SPY×FAMILY(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「SPY×FAMILY」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「SPY×FAMILY」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

SPY×FAMILY全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「SPY×FAMILY」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「SPY×FAMILY」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

SPY×FAMILY全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

SPY×FAMILYの概要

作品名 SPY×FAMILY
作者 遠藤達哉
出版社 集英社
掲載誌 少年ジャンプ+
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/549186/A002197894/

あらすじ

痛快ホームコメディ!!
 
名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/549186/A002197894/

感想

30代女性

登場人物みんなに、人に知られてはいけない裏の顔があり、それを隠しながら疑似家族として暮らしていくフォージャー家の生活がとても面白いです。父はとても思慮深く、スパイとして何手も先を読むような人なのに、娘には思考を読まれて全部バレている。娘はそれをワクワクしながら楽しんでいるというのも子供らしくてかわいいです。母は凄腕の殺し屋なのに天然キャラ。それぞれ個性的なキャラクターで、かつコミカルに描かれているので読んでいてとても楽しめます。全員が自分の利害のために疑似家族を形成しているという状況が結構ドキドキする設定であるのに、それを感じさせないコメディー漫画で面白いと思います。またみんながだんだん本物の家族のように仲良くなっていくのを微笑ましく思いながら読んでいます。いつか偽物の家族ではなく、本当に家族として幸せになれればいいとついつい願ってしまうような、魅力的なキャラクターが描かれていると思います。かなり物騒な内容だったり、人が死ぬシーンもあるのに物語に暗さを感じさせないし、通常のバトル漫画みたいでもなく、ギャグコメディーだけでもない表現が絶妙でとても好きになりました。父のスパイとしての任務は達成できるのか、続きを今後も楽しみにしています。
他の感想はこちら

20代男性

この作品の面白いところは、やはりちょっとカオスでシュールなコメディが主だけれど、どこか暖かくて切ない話という部分だとおといます。凄腕スパイがターゲットを暗殺するために、かりそめの家族を演じるのが主軸ですが、その家族の妻は殺し屋で娘は超能力者、ペットは未来予知犬と、なかなかのカオスな設定なのです。勿論、スパイが主人公の作品なので、迫力のあるアクションシーンや、ミッションをこなすスマートさもとても熱くなれます。ですが、そんなかりそめの家族であっても、娘を見捨てない優しい絆であったり、妻を守りたいという愛に似た物であったり、父を陰で救うための行動であったりと、どこか小さくて暖かい絆のようなものを感じました。それに合わせて、ミッションが終わればこの家族も終わってしまうのではないか、と思ってしまうと、すごく切なくなる。そんな沢山の感情を作ってくれる作品だと思っています。この作品の魅力は、感情揺さぶられるシチュエーションやストーリーだけではなく、娘の表情の豊かさであったり、キャラクター達のちょっと間抜けな思想であったりと、作画やキャラクター性にも大きな見所があります。そんな新感覚のコメディアクション作品を、是非とも色んな方に見ていただきたいです。

30代女性

個性豊かな登場人物と、コミカルながらときにシリアスな展開にワクワクが止まりませんでした!スパイや殺し屋という登場人物から、血生臭い展開が待っているのかと思う方もいるかもしれませんが、グロテスクな描写は無くソフトな表現をされているため、戦闘描写はあれども抵抗なく読むことができます。人物のタッチも柔らかくかつ躍動感があり、次々に話が進展していくため、話が気になってすぐページをめくってしまいます。気が付くと1巻から7巻まで40分で読破してしまいました。何回読み直したかは数えていませんが、繰り返し見たくなるほど読みやすい作品です。また、タイトルにFAMILYとあるように、「家族」がテーマとなっています。元々は全く違う人生を歩んできた者達が「家族」として集まり強い絆を紡いでいく様子に、私自身改めて家族とは何か、と考えさせられました。絶妙なすれ違い(勘違い)がありながらも共に生活し、お互いの良さを認識し合いながらそれぞれが成長していく様は、読んでいて目頭を熱くさせます。もともとは知り合いから勧められて出会った作品ですが、この作品に出合えたおかげで、家族のすばらしさについて再認識することができました。私もお勧めの作品です。

30代女性

一言で言うと、超優秀スパイ父×殺し屋母×心を読めるエスパーが、お互いの正体を隠して疑似家族として暮らす、まさしく「SPY×FAMILY」!この設定だけでも乗っけ盛りでワクワクします。なので、娘だけは全員の正体と思惑を知っていて、面白そうだからとそれぞれの思惑にのっとって動けるよう奔走するのですが、可哀想なことに娘ちゃんは頭がバカ!上手く行かずにうんうん困ったり、なぜか上手くいってしまって笑顔の花を咲かせたり、表情豊かな子供らしい姿が可愛くてたまりません。また、普段はどちらかというと貞淑そうな妻も、ひとたび依頼が入れば無慈悲な殺し屋に。結婚していた方が隠れ蓑になるからと契約結婚を受け入れるのですが、正体は隠していても超怪力は隠せない!あれよあれよとちょっとした蹴りで主人公である旦那を空高くぶっ飛ばしたり、テニスラケットを破壊したりするのがベタで面白いです。そして、最後にコードネーム‘黄昏’で、数々の裏ミッションで世界を救ってきた伝説のスパイが主人公。端正な顔立ちでスマートに仕事をこなしてきた姿を忘れそうになるぐらい、普通ではない妻と娘にあっちこっち右往左往。コミカルでわかりやすい絵柄も相まって、毎回肩肘張らずに超面白く読める名作です。

20代女性

まず設定が斬新で面白いです。父であるロイド。精神科医だが、実は黄昏のコードネームで働く凄腕のスパイで難しい任務も遂行し続けている。ここの時点でまず最強設定が面白いです。そして任務の一環で必要だった娘に選んだのは、超能力で相手の思考を読み取ることが出来るアーニャ。妻に選んだのは公務員で事務をしつつ、裏で殺し屋をしているヨル。これでもかと盛りまくった設定です。でも3人とも自分の設定を隠しながらも、互いを思い合う姿が感動します。特に好きなのは、入学試験の時の話です。何度も汚されても出てくる服に、つい「何着あんの!」と突っ込んでしまいました。面接でも、偽りの夫婦・家族でありながら、守るために啖呵を切るロイドがかっこいいです。ボンドが家族になる話も好きです。3人の絆を描きつつ、ボンドがアーニャを助けて、お互いに信頼していくところが胸アツです。ボンドのこれまでの過去を思うと悲しい気持ちになりますが、悲しい過去はアーニャも同じです。だからこそ、2人が幸せにもふもふしているのを見ると、泣けてきます。そして、実は好きなキャラのダミアンくん。ロイドがコンタクトを取ろうとしている人物の息子ですが、小学生男子みたいな不器用さと親との関係の切なさがギャップを感じで、推したくなります。

20代男性

まず、設定がかなり特殊で今までにない物語で面白いです。名前から想像するに、結構ゾクゾクするような話かと思いきや、かなりコメディで要所要所でお笑い要素も入れつつ、たまに家族愛(偽装結婚ですが)を感じさせる話になっていて面白いです。アーニャが人の心を読めながらも知能はかなり低く、おっちょこちょいで色々な問題を起こしてしまい、その問題一つひとつに家族総出でたちむかって壁を乗り越えていくのですが、腕利きの精神科医という建前で実際は敏腕諜報員として数々の案件を手掛けているロイドフォージャー、市役所勤めの事務職員という建前(実際に働いていて、周りから少し煙たがれている)ではあるが、実際は敏腕殺し屋を勤めているよるフォージャーがそれぞれ手掛けている問題、案件のためにお互いの利害関係が一致したので、アーニャと3人で偽装結婚をして家族として生活をしていきます。皆それぞれ裏の顔があるので、普通に日常生活を送るだけでもその探りあいから始まり、その傍らでしっかりと各々が本業を務めつつも時には一つの問題に対して家族全員で力を集めて解決していく。次第にヨルとロイドが実際に結婚しているかのように見えて、今後の発展にお期待しています。

30代男性

第一話から、最新まで見ております。普段からは、余りアニメは見ないのですが(これまで見たアニメは、ワンピースくらいかと)、こちらの作品は御始めると序盤からもの凄くアニメに入り込こむことができました。まず、設定が素晴らしく物凄くアンバランスな「ファミリー」ですが、非常に調和の取れた感じがします。美男美女のファミリーで、見ていても「良いファミリー」ということが伝わってきます。具体的には、個々の力は完全ではありませんが、お互い協力することで最大の力を発揮する様な助け合いが見られて面白いと感じます。また、アクションがあり非常に見応えとワクワク感があり、何度も感動して泣いてしまっている自分がおります。特に学園に行かれる時の話は、一番泣きました。ここまで、次回が見たくてウズウズすることはプリズンブレイク以降はなかったなと思っております。この「感動」というのがアニメや映画を見るときには必要と考えております。アクションの爽快感で、ストレスを発散して感動して涙を流すことで、さらにストレス発散と癒しを与えてくれるものと思います。コロナ禍で、少し疲れた社会となってしまいましたが、一人でもカップルでももちろん家族と見ても非常に楽しめる内容と思います。

20代女性

スパイファミリーとは、名前だけ聞くと、もともとスパイである両親と生まれた子供達のスパイファミリーかと思うのですが、そうではなく、主人公のスパイがミッションをクリアするために作った家族をスパイファミリーとしているところがこのお話の肝かなと思います。物語としては主人公率いるスパイファミリーが、さまざまなミッションに立ち向かっていくというお話になっていて、ワクワクドキドキしながらストーリーは進んでいきます。その中で繰り広げられる即席の家族がぎこちないながらも家族としての形を築こうとしていくその過程から、人として学ぶ物があるなと思いました。血のつながりはないものの、主人公のスパイである黄昏と孤児院からスパイファミリーに入った少女のアーニャの親子としての絆が少しずつ築かれていき、なんだか見ていてきゅんきゅんしてしまいます。最初はアーニャのことを作戦の一部としてそれなりの付き合いしかしようとしていなかった黄昏ですが、家族としての絆が育っていくごとに、作戦とは別に父親としてアーニャが喜ぶような催しに付き合ったりする場面はすごく胸が熱くなりました。家族というのは血のつながりだけでなく、いろんな形があって良いということを改めて教えてもらえた良い作品です。

20代女性

アーニャがとにかくかわいいです。孤児院から任務のために黄昏はアーニャを引き取りますが、次第に任務だけではなく、しっかりと親子になっていく様子がとても心温まります。ヨルが母親として、籍を入れてからは、可愛さが増します…。スパイとしてトップクラスの黄昏が2人に振り回されるのがとても微笑ましいです。アーニャの言動がとてもかわいく、言葉のチョイスが絶妙で思わず笑ってしまうシーンが多いです。学校の面接のシーンでは、3人がそれぞれを思い遣ってることが伝わり、アーニャが涙するシーンでは思わずつられて泣いてしまいそうになりました。受験会場で起こるハプニングを完璧にこなすシーンから、感情が先に動き部屋を退出した後の対比がすごくおもしろかったです。アーニャの敬語になっていない言葉遣いや、だんだんと遠慮のなくなっていく無邪気な子供らしさがなんともいえない可愛さです。スパイと殺し屋というお互いに隠さなくてはいけない秘密を抱えていますが、心が読めるアーニャにはすべてバレてしまい、心を読んだアーニャの表情がコロコロ変わってとても楽しいです。任務のための偽りの家族が、一緒に過ごしていくなかで、だんだんとお互いを思いやって本当の家族のようになっていくところがとてもすきです。

20代女性

スパイと超能力者の子供、そして敵国の殺し屋がそれぞれ正体を隠して家族になるという少年漫画らしからぬ設定ですが、絵の見やすさとストーリー展開の速さが面白いため飽きずに読めます。子供のアーニャがエスパーとして登場人物の心を読むため、謎に包まれた新しいキャラクターが登場しても一瞬で正体が暴かれてしまう(しかし、アーニャは子供でエスパーであることを隠しているため1人で慌てることしか出来ない)構図がとてもシュールで面白いです。ギャグ漫画的な側面も強いように思えますが、ロイドがスパイになった理由やヨルが殺し屋を続ける理由などシリアスな独白シーンもあり、このバランスもちょうどいいです。また、最初の方大人2人は利害が一致するためアーニャを引き取り、結婚し、打算的に家族になりましたが、任務や利害の一致以上にお互いを思いやるようになっており段々と理想的な家庭(肩書きは複雑)になっていってるのが微笑ましいです。その一方で、政治的対立を孕むロイドとヨルの本当の職業がもしお互いにバレてしまったらどうなってしまうのかハラハラします。また、アーニャの”ママ”の存在についてなど、考察ポイントもあるため今後も目を話せません。

20代女性

凄腕スパイの黄昏が、名門校潜入のために家族をつくることになったのがきっかけで、心を読むことができる超能力者のアーニャが娘に、そして殺し屋ヨルが妻となり、とんでもない仮初家族が出来上がってしまう始まり方がまず面白いですし、この家族を上手くつなげてるのが娘のアーニャなのですが、父がスパイなことも母が殺し屋なことも知っていてそれを楽しみつつ、知らず知らずのうちに上手くバランスをとっているところが凄かったです。アーニャが入学してからも黄昏のスパイミッションは続いていて、そのミッションのためにアーニャが頑張る姿はみていてかわいらしくもかっこよくもあり、そういった経験をしていくうちに仮初である家族が本当の家族に成長していく様子も感動しました。全員が隠し事をしているという状況の中、いかに隠し通せるかということに一生懸命な姿はちょっとカッコ悪くて笑えますし、個性的な家族だからこそ行く先々で起こったトラブルを上手く解決していて、その姿はとてもかっこよくて見惚れます。そういった面白さやかっこよさも魅力的なのですが、人と人のあたたかさも感じれるところが気に入っています。アーニャが学校で出会う友人達も個性的で、そんな学校生活も見どころですし、アーニャのいろんな表情や行動がみれて嬉しくなる、そんな楽しさがたくさん詰まった素敵な作品でした。

SPY×FAMILYを1番安く読むならebookjapan


 
SPY×FAMILYの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「SPY×FAMILY」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
SPY×FAMILYを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます