進撃の巨人 attack on titan(漫画)(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「進撃の巨人 attack on titan」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「進撃の巨人 attack on titan」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

進撃の巨人 attack on titan全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「進撃の巨人 attack on titan」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「進撃の巨人 attack on titan」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

進撃の巨人 attack on titan全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

進撃の巨人 attack on titanの概要

作品名 進撃の巨人 attack on titan
作者 諫山創
出版社 講談社
掲載誌 別冊少年マガジン
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/121579/

あらすじ

21世紀の王道少年漫画
 
手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!!巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生!これが21世紀の王道少年漫画だ!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/121579/

感想

20代男性

最終巻まで読んだ上で、やはりこの漫画は一から最後まで全て、読者は作者さんの手の上で踊らされているような、そんな漫画だと思いました。あらすじはシンプルに、襲いかかってくる巨人を討伐する、と言うものだったのですが、物語が進んでいけば行くほど、じゃあその巨人は誰が作っているの?主人公の身体にはどんな秘密が眠っているの?そもそも壁ができた理由ってなに?等、物語が進んでいけば行くほど『そもそも』という部分がどんどんどんどん明らかになっていきます。少しずつサラリと明らかになっていく驚愕過ぎる展開にいつもドキドキさせられていて、一巻一巻目を離すことができませんでした。連載当初はSNSでは最終回はこうなるんじゃないか?という考察が大量に出ていましたが、最終回に進めば進むほど、その考察がことごとく裏切られていくので、そこも面白かったポイントだと思います。物語だけではなく、登場人物も愛される特徴がたくさんつまってます。巨人を駆逐するために成長していくエレン、エレンの幼馴染みで彼よりも才能のあるミカサ、同じく幼馴染みだけど体力よりも知力の方が高いアルミン、人類最強と言われる男リヴァイ、誰もが印象に残る行動と性格で、物語が進めば進むほどどんどん惹かれていきます。しかし、それと同時にキャラクター達に隠された様々な秘密もありますので、ここもまた進撃の巨人を語る上でのポイントだと思います。彼らの最後に待ち受けている物はなんかのか?是非ともその目で、結末を見届けてください!
他の感想はこちら

20代女性

本当に!大好きな作品です!とにかく伏線の嵐がすごい。何10話も前に少しだけでた何気ない伏線、キャラのちょっとした言動、それが最後でキレイにつながる。そして何よりも、舞台そのものの謎です。普通のマンガは「この世界はこれこれこういう世界です」という説明がなされると思いますが、進撃は「そもそもこの世界がなぜこうなったのか?」が謎で、それは最終話近くまで明かされません。世界に関するヒントが小出しにされていくものの、人間や巨人の謎や問題が降りかかる事で、普通に読んでると頭がキャパオーバーをおこして考えさせてくれません。なので考察サイトにお世話になりました。しかもエレン達に次々と悲劇に襲われるし、やっと小さな勝利をつかんでも代償があまりに大きすぎるし、絶望オブ絶望でメンタルが死にます。兵力はあっさり次々と死ぬし、簡単に味方さえも完全に信用ならない中で、それでもエレン達は這いつくばりながら進む。エレン達があまりに心配で、連載中は先の展開が気になってマガジンを買っていました。とにかくハラハラするし、でも考察が当たっていたらすごく嬉しかった。こんなに複雑で奥深い物語を、諌山先生はきれいに完結させました。エヴァンゲリオンのように間違いなく、マンガの歴史に残る作品です。似たマンガが他になく、エヴァっぽい作品が「エヴァっぽい」と言われるように、このような物語構造をもつマンガは「進撃っぽい」と言われるようになると思います。ジャンルを確立した。間違いなく、唯一無二でしょう。

20代女性

人類の想像を超えた漫画。これ以上の表現があるのでしょうか?私が最初に進撃の巨人を読んだのは学生の頃でした。ちょうどアニメ版の放映が始まった頃でもあり、ちょっとした「進撃ブーム」があったのです。当時の正直な感想としては「登場人物が多いし、話も壮大だし、なんだかよくわからないな」というものでした。しかしついこの間のことです。たまたま進撃の巨人を全巻読む機会があり、何となく手に取ってみました。当時は10巻ほどで読むのをやめていた進撃の巨人ですが、読み進める程にどんどん深みにハマっていく自分に驚きました。当時の自分に教えてあげたい!と思ったほどです。壁の中で暮らす人々とそれを食らう巨人という構図だけでも斬新だというのに、さらにそれを渦巻く陰謀や策略、各登場人物の心理描写・・・。ページを捲る度に裏切られる予想に何度声を上げたことか分かりません。また、個人の感想ではありますが、物語が進行していくうちにキャラクターの存在がただの「漫画のキャラクター」ではなく「その世界を生きる人々」という風に変わっていくのも面白い描写だと感じました。巨人と戦うなんて明らかに架空の物語なのに、キャラクター達は少し背筋がぞっとするくらい進撃の巨人の世界で”生きている”のです。家族のため、仲間のため・・・当人たちにとってはシンプルかつ当然の行動に、読者の心情はあっちへこっちへと忙しなく揺さぶられます。全34巻。漫画の完結作品としてはそれ程長くないかもしれません。しかしその中に詰め込まれている物語はページ数では比べることのできない程濃厚なものです。読んだことがない方も、途中まで読んでやめた方も、今一度主人公・エレンの生きた世界を追体験してみてはいかがでしょうか。

40代女性

第1巻発売当初から最終34巻までずっと追いかけ続けました。最初の1,2巻くらいはとにかく何が起こっているのか分からず、主人公は一体誰になるのかと思っていたらその先も怒濤の展開で、全く飽きずに読みました。とにかく出てくる巨人が怖いです。人のようで人でない見た目に不可思議な動き、どんどん作家さんの画力が上がっていってると思いますが、逆に最初の頃のアンバランスな絵の巨人もとても味があって良いです。最初のうちは人対巨人の話かと思っていたけど、途中からそんな単純な話でないことが分かり、ただ戦うだけではなく、どうして戦うのか、どうやって戦うのか、戦った先に何があるのか、一緒に考えさせられました。話が込み入ってからはだんだんと理解するのにも時間がかかり、必ず2,3冊戻ってもう一度読み返していました。後半になっても予想がつかず、最終巻の最後の話を読むまで展開が読めませんでした。最後まで読んで感じたのは、巨人は出てくるけれど結局戦争を起こすのは人間であり、そういう意味では現実世界とリンクする部分もあるのではないかということ、時が経てば結局何回も戦いを繰り返してしまうこと、それでも平和な世界を目指して生きる人たちがたくさんいるということだと思います。

10代男性

進撃の巨人の一巻から最終巻まで読んだ感想としては、一言で一番面白いと言える漫画でした。まず最初のインパクトの強さは他の漫画にはない面白さと言えるでしょう。そして、一話から最終回などの数々の伏線回収が面白いと考える人は多いでしょう。私の一番面白いと思ったシーンは、人間と巨人の対決ではなく、人間同士の戦いがすごくしびれる展開となっていました。単なる対決ではなく人間の悪いところが両方に出ており、現実でも考えさせられる物語となっており、非常に楽しく読ませていただきました。もう一つ面白いと思ったシーンがあり、それは女型の巨人との戦闘シーンでした。このシーンは一般的に見ても、人気のシーンとなっており、ハラハラ感などが一番主張できる戦いになっておりました。急展開や感動するシーンや戦闘シーンなども盛りだくさんですごく面白かったです。全体的に面白くなかったというシーンは特になく全てのシーンがそれぞれに違った展開や良いところがあり、飽きないような素晴らしい作品と私は考えています。この作品は最終回を迎えており、ものすごく寂しい気持ちに苛まれていますが、このマンガに出会えたことを感謝しています。もう一度一話から最終話まで読んでいきたいと思います。

20代男性

私は、進撃の巨人を割と初めの方から追っていたのですが、最初は超大型巨人を倒せば平和になったり、この世界は小さな一つの壁内だけの世界であると思っていました。今思えば、完全に作者の思惑通りになっていたなと、さすがだなと思わされました。後半になるにつれ、巨人の正体が明らかなになっていったり、特にライナーが鎧の巨人であり、ベルトルトが超大型巨人と明かしたときには、エレンのように何を言っているんだと思わされました。世界観に浸りこめるのも、この作品の素晴らしいところだと思います。物語が終盤になるにつれ、誰が正解で悪いのか、敵が一人もいないんじゃないかと思わされるようになりました。それぞれが己の正義のために命を懸けて戦っている。しかも、すごいのがどのキャラクターの心情も共感してしまうということです。そして、敵同士だった者たちが協力し合うようになり、間でお互いの気持ち考え方や環境などを知っていくことで、理解し合うという展開も素晴らしいなと思いました。そして、主人公であるエレンがまさかの悪人になったかと思えば、大切な仲間のために自分を犠牲にしていたこと、ここでもまた作者の読み手に対する思わせる技術にハマってしまい終盤でもやられたと思わされました。この漫画では主人公の恋というものがなかったのですが、最後の最後に自分の恋心を打ち明けるシーンでは、やはりエレンも一人の何気ない人間だったんだなと思わされました。あの若さでとてつもない決断を迫られ、しかもそれが、結果の決まってしまっているものという絶望、これほどまでに普通に生きてほしかったキャラクターはいません。そして、最後の特別ページでは平和になったかと思いきや、歴史は繰り返される、人とは忘れないようにしようとしてもいつかは記憶は薄まり、同じ過ちをおかしてしまう、そんな生き物なんだなと思いました。また、これは世界の人々に対するメッセージでもあると、ネットでのコメントなどで見たことがありますが、今の世界に1つの考え方をもたらすきっかけになる素晴らしい漫画だなと思いました。

進撃の巨人 attack on titanを1番安く読むならebookjapan


 
進撃の巨人 attack on titanの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「進撃の巨人 attack on titan」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
進撃の巨人 attack on titanを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます