SPY×FAMILY(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「SPY×FAMILY」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「SPY×FAMILY」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

SPY×FAMILY全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「SPY×FAMILY」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「SPY×FAMILY」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

SPY×FAMILY全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

SPY×FAMILYの概要

作品名 SPY×FAMILY
作者 遠藤達哉
出版社 集英社
掲載誌 少年ジャンプ+
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/549186/A002197894/

あらすじ

痛快ホームコメディ!!
 
名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/549186/A002197894/

感想

30代女性

登場人物みんなに、人に知られてはいけない裏の顔があり、それを隠しながら疑似家族として暮らしていくフォージャー家の生活がとても面白いです。父はとても思慮深く、スパイとして何手も先を読むような人なのに、娘には思考を読まれて全部バレている。娘はそれをワクワクしながら楽しんでいるというのも子供らしくてかわいいです。母は凄腕の殺し屋なのに天然キャラ。それぞれ個性的なキャラクターで、かつコミカルに描かれているので読んでいてとても楽しめます。全員が自分の利害のために疑似家族を形成しているという状況が結構ドキドキする設定であるのに、それを感じさせないコメディー漫画で面白いと思います。またみんながだんだん本物の家族のように仲良くなっていくのを微笑ましく思いながら読んでいます。いつか偽物の家族ではなく、本当に家族として幸せになれればいいとついつい願ってしまうような、魅力的なキャラクターが描かれていると思います。かなり物騒な内容だったり、人が死ぬシーンもあるのに物語に暗さを感じさせないし、通常のバトル漫画みたいでもなく、ギャグコメディーだけでもない表現が絶妙でとても好きになりました。父のスパイとしての任務は達成できるのか、続きを今後も楽しみにしています。
他の感想はこちら

20代男性

この作品の面白いところは、やはりちょっとカオスでシュールなコメディが主だけれど、どこか暖かくて切ない話という部分だとおといます。凄腕スパイがターゲットを暗殺するために、かりそめの家族を演じるのが主軸ですが、その家族の妻は殺し屋で娘は超能力者、ペットは未来予知犬と、なかなかのカオスな設定なのです。勿論、スパイが主人公の作品なので、迫力のあるアクションシーンや、ミッションをこなすスマートさもとても熱くなれます。ですが、そんなかりそめの家族であっても、娘を見捨てない優しい絆であったり、妻を守りたいという愛に似た物であったり、父を陰で救うための行動であったりと、どこか小さくて暖かい絆のようなものを感じました。それに合わせて、ミッションが終わればこの家族も終わってしまうのではないか、と思ってしまうと、すごく切なくなる。そんな沢山の感情を作ってくれる作品だと思っています。この作品の魅力は、感情揺さぶられるシチュエーションやストーリーだけではなく、娘の表情の豊かさであったり、キャラクター達のちょっと間抜けな思想であったりと、作画やキャラクター性にも大きな見所があります。そんな新感覚のコメディアクション作品を、是非とも色んな方に見ていただきたいです。

30代女性

個性豊かな登場人物と、コミカルながらときにシリアスな展開にワクワクが止まりませんでした!スパイや殺し屋という登場人物から、血生臭い展開が待っているのかと思う方もいるかもしれませんが、グロテスクな描写は無くソフトな表現をされているため、戦闘描写はあれども抵抗なく読むことができます。人物のタッチも柔らかくかつ躍動感があり、次々に話が進展していくため、話が気になってすぐページをめくってしまいます。気が付くと1巻から7巻まで40分で読破してしまいました。何回読み直したかは数えていませんが、繰り返し見たくなるほど読みやすい作品です。また、タイトルにFAMILYとあるように、「家族」がテーマとなっています。元々は全く違う人生を歩んできた者達が「家族」として集まり強い絆を紡いでいく様子に、私自身改めて家族とは何か、と考えさせられました。絶妙なすれ違い(勘違い)がありながらも共に生活し、お互いの良さを認識し合いながらそれぞれが成長していく様は、読んでいて目頭を熱くさせます。もともとは知り合いから勧められて出会った作品ですが、この作品に出合えたおかげで、家族のすばらしさについて再認識することができました。私もお勧めの作品です。

30代女性

一言で言うと、超優秀スパイ父×殺し屋母×心を読めるエスパーが、お互いの正体を隠して疑似家族として暮らす、まさしく「SPY×FAMILY」!この設定だけでも乗っけ盛りでワクワクします。なので、娘だけは全員の正体と思惑を知っていて、面白そうだからとそれぞれの思惑にのっとって動けるよう奔走するのですが、可哀想なことに娘ちゃんは頭がバカ!上手く行かずにうんうん困ったり、なぜか上手くいってしまって笑顔の花を咲かせたり、表情豊かな子供らしい姿が可愛くてたまりません。また、普段はどちらかというと貞淑そうな妻も、ひとたび依頼が入れば無慈悲な殺し屋に。結婚していた方が隠れ蓑になるからと契約結婚を受け入れるのですが、正体は隠していても超怪力は隠せない!あれよあれよとちょっとした蹴りで主人公である旦那を空高くぶっ飛ばしたり、テニスラケットを破壊したりするのがベタで面白いです。そして、最後にコードネーム‘黄昏’で、数々の裏ミッションで世界を救ってきた伝説のスパイが主人公。端正な顔立ちでスマートに仕事をこなしてきた姿を忘れそうになるぐらい、普通ではない妻と娘にあっちこっち右往左往。コミカルでわかりやすい絵柄も相まって、毎回肩肘張らずに超面白く読める名作です。

20代女性

まず設定が斬新で面白いです。父であるロイド。精神科医だが、実は黄昏のコードネームで働く凄腕のスパイで難しい任務も遂行し続けている。ここの時点でまず最強設定が面白いです。そして任務の一環で必要だった娘に選んだのは、超能力で相手の思考を読み取ることが出来るアーニャ。妻に選んだのは公務員で事務をしつつ、裏で殺し屋をしているヨル。これでもかと盛りまくった設定です。でも3人とも自分の設定を隠しながらも、互いを思い合う姿が感動します。特に好きなのは、入学試験の時の話です。何度も汚されても出てくる服に、つい「何着あんの!」と突っ込んでしまいました。面接でも、偽りの夫婦・家族でありながら、守るために啖呵を切るロイドがかっこいいです。ボンドが家族になる話も好きです。3人の絆を描きつつ、ボンドがアーニャを助けて、お互いに信頼していくところが胸アツです。ボンドのこれまでの過去を思うと悲しい気持ちになりますが、悲しい過去はアーニャも同じです。だからこそ、2人が幸せにもふもふしているのを見ると、泣けてきます。そして、実は好きなキャラのダミアンくん。ロイドがコンタクトを取ろうとしている人物の息子ですが、小学生男子みたいな不器用さと親との関係の切なさがギャップを感じで、推したくなります。

20代男性

まず、設定がかなり特殊で今までにない物語で面白いです。名前から想像するに、結構ゾクゾクするような話かと思いきや、かなりコメディで要所要所でお笑い要素も入れつつ、たまに家族愛(偽装結婚ですが)を感じさせる話になっていて面白いです。アーニャが人の心を読めながらも知能はかなり低く、おっちょこちょいで色々な問題を起こしてしまい、その問題一つひとつに家族総出でたちむかって壁を乗り越えていくのですが、腕利きの精神科医という建前で実際は敏腕諜報員として数々の案件を手掛けているロイドフォージャー、市役所勤めの事務職員という建前(実際に働いていて、周りから少し煙たがれている)ではあるが、実際は敏腕殺し屋を勤めているよるフォージャーがそれぞれ手掛けている問題、案件のためにお互いの利害関係が一致したので、アーニャと3人で偽装結婚をして家族として生活をしていきます。皆それぞれ裏の顔があるので、普通に日常生活を送るだけでもその探りあいから始まり、その傍らでしっかりと各々が本業を務めつつも時には一つの問題に対して家族全員で力を集めて解決していく。次第にヨルとロイドが実際に結婚しているかのように見えて、今後の発展にお期待しています。

30代男性

第一話から、最新まで見ております。普段からは、余りアニメは見ないのですが(これまで見たアニメは、ワンピースくらいかと)、こちらの作品は御始めると序盤からもの凄くアニメに入り込こむことができました。まず、設定が素晴らしく物凄くアンバランスな「ファミリー」ですが、非常に調和の取れた感じがします。美男美女のファミリーで、見ていても「良いファミリー」ということが伝わってきます。具体的には、個々の力は完全ではありませんが、お互い協力することで最大の力を発揮する様な助け合いが見られて面白いと感じます。また、アクションがあり非常に見応えとワクワク感があり、何度も感動して泣いてしまっている自分がおります。特に学園に行かれる時の話は、一番泣きました。ここまで、次回が見たくてウズウズすることはプリズンブレイク以降はなかったなと思っております。この「感動」というのがアニメや映画を見るときには必要と考えております。アクションの爽快感で、ストレスを発散して感動して涙を流すことで、さらにストレス発散と癒しを与えてくれるものと思います。コロナ禍で、少し疲れた社会となってしまいましたが、一人でもカップルでももちろん家族と見ても非常に楽しめる内容と思います。

20代女性

スパイファミリーとは、名前だけ聞くと、もともとスパイである両親と生まれた子供達のスパイファミリーかと思うのですが、そうではなく、主人公のスパイがミッションをクリアするために作った家族をスパイファミリーとしているところがこのお話の肝かなと思います。物語としては主人公率いるスパイファミリーが、さまざまなミッションに立ち向かっていくというお話になっていて、ワクワクドキドキしながらストーリーは進んでいきます。その中で繰り広げられる即席の家族がぎこちないながらも家族としての形を築こうとしていくその過程から、人として学ぶ物があるなと思いました。血のつながりはないものの、主人公のスパイである黄昏と孤児院からスパイファミリーに入った少女のアーニャの親子としての絆が少しずつ築かれていき、なんだか見ていてきゅんきゅんしてしまいます。最初はアーニャのことを作戦の一部としてそれなりの付き合いしかしようとしていなかった黄昏ですが、家族としての絆が育っていくごとに、作戦とは別に父親としてアーニャが喜ぶような催しに付き合ったりする場面はすごく胸が熱くなりました。家族というのは血のつながりだけでなく、いろんな形があって良いということを改めて教えてもらえた良い作品です。

20代女性

アーニャがとにかくかわいいです。孤児院から任務のために黄昏はアーニャを引き取りますが、次第に任務だけではなく、しっかりと親子になっていく様子がとても心温まります。ヨルが母親として、籍を入れてからは、可愛さが増します…。スパイとしてトップクラスの黄昏が2人に振り回されるのがとても微笑ましいです。アーニャの言動がとてもかわいく、言葉のチョイスが絶妙で思わず笑ってしまうシーンが多いです。学校の面接のシーンでは、3人がそれぞれを思い遣ってることが伝わり、アーニャが涙するシーンでは思わずつられて泣いてしまいそうになりました。受験会場で起こるハプニングを完璧にこなすシーンから、感情が先に動き部屋を退出した後の対比がすごくおもしろかったです。アーニャの敬語になっていない言葉遣いや、だんだんと遠慮のなくなっていく無邪気な子供らしさがなんともいえない可愛さです。スパイと殺し屋というお互いに隠さなくてはいけない秘密を抱えていますが、心が読めるアーニャにはすべてバレてしまい、心を読んだアーニャの表情がコロコロ変わってとても楽しいです。任務のための偽りの家族が、一緒に過ごしていくなかで、だんだんとお互いを思いやって本当の家族のようになっていくところがとてもすきです。

20代女性

スパイと超能力者の子供、そして敵国の殺し屋がそれぞれ正体を隠して家族になるという少年漫画らしからぬ設定ですが、絵の見やすさとストーリー展開の速さが面白いため飽きずに読めます。子供のアーニャがエスパーとして登場人物の心を読むため、謎に包まれた新しいキャラクターが登場しても一瞬で正体が暴かれてしまう(しかし、アーニャは子供でエスパーであることを隠しているため1人で慌てることしか出来ない)構図がとてもシュールで面白いです。ギャグ漫画的な側面も強いように思えますが、ロイドがスパイになった理由やヨルが殺し屋を続ける理由などシリアスな独白シーンもあり、このバランスもちょうどいいです。また、最初の方大人2人は利害が一致するためアーニャを引き取り、結婚し、打算的に家族になりましたが、任務や利害の一致以上にお互いを思いやるようになっており段々と理想的な家庭(肩書きは複雑)になっていってるのが微笑ましいです。その一方で、政治的対立を孕むロイドとヨルの本当の職業がもしお互いにバレてしまったらどうなってしまうのかハラハラします。また、アーニャの”ママ”の存在についてなど、考察ポイントもあるため今後も目を話せません。

20代女性

凄腕スパイの黄昏が、名門校潜入のために家族をつくることになったのがきっかけで、心を読むことができる超能力者のアーニャが娘に、そして殺し屋ヨルが妻となり、とんでもない仮初家族が出来上がってしまう始まり方がまず面白いですし、この家族を上手くつなげてるのが娘のアーニャなのですが、父がスパイなことも母が殺し屋なことも知っていてそれを楽しみつつ、知らず知らずのうちに上手くバランスをとっているところが凄かったです。アーニャが入学してからも黄昏のスパイミッションは続いていて、そのミッションのためにアーニャが頑張る姿はみていてかわいらしくもかっこよくもあり、そういった経験をしていくうちに仮初である家族が本当の家族に成長していく様子も感動しました。全員が隠し事をしているという状況の中、いかに隠し通せるかということに一生懸命な姿はちょっとカッコ悪くて笑えますし、個性的な家族だからこそ行く先々で起こったトラブルを上手く解決していて、その姿はとてもかっこよくて見惚れます。そういった面白さやかっこよさも魅力的なのですが、人と人のあたたかさも感じれるところが気に入っています。アーニャが学校で出会う友人達も個性的で、そんな学校生活も見どころですし、アーニャのいろんな表情や行動がみれて嬉しくなる、そんな楽しさがたくさん詰まった素敵な作品でした。

20代女性

とっても面白いマンガです!ストーリーがとても面白いです。人が死んだり、登場人物たちの暗い過去が垣間見えたりもしますが、笑えるシーンも多くとても面白いです。凄腕スパイの主人公が、任務のために娘にした子どもや妻に振り回されながらも、己の信念を持って真剣に任務に取り組んでいく姿にとても惹きつけられます。娘も、超能力でずるしようとしたりはしますが、パパとママのためにと頑張っていて、とても応援したくなります。奥さんは殺し屋ですが、天然なところがありかわいいです。飼い犬も未来が見えるという力を持っており、娘と一緒に未来を変えようと動く姿が素敵です。愛情深い人でもあり、優しい殺し屋という印象です。主人公も、奥さんも、娘も他の人に秘密にしていることがあるため、ごまかすためにとんでもないウソが出てきたりして、面白いです。登場人物がほぼみんな、家族にも正体を秘密にしているという、なかなかあり得ない設定も面白いです。また、娘と飼い犬がかわいくて癒やされます。まだまだ、娘の過去など明かされていない設定があり、とても続きが気になる作品です。戦争が起こらないように、人々が幸せに暮らせるように頑張っている主人公たちが報われてほしいなと思います。

30代男性

アーニャがとても可愛いです。とにかく魅力的な要素がたくさん詰まった漫画なのですが、その中でも特にお気に入りなのが、超能力で人の心が読めるアーニャというキャラクターがとても可愛いことです。今まで、色々な漫画を読んではきたのですが、ここまで可愛らしい幼児のキャラ?は未だかつていなかったのでは?と思うくらい可愛いです。可愛いらしい反面、少しおバカで学校の勉強にも苦戦しておりますが、なんだかんだで頑張っているところ、可愛らしい外見にも関わらず、終始セリフはギャグに特化しているところなど、可愛いだけじゃない魅力がとってもたくさん詰まったキャラクターがアーニャです。物語は、王道の設定で、スパイと殺し屋とエスパーが偽装家族で生活をともにして、段々と本当の家族の温かみを知っていくなど、ほっこりするシチュエーションも用意されています。また、アーニャの学園生活や、日常なども細かく描かれており、奮闘する姿も一生懸命でとても可愛らしく、愛らしいです。全体的にギャグや、戦闘シーンのバランスもよく、誰でも読みやすく、楽しめる漫画だと思います。登場するキャラクターも個性的ですが、それぞれ魅力的で読んで損はない、そんな漫画だと思います。

20代女性

ジャンプ+で最新話まで無料で読んでいます。私はスパイファミリーとっても好きな作品です。正直なところ、ここまで高いクオリティの作品を無料で読んでいいのかと思うほど面白い作品です。主要キャラ(ボンド含め)がしっかりと魅力的で、アーニャのキャラデザは神がかって可愛いです。※私はボンドが好き笑。しかし、私個人があまり好みではない点もあります。それは、メインのストーリーがあまり進まないところと、話の多くが1話完結型というところです。後者は私の好みの問題だと思うのですが、やはり今まで有名になってきたワンピースやナルト、フェアリーテイルといったストーリー性がしっかりとある作品とは根本的な作りが違うのかなと思います。かといって、広い世代に受ける見やすさ読みやすさをとるとこっちの方がいいのかと思うので、否定はできません。あとは個人的な感想として、見せ場(名シーン)をもっと強く表現してほしいです。今思い出して、あの場面は痺れたなというのはアーニャの入学時の面接、ダミアンとダミアン父、ロイドの掛け合い。のところぐらいかな、、、。でもその場面は本当に良かったです!!めちゃくちゃ面白いし、とくに入学時の面接の話を読んだときは、毎週の配信が本当に楽しみになりました。感想ということで、マイナスな事をあえて書きましたが、やはりスパイファミリーはとても面白い笑これからも毎週楽しみに読ませていただきます。

20代女性

タイトル通りスパイ✕家族もの、という斬新さに惹かれて読み始めました。主人公を始めとした父親、母親、子供(として生活する)三人が、それぞれ秘密を抱えながらも家族のかたちを保っているところが、ハラハラしながらも面白く読めます。主人公・ロイドの心の声が、便宜上の娘であるアーニャには丸分かりなのが微笑ましいです。様々なロイドの計画を知って、どうにか対処しようとするアーニャが本当に健気で可愛い。母親役であるヨルも、天然なところが悪い方に作用するかと思えばうまく収まってしまったりと、毎回読めない展開に惹き込まれる作品です。キャラクターが三者三様でとても個性的であり、そんな個性的な三人が疑似家族を作るという発想がまずエンターテイメントとして最高であることは間違いないです。家族となったきっかけはそれぞれが抱えた問題や暗い過去からでしたが、段々と本物の家族らしくなっていくところも素敵です。個人的に一番好きなエピソードはアーニャが学校へ入るための入学試験なのですが、あまりにも三人の行動がハマり過ぎて「それはないだろ!」と突っ込みながら読まずにはいられませんでした。本当に面白いです。アニメ化に続きミュージカル化も決まったとのことで、ますます目が話せない作品だなと思っています。

20代女性

はじめ見た時は、他のアニメーションと同じような展開で進んでいくんだろうなと勝手に想像してしまったのですが、やはり家族っぽくなっていくにつれてこのまま本物の家族になってほしいと祈りながら見るようになっていきました。ロイドフォージャーが我に返って家族ではないと考える瞬間がとて切なく感じます。アーニャもだんだん娘っぽく、ヨルさんも奥様っぽくなっていくのがとても儚く思います。ロイドフォージャーはスパイとして、ヨルフォージャーは殺し屋として、仕事をしている時と、家で3人が一緒に団らんをしている時とのギャップがあってかなり面白く、見ごたえがあります。ハラハラする場面や感動する場面もあり、毎回目が離せません。私自身アニメーションのシリーズに対して感情移入することはそこまでなかったのですが、スラムダンクのミッチーのシーンを初めて見た時くらい感情が爆発しました。それくらい「SPY×FAMILY」は見る価値があります。まだ見たことのない方、アニメにそんなに興味がない、という方も楽しめるのではないかなととても可能性を感じる作品です。単純に癒しが欲しい、なんて時もかなり癒やされます。フォージャー家の癒し効果は抜群です。とにかくオススメです。

30代女性

主人公のスパイ、黄昏は政治家のデズモンドと接触するため仮の家族を作って子どもを、デズモンドの息子が通う名門校に入学させるという任務を受けます。黄昏はロイドとして任務を果たすため、孤児院で見つけたアーニャを養子にし、洋服の仕立屋で出会ったヨルと偽装結婚することになります。これで無事入学試験を受ける資格を手に入れた一家でしたが、実はアーニャは人の心を読める超能力者で、ヨルは殺し屋なのです。お互いの利害が一致し、納得して家族になりましたが、お互い自分の正体を隠しながら家族として生活をしていきます。基本的にコメディー要素が強く、気軽に読めるストーリーとなっています。契約上の仮の家族としてスタートしましたが、一緒に暮らすうちに徐々にお互いに情が芽生え、本当の家族のように少しずつお互いを思い合うようになります。アーニャは仮とは知っていても、本当に家族が欲しくてロイドにもらわれたので、ロイドとヨルのことが大好きで、役に立とうと必死で頑張ったり、時には甘えたりする姿もとても可愛いです。またアーニャの入学した名門イーデン校のクラスメイトも妙に大人びた個性的な面々が多く、学校での彼らのやり取りもすごく可愛くて面白いです。

20代男性

半年ほど前から友人に勧められていたのですが、中々興味が持てずにいました。そこで、最近アマゾンプライムでアニメ版を観たところどハマりしてしまい、最新巻まで購入して一気読みしてしまいました。個性的な登場人物が魅力的です。スパイ、殺し屋、超能力者とい家族構成(後々、可愛いワンちゃんも増えます)で、中でもアーニャが可愛い。独特な言葉遣いで、つい真似したくなります。緊張と緩和のバランスが絶妙で、アーニャの表情がたまらなく愛おしくなる。特に、大学生の間でも流行り始めているので、話題のネタになることも多々あります。友人とどのキャラが好きか、語り合うのも面白さでもあります。分量も決して多くなく、読むのが遅い人でも20分もあれば読み終わると思います。漫画を購入するのを迷っているなら、まずはアニメ版から入ってみるのもありかと思います。最新巻まで読みましたが、今後の展開が予想できず純粋にストーリーも楽しめています。ですが、今後もこの面白さが継続されるかは判断できない状態かと思います。誰がラスボスなのか、そもそもラスボス的な存在がいるのかも分かりません。ですが、キャラの可愛さだけは自信を持って最高と言えます。

30代女性

最近ドはまりした漫画です。めちゃくちゃおもしろいですよね。こういう作品を待ってました。キャラクターがしっかりつくりこまれていておもしろいし、スパイっていうシュチュエーションもとてもおもしろいし、スパイ×超能力者×殺し屋のファミリーってどんな関係性だよ。しかもそれぞれそれを秘密にしているところがいいですね。つまり家族なのに誰もが素性を知らない。でも仲がいい可愛らしいファミリー。始めは全然しっくりきてなかったんですが、回がすすむにつれて、本当の家族の様になっていくのがいいですね。かなり特殊な家族ですが、読んいてかなりハマってしまう作品。アーニャちゃんがメチャクチャかわいらしくて、あんな子供なら自分も欲しいっておもってしまいましたね。「チチ・ハハ」って呼ぶ感じもいいし、それなりに演技派なところもおもしろくていいです。今後の展開が凄く気になるし、面白過ぎて何回も読みなおしてしまいます。テンポもいいからたまらないですね。三人がこのまま家族を続けていってほしいっておもうんですが、やっぱり任務が終わったらこの関係性もおわってしまうですかね。そう考えたら凄く寂しいからこのまま家族やっといてほしいです。

30代女性

スパイ×殺し屋・超能力者×超能力犬という設定やストーリー展開がとてもおもしろく、絵もキレイなので読みやすいです。また、登場人物のキャラが全員濃くて、むしろ人物だけでなく動物もキャラが仕上がっていて可愛いくらいです。個人的に好きなキャラクターは、ヨルの弟のユーリ、デズモンドの次男のダミアン、ロイドの後輩の夜帷(とばり)です。ユーリは姉のヨルのことが好きすぎて、たまに理性を失ってしまうところが可愛いです。ダミアンはアーニャに振り回されっぱなしなところが可愛くもあり、デズモンドに認められようと努力したり男気があったりするところがかっこいいと思います。夜帷はいつも無表情で怒っているのかと思いきや、ロイドのことが大好きすぎて心の中では恋する乙女なところが好きです。全体的にほのぼのとしたコメディータッチの作品ですが、東西での戦争に関わるストーリーなので、たまにドキッとするようなシリアスな展開やセリフが出てきます。戦争というものをきちんと知らない子どもたちにとっても良い作品なのだと思います。私は小学生の娘の影響でなんとなくSPY×FAMILYを読み始めましたが、読み進めていくうちに人気がある理由がよく理解できました。

20代女性

敏腕スパイである黄昏と心を読むことができる超能力者の娘、暗殺者である妻との3人によるお互いの正体を隠しながらの仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディとなっていて非常に面白かったです。仮初め家族の設定は他の作品でも経験したことがありましたが、それぞれの家族のメンバーがそれぞれに最強な特徴を持ち合わせていてお互いに秘密を隠し合うという背景がかなり新鮮で、読み始める前から大変作品自体に惹かれていました。そして読み始めてみれば、お互いに隠しているつもりであっても子どもだけが事情を把握しているという設定になっていて、そこがまた面白さを深めているように感じました。そんな家族がお互いを思いやる真の家族の関係を築いていくようにストーリーが進んでいって、任務を遂行しながらも何処かそれぞれの優しい心も働いていてほっこりする気持ちになります。少年漫画や青年漫画の類になるであろう本作品ですが、全体的にはギャグ要素あり、シリアスなシーンあり、ほっこり要素ありなさまざまな要素が含まれる作品となっていて、一つのストーリーが描かれているはずなのに読んでいると色々な感情が生まれるので本当に楽しいです。

50代男性

一巻が出たばかりの頃、電子コミックの一話無料かなにかでたまたま目を通して一気にはまってしまいました。近年、ここまで面白い作品には出会った事がないというレベルの面白さです。父が凄腕のスパイで母が超一流の殺し屋で娘が人の心を読める超能力者で父と母はお互いの素性を知らずに暮らしているという未だかつて聞いたことない設定です。おまけに飼い犬は余地能力を持っていて、母のヨルさんの弟は外交官を装った秘密警察という感じで今後はどんな秘密を持ったキャラクターが出てくるか楽しみです。ポップな絵柄にテンポのいい会話、斬新なストーリーが主な面白さの要素ですが裏設定がストーリーに芯を通しているのがこなマンガの大きな魅力だと思います。舞台が東西ドイツをイメージした架空の国の設定になっており、その国で暮らしていく中で家族とは何か?平和とは何か?を説いている事がこの作品の大きな魅力です。この主人公一家はそれぞれが隠されたミッションを持って結成されたかりそめの家族で父ロイド、母ヨルは自分のミッション遂行のためにやむなく夫婦になっているのですが、その中で次第に家族愛が育っていくという流れが心を捉えていきます。娘アーニャのキャラクターがとにかくいいです。彼女の心のツッコミはポイントポイントで笑わされて、コミカルに展開して癒されていきます。まだまだストーリーは続くと思うので超期待です。

30代男性

スパイ、殺し屋、エスパーが一つ屋根の下で暮らしたらどうなるかと言う非常にユニークな設定の漫画です。スパイの夫と殺し屋の妻は互いに相手の素性を知らないのに、エスパーの子供は義理の両親の正体を知っていて、あれこれ奔走するのだから、とにかくおかしくて笑えました。子供であるアーニャ視点だと、孤児であった彼女が、血の繋がらない両親を上手くくっつけて、自分の望む居場所を作ってゆく物語とも言えますね。このアーニャも、幼いたどたどしい発言で可愛らしいのですが、妻であるヨルも魅力的なキャラクターです。本当は残忍非道な殺し屋なのに、普段はおっとりとした美人で、天然ボケな性格もあって、癒し系ヒロインそのものです。そんな普段の姿と、殺し屋として活動している時のギャップの大きさがまた魅力的なのですよね。この漫画の舞台、雰囲気的には少し昔の冷戦時代を彷彿とさせる価値観になっています。テレビのデザインもかなり古いですしね。恐らく東欧あたりの国を設定しているのだと思うのですが、そんなインターネットもない時代のちょっと懐かしい雰囲気を味わえるという点でも個人的には注目している作品です。設定、世界観、キャラクターのどれも絶妙なチョイスを実現した漫画でした。

40代男性

父、スパイ。母、殺し屋。子供、エスパー。ベタベタな感じもしますがとても面白い設定だと感じました。それぞれが秘密を抱えながら生きていく中で子供は全てを知っている、実際の家族でも確かにそうかもしれないなと思わせてくれる所が多くのファンを獲得している漫画としての要素だと感じます。父や母の感情を察して時に面白く時に切実にその想いに応えようとするアーニャの健気な姿が微笑ましいです。また、学校の仲間たちとの掛け合いが非常にテンポが良くて表情豊かでキャラクターも豊富で読んでいて思わず笑顔になってしまいます。特に危険を察知した時のアーニャの表情はとても面白いです。また、仮初の家族であったとしても次第に絆が強くなっていく様子は家族を持つ身としては非常に共感できると共に親子関係の在り方にも一石を投じている作品だと感じています。漫画の描写力やストーリー構成も流石なのですが、アニメ化は非常に正解だと感じています。特にアーニャのキャラクターは漫画のイメージを超越して可愛さと切なさと健気さが際立っていると感じました。我が家では5歳の子供もアーニャの一挙手一投足を楽しんで観ている感じがします。父と母の秘密から今後のストーリー展開が非常に楽しみな作品です。

30代男性

アーニャ可愛い。メロメロになります、こんな子が自分の子でいてほしい。アーニャとロイドとヨルがみんないいキャラクターで3人とも訳ありなんです。しかも3人とも秘密にしたまま家族やっちゃってるのがおもしろいです。殺し屋とスパイと超能力者ってやばすぎませんか。普通に考えたらお互いの特殊能力があってつかいこなしながらミッションこなしたほうが絶対にいいのに。みんな隠しているところがおもしろくていいんですよね。あと、アーニャが学校で奮闘する姿がすごくいいんですよね。アーニャが頑張る成長しちゃうところがすごくいいです。見ていてたのしくなっちゃうし、アーニャにメロメロになってしまいます。あと、ヨルもかわいい。本当に殺し屋っておもうくらいにかわいらしいんですよ。アーニャに対するお母さんのヨルがすごく初々しいんですよね。みていてめちゃくちゃほほえましくなる、ほのぼのさせられてしまいました。ロイドがどちらかというとツッコミ役に徹してる感じがいい。3人がだんだん本物のファミリーみたいになっている感じがすごくいい。これから応援したくなるファミリーでいい感じ。今後の展開に期待して見ていきたい作品です。はなしもおもしろい。

30代女性

お互いが素性を隠しながら同居生活を行う偽装家族に興味を持ち購入しました。感想としてはとにかく面白い。絵もきれいで見やすいです。ストーリーもよく登場人物のキャラクターも個性があって面白いです。エージェント黄昏のミッションをこなしていくスマートさ。クールな面もありつつストーリーが進むにつれて「家族」に対する考え方が変わってきているのもわかります。戦闘シーンもカッコよくさらりとこなしてしまう姿に魅了されます。子どものアーニャは、自分の能力を隠しつつ?うまく使いつつ生活になじんでいっている感じがいいですね。とにかく話し方が可愛い!愛されキャラです。こっそり黄昏にくっつくシーンはキュンとなってしまいます!母役のヨルは、ちょっと天然が入っているほんわかキャラですが、いざ本業になると鋭さをもってとにかく強い!マジで強い。怖いものなしです。最強の母です。偽装とはいえ家族のために、こっそりと料理を習ってみたりとコツコツと頑張っている姿がほほえましいですね。そんな3人が素性を隠しつつも「幸せな家族」を演じるミッションは世界の平和を守れるのか…この先この家族はどうなっていくのか…これからの展開がワクワクして楽しみです。

10代男性

SPY×FAMILYはONE-PIECEやKINGDOMといった主人公が夢に向かって突き進むような漫画とは違い主人公であるロイドフォージャーがスパイとして敵国に入り込み様々なミッションをクリアしていくものです。ただただミッションをクリアして戦争を阻止するのではなくタイトルにもある通り家族の父親として誰からも怪しまれないようにしなければいけないようになっています。皆さんがSNSを見ていると一度は「アーニャピーナツがすき」という言葉を聞いたことがあると思います。主人公ロイドフォージャーの養子としてアーニャが家族の一員としているのですが嬉しい時のにっこりした顔が可愛かったり、悲しい時の泣き顔がいとおしかったりと表情が豊かでマネしたくなるほどの可愛さでメロメロです。またアーニャはフォージャーのミッションを達成するために一番の難関小学校を受験しそこでテスラと呼ばれる功績を作るごとにもらえるものを取ろうとします。そこでもアーニャの何をしてもうまくいかず落ち込みながらも頑張る姿をみるととても読みいってしまいます。エピソードも比較的理解しやすいもので65話くらいですのですぐに現在のところまでおいつくことができます。1度よんでしまうと止まらなくなるほど面白いです。

30代男性

アーニャが可愛らしくてメチャクチャ好きですね。あんなに可愛らしい子がいたら自分も子供が欲しくなってしまう。ひょんなことから家族でも何でもない方たちがファミリーを演じることに・・・。しかも、3人とも秘密にしていることがあって、アーニャはあいての心を読める特殊能力があって、ヨルちゃんは実は殺し屋でそれでいて、ロイドはスパイというなんとも凄まじい展開のお話。そんな3人なんですが、始めはバラバラな感じのイメージあるんですけど、いつのまにやら結構いい感じの家族になっていく展開が何ともいいんですよね。話も凄く面白いし、キャラクターもたくさん出てくるし個性的で好きです。やっぱり一番の推しは冒頭でもお話しましたがアーニャちゃんにメロメロです。アーニャ語という不思議で可愛らしい喋り方が何ともいいですね。「アーニャ、わくわく」「アーニャ、ピーナッツが好き」とか言われてみたいですね。どちらかというと3人の家族でわきあいあいとしているところもいいんですが、アーニャちゃんが学校に通っているところとかもすごくおもしろくてたまらないです。今後の展開にも期待しながらよみすすめてみようとおもいましたね。3人そのまま家族でいてほしいです。

50代女性

一流のスパイがミッションを受けて、その内容に驚きのあまり口に含んだ飲み物を吹き出す。そんな漫画が今までにあっただろうか?その一場面を見て、これ絶対面白いやつ!と思い、発売されている全巻まとめ買い。正確には子供に先を越されたため、買い上げた。読み進めると、予想通り面白い!一流と言われるだけあって、腕はいいらしい。それだけではなく、スパイもやっぱり人間なんだなと思わせる。ミッションを実行するために家族を作っていく、その中で子供、妻、それぞれとのやり取り。そこには主人公・ロイドの心の温かさがある。子供・アーニャにも、妻・ヨルにも、もちろんロイドにも、それぞれ人に言えない秘密がある。そんな秘密や事情だらけの家族。でも、みんな心が温かい。寄せ集めの家族、でも段々一つの家族になっていく。笑いあり、涙あり、ほのぼのあり、ハラハラドキドキありの、家族の物語。何事もなく、ただ穏やかに暮らすのもいい。何かあっても、家族なら何とかなるし、何とかする。そこには、自分さえよければいいということではなく、相手のために必死になる、心の温かさがある。家族っていいな。突っ走ったとしても、振り返れば家族がいる。失敗しても、家族がいる。その安心感。SPY&FAMILY、これからも、目が離せない。

50代女性

個々の脳力が凄くて、それに気づかない設定が面白いし、見てて、えっ?!気づかないの?って感じだけど、必死で誤魔化す描写とかコミカルに描かれてて、特に娘のアーニャの誤魔化し方はかわいい、たまに読んでてせつなくなる時もあるけど、総じてアーニャがかわいい、父はクールなクセに必死過ぎて鉄仮面だったのが表情が色々変わったり
とにかくいい男、スーツも姿もカッコいいし完璧、見てて目の保養になる、女性が好きな男性になってる母は私的には殺し屋の時のドレス姿で決める時のあの表情とか好きだけど、天然風でアーニャが可愛くてしょうがない感が丸出しでちゃんとお母さんだよっていってあげたくなる、このまま本当に母になって欲しいアーニャは人の心読めるから、本当にキツい思いしかしてこなかったと思うけど、これからは敵のダミアンから嬉しい言葉を読み取れる日がくるかもしれないし今後のダミアンとの関係も楽しみダミアンの俺様からデレデレになる顔全開も見てみたいこれからみんなどんな動きになるのか出来ればこのまま政治的な企みとかに邪魔されず誰にもいなくならずにただただアーニャにのほほんと笑っていて欲しい出来ればいろんな事を誤魔化しててもいいからずーっと家族でいてと願ってしまう

30代女性

元々この漫画の作者の作品が好きで読み始めました。この作者の今までは強くてかっこ良くてかわいい少女が主人公の作品が多く、今回の作品だとヨルがそれに当たると思います。ですが今回はそれだけでなく特殊能力はあるけど非力な少女、なんでもこなすスーパーエージェントの男性という3人体制の主人公を持ってきたのは驚きでした。特に今までの作品は男性キャラがイケメンじゃないものが多く、今回のようなイケメンキャラを前面に出してきたのが特に驚きでしたが、今まで読んでて足りないなと思っていた部分がうまったという気がします。そしてアーニャのかわいさが話全体を明るくしてくれて、深刻なミッションでも緊張感だけでなくワクワク感を感じさせてくれたりと読者をとても楽しませてくれます。私は強くてかっこよくてかわいい女性キャラが好きなのでヨルのかわいさと圧倒的な強さは見ていて爽快ですし、ロイドのどこでもなんでもやれるみたいな有能感も作品をテンポよく読ませてくれます。でもやっぱり一番はアーニャのかわいさです。この作品の一番の重要なポイントだと思います。コミカルな作品が好きな方は勿論、今までの作品とは少しタイプが違うのでこの作者の別の作品を読んだことある方にもオススメです。

30代女性

とにかく登場人物がみんな個性豊かで面白い。登場人物によって絵のタッチや雰囲気が違って1巻目で登場人物の把握が出来るので、漫画初心者のみんな同じに見えるという躓きがないと思う。スパイ漫画という事で少し言葉や表現が難しいと感じる部分もあるが、混乱する程ではないし何巻か読んでいけば自然と理解は出来る様に描かれている。スパイを題材にしているのでシリアスでハラハラする場面もちゃんとありつつ、思いっきり血が飛ぶシーンもあるのでそういう系が苦手な人ちょっとダメかもしれない。でも、ちょっと笑ってしまう部分やたまらなく可愛いシーンもあって飽きないし、癒される。そして案外、作者の裏話の部分が面白い。どうやって作られたか、元々の原画が最終的にはこうなってるんだとかが分かるとまた本編を見た時に想像しやすく面白いです。読んでいると完全に自分もその世界に入れるので夢中で読んでしまう。そして人殺しやスパイのミッションだけではなく、人間味があったり登場人物の心境の変化や成長など心温まるシーンも多めで感動する。とにかく面白いの一言に尽きる。どんな風に話が進んで行って最終的にどうなるのか楽しみで待ち遠しい漫画。一週間に一巻発売してほしい。

30代女性

Twitterか何かで話題になっていたので、読み始めました。凄腕すぎるスパイ・黄昏と、孤児でもはや人間の域をエスパーの娘アーニャ、もはや人間の域を超えている暗殺者ヨルの繰り広げる、偽装家族が主題なのですが、この三名がツッコミ・ボケ・ボケの応酬で、コメディ回に至ってはずっと笑って読んでいられます。黄昏のバックアップのおかげか、それとも強運のなせる業か、アクシデントはさみつつも、普通に考えたら絶対に成立しないようなミッションも達成できているところが、漫画ならではの面白さと思います。黄昏自身も、なんとかなったことについて疑問を抱いている時もあり、それがまた面白いです。エスパーの娘・アーニャもエスパーであることを除けば幼い女の子なので、かなり考えが足りていなかったり、一部感情的に行動してしまったりするところも、かわいらしいです。暗殺者であり偽装家族の妻(母)役のヨルも、身体能力以外はほぼポンコツなので、黄昏の苦労シーンが笑いを誘います。それでいて、ヨル自身、生真面目で純粋なところも、好感が持てます。徐々に黄昏の周囲のエージェントの存在が明らかになったり、黄昏の過去が明らかになっていくのですが、黄昏がスパイをやっている事情がわかり、平和のためにこの偽装家族をつい応援したくなるところも、本作品の魅力だと思います。

20代女性

キャラクターの一人一人の個性がしっかりしていてお話にメリハリがあるのが面白いです。 私は特にヨルさんが好きなのですが、公務員の仕事をしつつ、夜の世界では妖しくも美しい暗殺者の顔があるギャップが好きです。 好きなシーンはヨルさんが豪華客船でバトルしていたシーンで、ヨルさんの立ち回りが綺麗だったのも好きなのですが、後ろでお掃除をしていた店長さんが好みすぎて面白かったです。 アーニャの援護もファインプレーで良いところにいるなと思いました。 その間のロイドの父親として期待に応えねばと頑張ってる姿は微笑ましくもありましたが、失敗続きで可哀そうでした。 最新刊のロイドとボンドの活躍はカッコ良かったです。 失敗続きでもボンドの優しいところが見れて微笑ましかったですが、濡れてほっそりしていたのは面白かったです。 犯人を捕まえられたのはお手柄だったなと思います。 ベッキーのおませなところも新刊では見れて面白かったです。 ヨルさんがやらかすと目が点になるロイドさんも面白かったです。 ロイドを始め、自分の為に動いているキャラクター達ですが、皆優しく思いやりのある方達なのでフォージャー一家にとって平和に過ごせる楽しい世界に今後のお話でもなってほしいです。

40代男性

スパイのミッションとして家族を作るというところの設定からして、とても面白いと思います。その中で、この作品がすごいと思うところは、家族とやっていこうとする、主人公、妻役、子ども役、がそれぞれの秘密を抱えながらも、それぞれの利益として家族になることを目指すわけですが、多くの作品の場合は、この秘密をそれぞれが告白してしまったり、見つかってバレたりするものですが、この作品はここまで一切ばれておらず、今のところ、ばれる気配すらありません。この秘密を保持していると言う緊張感が維持されていることが、この作品に緊張感を生んでいると思いますし、読者としても強い興味を持って作品を読むことができます。また、これは戦争にからめたスパイ作品なので、方向性を間違えると喪失の物語になってしまいそうですが、この作品では、それぞれが喪失した場面から始まって、それぞれが「人間味」のようなものを徐々に取り戻したり、獲得していくという希望にあふれた作品になっているので、読後感がとても爽やかで、今のこの時代の閉そく感のようなものを忘れさせてくれる、素晴らしい作品だと思います。もちろん、アーニャのかわいさや、ヨルの常人離れした能力によって、クスッと笑える場面がたくさんあるのも嬉しいです。

30代女性

まず、スパイと殺し屋と超能力者が偽の家族として生活していく、という設定そのものがまず面白いです。それぞれの利益のための偽の家族なのに、少しずつ家族愛が芽生えていく過程が見どころです。メインキャラクターの3人とも個性豊かですが、特に人の心が読める超能力をもつ、娘役のアーニャがとにかく可愛いです。不器用ながらも偽の父と母のために奮闘する姿は愛らしく、両親を「ちち」「はは」と呼んだり、自分のことを名前呼びする話し方も、また魅力的です。内容としては、偽の家族として3人が協力してミッションをこなしていくストーリーのため、サクサク読める漫画です。また、アーニャは心が読めてしまうため、父と母の本当の姿を知っていますが、両親はそれぞれの素顔やアーニャの能力には気付いていません。なので、父や母のピンチを乗り越えていく際には、実は裏でアーニャが活躍していたりします。不器用なアーニャなりに、父と母のために頑張る姿に、漫画の世界のキャラクターなのに思わず応援したくなってしまいます。まだ完結していない作品のため、このあとどのような展開になっていくのか?偽の家族から本物の家族のように距離が近くなっている3人が今後どうなっていくのか?非常に楽しみです。

30代男性

ヒロイン(主人公?)のアーニャとヨルさんが個性的といいますか、アンバランスな性能のキャラクターになっているのが面白いです。おそらくメインの主人公はロイドで、彼は3人の中で一番バランスが取れているハイスぺックな人物なのですが、その脇にいる二人が「凄い能力を持っているのにどこかズレている」というキャラで笑いを生んでくれます。アーニャの能力ってとても凄いものなんですが、アーニャ自体はまだ6歳かそれ未満の小さな子供なんですよね。そのため能力で色々と状況を把握しても、それを子供なりに理解して、子供なりの行動を取るしかできないわけで。またアーニャは自分の能力を隠したいと思っているわけですから、彼女から見てもいささか不自然な言動を強いられたりもして、結果として傍から見ると意味不明なものになっていくという。ヨルさんもいわゆる天然キャラで、アーニャ同様に色々と自分なりに考えて行動しているのですがそのほとんどがおかしな感じに。そして常識人のロイドがそんな二人に振り回されていくというギャグ漫画になっています。ただアーニャもヨルさんも凄い人物なのは確かで、ロイドや周りを振り回すだけではなくて要所要所でしっかりとキメてくるのも二人の魅力です。最終的にこの3人の特性が上手くハマって、ロイドの作戦が大成功してくれないかと期待しています。

SPY×FAMILYを1番安く読むならebookjapan


 
SPY×FAMILYの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「SPY×FAMILY」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
SPY×FAMILYを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます