ダンジョン飯(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「ダンジョン飯」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「ダンジョン飯」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ダンジョン飯全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「ダンジョン飯」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「ダンジョン飯」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ダンジョン飯全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

ダンジョン飯の概要

作品名 ダンジョン飯
作者 九井諒子
出版社 KADOKAWA
掲載誌 HARTA COMIX
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/278747/A000441350/

あらすじ

ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!!
 
九井諒子、初の長編連載。待望の電子化!ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/278747/A000441350/

感想

20代女性

友人がお勧めしてくれたのでなんとなくの気持ちで読んでみることにしましたが、読み始めると止まらなくなるくらい面白いストーリーになっていて驚きました。タイトルにあるように、ダンジョンに潜っていってモンスターを倒し、そのモンスターをご飯として召し上がってしまうという強烈な内容でした。自分では到底思いもつかないような豊かすぎる発想と、ユニークなアイデアに加えてしっかりと緻密な設定を立てていて説得力のあるストーリーに惹かれました。また、作画も魅力的な線で描いていて、画を眺めているだけでもウキウキさせられました。色々印象的なストーリーはたくさんありましたが、なかでも特に第4話のオムレツが最高に気に入っています。マンドレイクのオムレツを人参に帰れば絶品だろうなと想像してみると、それだけで楽しい気持ちにさせられました。実際はマンドレイクは実在する植物だそうですが、毒があって人間は食べられないようです。そんな恐ろしいものを漫画の世界で面白く遠慮気味に描いているのもこの作品の醍醐味の一つで、これもまた心を掴まれるきっかけになりました。第10話以降からは核心をついていくような展開が始まり、どんどん飯に重点が置かれていくのでテンポもよくなっていき、またどっぷりこの独特な世界観に浸ることができて面白いです。
他の感想はこちら

40代男性

ダンジョンという特殊な中での食事のための行動はとても見ていて楽しくなります。私自身過去にTRPGを行っていたこともあり、干し肉じゃなくて現地のモンスターを食べたり、食べずに利用したり、トラップから部品を抜き取ったりするのはなるほどと納得できるところが多々あります。途中からはいるドワーフが物語ではなく、料理を深くしているのはそうそうできる発想ではありません。そんな中でも妹さんを生き返らせるという目的を未だ忘れていないというのは流石です。作品によっては最初の目的なんて全くなるなることもありますから。ダンジョンの目的とエルフ達の行動と、主人公の行動を比較してみると、現状は何が正しいのか今一分からないのですが、11巻でハーフエルフのマルシルがダンジョンの主人になったことで、ダンジョンの様子がなんかファンシーもどきに変わったのはなんとも言えないです。主人を新しく得たダンジョンで目的を果たそうと頑張っている主人公たちですが、おまけ漫画をみると本質変わってないなという安心感があります。他にもモンスターの生態に関して理由付けや説明が楽しくこういう設定も好きなので、そういう話をしているおまえけ漫画の時もかなり楽しませてもらっています。

30代男性

最初は全く期待せずにダンジョン飯を読み始めました。いわゆるちょっと変わったグルメ物という位置付けのマンガだと思い込み単なる暇潰しとして手に取ったのですが、とにかく面白い。ドラゴンに食べられた妹ファリンを助ける為に「魔物を狩って食料とする」単純なテーマなのですが、とにかく世界の作り込みが異常に深い。例えば主人公ライオスが冒険を共にするパーティーは、人間(トールマン)、ハーフフット、エルフ、ドワーフという異なる種族なのですが、それぞれに文化、身体的特徴、宗教、歴史といった様々なバックグラウンドを持っています。またこのマンガの世界である大陸、迷宮に対してもその歴史設定がきちんと作り込まれており、それが作中の様々な所で顔を出します。その設定が深いゆえに、現実世界にはいない魔物達が本当に生息しているように、そして味の想像まで読者にリアルに届けてくれるのだと思います。最初はほのぼとした一風変わったグルメ紀行のように見えていたストーリーも、物語中盤のファリンを助けにレッドドラゴンと対峙する辺りからグッとシリアスになります。この世界にはまった人にはガイドブック「冒険者バイブル」もオススメ。モブキャラやかませ犬モンスター達にも細かく緻密な設定がされているのがわかります。本当に深みのある作品だと思います。

40代男性

ダンジョンを探索する冒険者たちの最大の問題点ともいえる食糧問題について、これを画期的かつ非常に論理的に説明している作品です。料理のメインになる食材はほぼモンスターなので当然この世界では再現することができないのですが、現実世界の調理技法に合わせて巧みに調理してくれるので、ちゃんと料理としてまとまったものが出てきます。人間に対しても、魔法でけがはもちろん蘇生まで簡単に可能なので、死に対する感覚はかなり異なっているようです。そのためか、人間キャラクターの死因までも料理風に解説することがあるのはご愛敬です。なんとも料理の話が多いですが、作品のメインはモンスターに殺された妹を蘇生するために決死の覚悟でダンジョンに挑む兄と仲間たちのお話です。登場人物が増え、探索が進むほどに新たな謎がでてきたり、それぞれの思惑も絡み合ってきています。。特に翼獅子がライオスに非常に興味を持っていて、シスルを退け、彼を新たなダンジョンの主するために計画しているようですが、ライオスの何を目的にしているのか非常に気になるところです。いよいよ佳境に入ってきたと思われる作品ですが、どのような結末を迎えるのか非常に期待しています。

20代女性

KADOKAWA/ハルタコミックスで連載中の一風変わったグルメ漫画「ダンジョン飯」作者は九井諒子さん。誰もが一度は、耳にしたことがあるロールプレイングゲームの「ダンジョン」。ダンジョンには、創造するファンタジーな生き物が出てきますね。スライム、ゴーレム、オーク、ミミック、ドラゴンなど。そのダンジョンの中にいる生き物を採って捕まえて調理するというサバイバル・グルメ漫画です。この漫画、恐ろしいことに一見食べられそうに見えないモンスターが、あら不思議と調理していき、美味しそうに見えることです。ファンタジー定番のモンスターの生態を改めて理論的に考察し、それに基づいて「いかに調理できれば美味しく食べられるか」を主眼に置いております。作中で作られた料理は、レシピが記載され、ファンタジーでありながらリアルで説得力があります。登場人物は、人間のライオス、ハーフエルフのマルシル、ハーフフットのチルチャック。もともと、ライオス一行の冒険者パーティは、6人でした。しかし、ダンジョン深層にてレッドドラゴンに挑むものの空腹がきっかけでパーティは壊滅状態になってしまう。ライオスの妹ファリンがドラゴンに食われながらも脱出魔法を使ったことでパーティ全員地上へ逃れられることができた。ファリンの肉体がドラゴンに消化される前に救い出して、魔法で蘇生させるためすぐにファリンの救出に向かうところから物語が始まります。しかし、脱出魔法の副作用で身に着けていた装備以外の荷物を失ったため金銭的に余裕がなく、剣士のシュローとドワーフのナマリが離脱。パーティは解散。単身でダンジョンへ挑むライオスにマルシルとチルチャックが協力する。装備も不十分、食料もない状態でダンジョンへ挑むライオス一行、空腹が襲いダンジョンに生息する魔物を食べようとするライオス達を見かねてパーティに加わるドワーフのセンシ。センシの食事面でのサポートがライオス一行を助けになる。センシもライオス達と同じレッドドラゴンの調理を目的として共に行動する。センシなくては、ダンジョン深層攻略、レッドドラゴンへ立ち向かうこともできないです。ゲームの中では想像もしなかったであろう斜め上の「食」への探求が詰まった作品となります。

50代男性

ファンタジーな世界かと思ったら、考えることは食事のことばかりです。それは生きるためでもあり死に直結する意味があります。いただきますと言うセリフは、命を頂きますの意味があります。人間が生きるために動物が犠牲になるからです。人間の食文化は凄まじいものであり雑食に近いものです。なぜいろいろなものに手を出してしまうのかといつも疑問に思います。ゲテ物料理や食欲が落ちてしまう見た目も生きるためです。水はもちろん必要ですが、いろいろなものを鍋料理にしてしまう人達です。人間が絶滅せずに、これまで生き延びてこれたのは臭いものが要因だと言われています。美味しいものだけ食べたい気持ちもありますが、そうはいかないのが人間の本音です。毎日同じメニューだと飽きてしまうので、違ったものを口に入れたくなります。美味しいものは肉ですが、焼くことで味がでます。鶏、豚、牛は定番ですが、ライオンなど、どんな味がするのだろうか気になります。ダンジョンは迷宮の世界なのですが食欲は同じことが分かります。リーダーのライオスは食料を維持するために危険な目に遭うこともあります。戦うことは生きるためであり、逃げることは生き残れることでもあります。

ダンジョン飯を1番安く読むならebookjapan


 
ダンジョン飯の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「ダンジョン飯」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
ダンジョン飯を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます