珍遊記(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「珍遊記」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「珍遊記」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

珍遊記全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「珍遊記」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「珍遊記」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

珍遊記全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

珍遊記の概要

作品名 珍遊記
作者 漫☆画太郎
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/134329/

あらすじ

名作冒険ギャグ漫画
 
昔々ある所にジジイとババアがいました。二人は、史上最強のサル&天下無法の暴れん坊の山田太郎にたいそう手を焼いていました。そこへ現われたのは旅の僧・玄じょう。人智を超えた二人の戦いは意外な展開に…!?あの名作冒険ギャグ漫画がジャンプコミックス時のオマケページを収録し、登場!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/134329/

感想

40代男性

小学生のときによく読んでいた印象に残る漫画でした。とにかく漫画のストーリー設定、キャラクターの馬鹿さ加減、何をとってもばかばかしいのと面白いのが魅力的な漫画だったと思います。当時、この漫画を見たときにはものすごい衝撃を受けたのを覚えています。びっくりするぐらいの脱力感の漫画で、当時はきれいなタッチ、現実味のあるストーリー設定の漫画どちらかと多く、今でも名作となっている漫画がその当時のものが多かったと思います。その中でもゆるいストーリー、びっくりすぐらい適当なキャラクターが異色を放っていたと思います。主人公の山田太郎といういう名前自体が適当すぎるなと思いましたし、その主人公はラインスタンプなどでも今でも人気だと思います。見ると笑ってしまいますが。当時、ドラマでも西遊記がやっていて、リアルな西遊記が人気がったのを覚えています。そのため、西遊記自体が子どもたちにも人気だったので、西遊記をパロディ化したこの漫画より印象に残すことになったのだと思います。今でも40代の大人たちには人気の漫画として、この漫画の脱力感は思い出されますが、このような脱力系の漫画の基礎を作った漫画こそがこの珍遊記だったのだと思っています。
他の感想はこちら

30代男性

とにかく強烈な絵のタッチ、画面からはみ出す様な吹き出しのサイズと迫力。そしてとんでもないデザインと設定のキャラクターとあの頃のギャグ漫画の中では群を抜いたインパクトの漫画ではないでしょうか。ただの西遊記のオマージュと思うなかれ、全然内容が違います。まず玄奘がとんでもなくパワハラです。主人公で何か粗相があったら容赦なくピリピリの刑に処して懲らしめる。そのハードルが低すぎるのと、重すぎるペナルティにちょっとドン引きでしたね。また凄く金にもいやしくて10万円と言う金額の顔のインパクトは今でも時々画像検索する程です。そして太郎のあの傍若無人ぶりも半端じゃなく、たしかにあれだけ痛めつけないと野放しにしてはいけないキャラクターですね。元々悪事の限りを尽くしてきた彼ですから、それを更生させるのが目的で見事に役目を果たしていると言えば果たしてました。またバトル漫画の様相も呈していて、ザーマス達との対決ではギャグ漫画なのですが少し戦闘が面白かったです。ドラゴンボールもしょっちゅうパクっており、太郎に至っては○リーザ様のセリフをもろパクリで言ってたのは私も幼い頃真似しました。そして敵の倒し方、やられ方もなかなか過激で一応1つのジャンルを極めたギャグ漫画でしたね。

30代男性

何も考える事なく笑うことができるこれぞギャグマンガという王道だと思います。まず、主人公の山田太郎、銀行にいけばお手本に書いてある確率高めのわかりやすい名前、ジジイとババアというそのまんまの名前でつかまれてしまいます。しわしわ顔、かと思えばふっくらとしたかわいいキャラなど、それでいて何気に細かいところまでしっかり書き込まれている不思議な漫画。他にはない作風にこれが本に載るんだと衝撃をうけたことを思い出します、いわゆる冒険漫画なのでしょうけど話の展開はまったく読めません、細かいところに変なキャラが隠れていたりどんどん失礼ですが、どんどん描き殴っていったような感じの漫画なのに太郎がどんどん生き生きしてくるバランス感覚はすごいんだろうなと思います。歴史に残る問題作ぐらいな感覚はあります。子供だったら確実にツボにはまるいわゆる下品なギャグだらけの珍遊記、でもこれでどれだけ笑わせてもらったか子供のころには楽しませてもらいました。なんだか熱をかんじるほどの圧力の漫画だと思います。今の子供たちにも受け入れてもらえるかは疑問ではありますが、何も考えずにただ読んで笑ってほしい力の抜ける王道ギャグマンガです。

40代男性

マンガ珍遊来は私が小学校の頃に週刊少年ジャンプで連載されていたマンガです。珍遊記の一体何が面白いのか!?答えはギャップとオゲレツなギャグ、そして画力であります怖い顔した太郎が大安で仏のパワーを高めたサンゾウホウシと互角に渡り合う。そしてサンゾウホウシが勝つと同時に太郎はアホ顔になる。タイゾーという世界一の武闘家と戦う時にションベンを入れた瓶を太郎がプレゼントしてタイゾーは嘔吐する。。。爆笑です。そして何と言っても珍遊記は「画力」とおげれつなギャグで多くのFANを魅了してると言っても過言ではないと思います。気持ち悪い顔。う○こにち○こなど今の社会では放送、放映できない内容がてんこもり。特に「珍遊記」の面白さの全てを詰まったのが太郎の首を狙う賞金稼ぎ供とのバトル。太郎とわかるとアホ顔から気持ち悪い顔に変わっていく戦士たち。そして海外から太郎の首を取りにきたガンスとザマスとフンガーとカイカイ。名前の記憶は曖昧であるがこいつらの戦いは決して忘れる事はできないであろう。この戦いには漫・画太郎のギャップ。オゲレツギャグ・気持ち悪い画力の全てが詰まった戦いである。そしてなんと言っても当時の少年ジャンプで人気だったドラゴンボールのキャラセリフをパクっているのはこの漫画だからできる事なのである

40代男性

漫画太郎先生の有名な代表的作品である珍遊記はこれ以外はないかと思われます。一応天竺を目指す西遊記のオマージュとしている作品であるというところは、あまり知られていません。とにかく描写が激しく1ページ1コマのド迫力で終わらすというぐらい画面いっぱいに顔が広がる。そんなとてつもない画力を感じたのでした。他に漫画太郎先生以外では描くことができない絵に特徴のある絵で、変な顔がドアップで書かれているところで特に面白さが増幅されていました。画面いっぱい広がるその下ネタのオンパレード、うんこなどは当たり前、その他ち〇こやしわくちゃの乳首なども惜しみなく出している。そんな下ネタ漫画の王道で、楽しかったです。PTAが絶対に子供に読ませたくない漫画の筆頭にあったと思えるぐらい、汚い漫画ではありましたが、楽しく笑える唯一のギャグマンガでした。子供には同じシーンを何度も繰り返す笑いなどが特に面白く、何回も繰り返すシーンに抱腹絶倒でした。年老いた老婆やくたびれたおじいさんなど、普段見かけない苦悩の表情が面白く、私は尋常ならぬ表現に力を超えた芸術を感じたのです。慣れれば何ともないかもしれませんが、当時の少年の私は、いつも楽しみにしていたものです。

30代男性

小学生の時に読んで、衝撃を受けました。賛否両論あるかもですが、私は凄く好きな作品でした。出てくる人間の描写がとにかく印象に残るような画風でしたし、ギャグなんですが、どこかシリアスな展開もあって記憶に残っています。主人公の山田太郎と玄じょう(坊主)の不思議な間柄がとにかくよく、結局玄じょうの目的は何だったんだろう?と今でも疑問に思いますし、山田太郎が小さくなっても、暴れまわっていましたが、時々その当時流行っていたドラゴンボールのフリーザの台詞をまんまパクるのが笑撃でした。途中、主人公の山田太郎や玄じょうが一切出てこず、カイカイやザーマス、ガンスのほぼ三人で、ずっと話を進めていたのも印象的でした。結局三人共に何がしたかったのか?ちゃんとやれば山田太郎を葬る事が出来た気もしますが、結局変な終わリ方でメンバーが散り散りになったのも珍遊記らしいなと思いました。ただ、ザーマスが血まみれになって全裸でガンスの元に走っていく姿は、あまりにも不気味で少年誌の粋を越えていると当時は思いました。それから太郎と玄じょうが再びあってなんだかんだ、話が進んで終わりましたが、山田太郎と外人軍団と戦ったのが一番盛り上がっているなと思いました

珍遊記を1番安く読むならebookjapan


 
珍遊記の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「珍遊記」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
珍遊記を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます