて、人と関わりながら自分なりの答えを見つけていっていて、その姿がすごく良く、私も学生時代にこのマンガに出会っていたら冗談抜きで人生変わっていたんじゃないかと思うくらいすごい作品だと思っています。
他の感想はこちら

30代女性

絵を描かない、美術に心を寄せたことのない私でもどっぷりその世界観にハマった「美術漫画」でした。主人公の八虎君は見た目ヤンキーですが、実は人の目をめちゃめちゃ気にする繊細ボーイ。求められる言葉や行動を読めてしまい、自分の本当の声がどこにあるのかわからないまま毎日を過ごしていた中、出会ったのは美術という芸術言語。友達が絵の感想を述べたことと自分の伝えたいことが一致し、「初めて人と会話できた気がする」と涙した姿はあまりに繊細で、こちらまで目頭が熱くなりました。自分に自信がない八虎君はただひたすらに枚数を書き続けめきめきと実力を伸ばすも、これだけ書けば誰だって上手くなれると自分を認めません。努力できることは才能の一つだと言われても怒ってしまうほどに自己肯定感が低い様は、親になったような気持ちで「もっと自信もてよ!君はすごいんだよ!」と大きな声で肩をガクガク言わしたくなります。また、八虎君の周りを囲む友達や先生方も個性的で、何気なくも大事な一言を残して八虎君を導きます。作者が美大出身というのも納得のリアルな描写と葛藤、そして美術作品を見ているようなコマがまた個性的でとても良いです。絵を描く人も描かない人もきっと心を揺さぶられる、素敵な漫画に出会えました。

50代女性

勉強はできるけれど絵にはまったく興味のなかった男子高校生が、美大を目指す話です。デッサンって何? そんなものがどうして必要なの? 鉛筆の削り方、これ、ネタですか?本当に素人だったのだけれど、高校の美術部の先輩の描いた絵に惹かれ、いつもは「休み時間」的にこなしていた美術の授業で、本気になって課題に取り組みます。描きたい素材があったのも一因。美術部の顧問が説明上手。ただなんとなく大学進学を考えていた主人公、描くことの高揚感に惹かれ、本気で「藝大」を目指しはじめます。どうせなら、一番の学校じゃなくちゃね。絵をはじめたばかりの高校生が、藝大に入れるのか、それも油絵。もっと長期的に目指し続けていた生徒たちが通う学校じゃないのだろうか。思いながら読みはじめましたが、芸術って完成一発なところもあるんですよね。凡人が判断するところではなく、もっと見る目がある人がひっぱりあげていく。藝大を目指す話をいくつか読みましたが、ブルーピリオドは絵はどう描くか、課題はどうとらえるか、真剣にかなり細かく解説されています。作者、山口つばさが都立芸術高校出身、藝大卒、新宿美術学院にも通っていた完全に中の人。実際の空気が肌に感じられます。階段の苦行や荷物の多さ、絵の構図の話、解釈の仕方、課題のとらえ方。芸大や美術を目指している人もマンガを描いている人も一度は目を通してほしい内容です。中学、高校の頃に出会っていたら、きっと私も藝大を目指していた。(目指すだけなら誰でもできる)高校時代に戻ったようにわっくわくしながら読みました。本当に藝大を目指す才能のある人は、こういうのは読まずに好きに描いて受かってしまうのだろうけれど。さて主人公、大学生になってから、出会った絵画教室の生徒に聞かれます。「ピカソってどうして偉いの?、俺でも描けそーじゃん」小学生の質問に答えられない主人公。大学は目標達成ではないのです。まだまだ学びつづけます。学生も教授も多種多様、みんな違う観点でモノを見て意見を交換していきます。みんな違ってそれでいい。そういう価値感にあふれていて、ワクワクしながら読める本です。

20代女性

東京芸術大学を目指す主人公と、それを取り巻く人たちの成長物語です。芸術系の大学の入試対策や塾などについて全く無知であったため、「そうなっているんだ」と素直に驚きました。私の従兄弟も芸術系の大学に通っていたので、このような入試対策をしていたのかとびっくりしました。また、芸術作品の鑑賞についてや、アーティストが何を考えてその作品を作ったかなどの考え方も綿密に描き込まれており、読んでいてアートに興味が湧く作品です。実際にこの作品を読んで、美術館や美術展に行ってしまいました。芸術だけでなく、主人公やその周りの人物の成長も見所です。主人公視点で物語は進んでいきますが、周りの重要人物についても、その人が好むアートや考え方が作品に出ていて、芸術はこうやって作り出されるんだなぁと感慨深くなります。また、後半に出ている巻は大学編となっており、実際の芸大生の大学生活の様子や、授業内容が出てきてとても面白いです。コロナ禍でリモート開催になってしまっていますが、芸大祭にも行ってみたくなりました。青春物語としても、成長物語としても面白いですし、芸術作品についての知識がつき、アートを見るのが楽しくなると思うのでおすすめの漫画です。

30代女性

主人公・矢口八虎。高2、夜な夜な友達と遊び歩く成績優秀、いわゆる要領の良い子。今の自分の存在に違和感をもつ思春期。美術の授業で描いた絵が切っ掛けで絵画にハマり掛ける。芸大受験とか考えるが、家は裕福とは言えないし、美術、音楽、文学を勉強しようと思うものが初期にぶち当たる「好きな事は趣味で良い」「これで食えるワケじゃないし」。が、美術教師の「好きな事をする努力家は最強」っと言うパワーワードで美術部入っちゃうし、受験もマジに考える。結構単純だな。あ~、自分は最強と言える程に努力はしてなかったなぁ。人間関係も勉強も器用にこなしてしまうものの、好きなものを公言するのを怖がっている高校生が主人公。学科の違いや日本一受験倍率が高いことまた道具の使い方など、美大受験にまつわるアレコレが描かれています。芸術を扱った漫画だと、うまい芸術作品をどう漫画で表現するかが難しいところだと思うのですが、これは実際に絵を修正して比較させるなど無茶苦茶手間かかってる印象です。家族の間で問題が発生するかハラハラしてましたが、基本的に読みやすい雰囲気でよかったです。好きなことを仕事にするか、趣味でいい…のは、きっと人それぞれ。でも大学って、自分の“好き”をとことん学べる場だもんね。そういう意味では、高校のうちに好きに気付いた主人公はラッキーだな。このコロナ禍で、様々な体験をする機会が失われている。自分の好きは体験してみなくちゃわからないもんね。平時に戻ったら、我が子にも色々体験させてあげたいな〜。

20代女性

YOASOBIの群青という曲で知った漫画 ブルーピリオド。
ヤンキーくんが美術に目覚めて見事芸大に合格する話だろうと思っていた。が、しかし。読んでみると1巻から直ぐに最新刊へ。まず一言でいうなら熱い!もはや漫画ではなくて名言集。毎回名言が飛び出てきて、胸が熱くなる。あぁ、私の受験期に出会いたかったなと思わせる漫画。背中を押してくれる漫画。毎回名言は写真にとってコレクションするほど。きついし、辛いし不安になる。受験期は誰でもそうであろう。しかし主人公八虎は強い。人付き合いも、勉強もすべてが完璧。だけどこういう人あるあるじゃない?って思うのが心を動かされた物がない。ただ要領よくやってこなしているだけ。手応えがない。実際八虎も何も無い状態で先輩美術部員の絵に圧倒され美術の道へ。でもこういう人って何か見つけたらたしかに強いよね〜。1巻で美術の先生の好きなものを持っていない人は頑張れない人。というワード。ぐっとくる。たしかに好きな物を仕事に出来るほどこの世は甘くない。だが自分が心の底から楽しめるものでないと人はやりがいを感じない。または楽しみ方を見つけられなければつづけることはできない。だから八虎が美術というものにであえた事がただただ嬉しい。芸大に入る前に様々な個性豊かな人に出会う。いや、もちろん芸大にも奇抜なキャラクターは登場するのだが。笑その中で色々と考え、PDCAサイクルを上手く回して自分と向き合おうとする八虎がかっこよくてしかたない。

ブルーピリオドを1番安く読むならebookjapan


 
ブルーピリオドの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「ブルーピリオド」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
ブルーピリオドを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます