ザ・ファブル(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「ザ・ファブル」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「ザ・ファブル」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ザ・ファブル全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「ザ・ファブル」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「ザ・ファブル」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ザ・ファブル全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

ザ・ファブルの概要

作品名 ザ・ファブル
作者 南勝久
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
ジャンル アクションコメディ

あらすじ

南勝久、銃撃最新作!!!
 
“寓話”と呼ばれし、風変わりな“殺しの天才”が、この町の片隅にひっそりと棲んでいる──。殺しのプロとして“一般人”になりきれ! 野蛮で、滑稽な、大阪DAYS。『ナニワトモアレ』&『なにわ友あれ』の南勝久、銃撃最新作!!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/305819/A001513729/

感想

30代女性

まず1巻を読んで面白すぎて、続きが気になって止まらなくなり、3日ほどで一気に読んでしまいました。とても強いのに暗殺の力が長けすぎていて一般人の私生活を送ることが難しいというのが面白いなと思いました。強さを隠して弱いふりをするところもとても見ていてワクワクというか、そんな気分に近い感情でした。そして、私が特に好きなのは妹の設定のゆうこです。あんなに可愛くてお酒が強くて頭も良い女の子が実在したらどれだけモテるんだろうと女の私でも大好きでした。特にお酒の場の楽しみ方が本当に面白くて声を出して笑ってしまいました。この漫画はユーモアもすごくて、漫画を読んで声を出して笑ったのは初めてでした。みんな面白くてとくに主人公の書く絵も、いい味が出ていて本当にこっちまでプルプルとふるえてしまうほどでした。とても面白い場面も沢山あるけど、修羅場的なところはハラハラしたりドキドキしたりして、でも、桁違いの強さを見せてくれるので安心感があるというかヒーローというか、普通のストーリーだと主人公はミスをして絶体絶命!みたいなシーンもなくて、もうほんとに完璧すぎる暗殺者で、本当に面白いというかドハマりしてしまいました。
他の感想はこちら

50代男性

「ファブル」と言う名前は所謂殺し屋のコードネームの事で、ファブルは幼いころからボスの指導を受けながら数々の人間を暗殺してきました。しかし、彼の正体が暴かれるのを恐れたボスは「1年間大阪に住み、その間は誰も殺さず一般人として普通に暮らせ」と指示します。そしてファブルは「佐藤明」という名前を与えられ、ボスと古くからの付き合いである暴力団「真黒組」の庇護の元、一般人として大阪で生活を始めると言った物語ですが、当然ファブルの周りでは数々の事件が起きるのですが、その事件の解決方法のどれを取ってもカッコ良く読み手を飽きさせません。そういった感じで、ファブルはアクションシーンがウリの漫画ではあるのですが、そのアクションの合間にちょこちょこと少しふざけた話も多く、私は特に洋子(ファブルと同居する姉役)の出てくる話が好きで、彼女は見た目は亡くなられた坂口良子さんにそっくりな美人なのですが、酒がめっぽう強く飲み屋で寄って来た男性を飲み負かすなんて言う話は相当笑わせてもらいました。彼女のシーンでもそうですが、この漫画は絵での感情表現の出し方が凄く上手なので、人々の考えが絵を見ているだけですぐに分かり、本当に読みやすい漫画だと思いますので是非一読されることを強くおすすめします。

30代男性

マジで面白いです。任侠道、バーのマスター、チャラ男などなどユニークなキャラクターが数多く出てきてそれぞれでストーリーがあったり、真面目な話の中にもギャグが出てきたりで飽きないで最終巻まで読めました。その中でも主人公は格別に笑えます。クールなんだけどどこか抜けてて、でも最強の殺し屋。気持ちの切り替え時には変顔。どこまでが本気でどこまでがギャグなのか、本人からしたら全て本気なんだろうけど(笑)ヤクザの中にも料理好きな頭がいたり、殺し屋に憧れたり、バリバリヤクザしてるのもいたり、コスプレ好きがいたり(笑)自分としてはヤクザの中ではこのコスプレ好きのヤクザが一番笑えました。あとは忘れてはならないのがカタギの職場であるオクトパス。元グラドルがいたりストーカーがいたりでなかなか濃い職場でした。ストーカーの死はちょっと衝撃でしたが社長の人情には泣かされるところもあります。たまに調子に乗りすぎてヤクザなのボコられるところもありましたが、若い女の子には優しいお父さん的な部分も見せてくれてヤクザの話が激しい分すごく暖かい気持ちになりました。始めの時給は鬼畜ですがちゃんと評価はしてくれて認めてくれた分時給もUPしていたので良かったです。何度もリピートして読みたくなる漫画でした。

20代女性

2021年で読んだ漫画の中で一番おもしろく、何度も読み返したくなる漫画です。最初は主人公の佐藤アキラのキャラクターに馴染めず、あんまり好きになれなかったが、漫画を読み進めるごとに佐藤アキラの話し方が癖になり、最新巻まで読んでいく中で好きになりすぎていた自分に気がつきました。特に好きなのは佐藤アキラが自分の気持ちにじわじわと気づいていくところです。感情を持たない殺し屋だった人が、普通の人たちと普通の生活をして毎日を過ごしていく中で、人間らしい感情(特に恋心)を持ち始めるところが読者としてもキュンキュンしました。あとは地味に仮の妹役の佐藤洋子が良いキャラをしていて、彼女が作るご飯を食べてみたいなあと読むたびに思います。佐藤洋子も何を考えているのか掴みづらいキャラクターではあるのですが、最初から最後までブレない性格で見ていると思わず声に出して笑ってしまうようなシーンがたくさんありました。もちろん殺し屋がテーマの漫画なので、ハラハラドキドキするシーンがたくさんあり、シンプルに物語としておもしろすぎるので、キャラクター性だけではなく、映画やドラマが好きな人でも楽しめる漫画だと思います。1年に1回は最初から読み返したくなる、私の大好きな漫画です。

40代男性

職業が殺し屋という普通の人が想像出来ないことを仕事にしている上、若い頃から殺し屋としての英才教育を受けてきているにも関わらず主人公はどこか抜けていて面白い。ターゲットとなった相手に対しては必ず仕事をこなしますが、普段は全くの無害。このギャップも面白くて好きです。色々な人との関わりをもつことで普通の人がしている普通の生活にも興味を覚えそれを自分なりに試していこうとしているところもとても可愛く憎めない主人公です。主人公以外にもキャラがたっている人が何人もいてそれぞれの物語やそれぞれの気持ちを描きながらのストーリーの展開もとても面白いと思います。ネタバレになるので詳しい内容は言えませんが妹の飲みに行くシーンでの相手とのかけひきの描写は本気で笑えて好きです。また主人公を神のように尊敬しヤクザでありながら自分も殺し屋になりたいと願うキャラがいるのですが、そのキャラクターも必死についていくさま、そしてその時の気持ちがよく描かれていて読んでいてこれもよく笑えます。ファブルという秘密の組織である殺し屋軍団。何人いてどんなことをやっているかなど全てが不明な組織の一員でこれだけ読めば怖い漫画かなと思いがちですが、読めば時々ハラハラ、時々笑い。必ずはまる面白い漫画でした。

30代女性

伝説と言われる暗殺者グループの中でも天才と言われる主人公が、小さな町で当たり前のように平凡な明日が来ることの喜びを知り、誰かを大切にするという感覚を覚えていく。非日常的な設定なのにどこかリアリティがあって、緊張感があるのにシュールでゆるい、その緩急でのめり込み一気読みしました。本当におもしろかった!主人公がとにかく最強なのもいい!わりと多くのキャラクターが出てきますが、実在してほしい、してるんじゃないか?と思えるほどみんなキャラがしっかりと作り込まれていると思います。愛着わきまくりました。規律のある縦社会のヤクザと、そんなことは意に介さない唯我独尊の殺し屋たち。相容れない一線はあるんだけど、小さな町の中で絶妙に絡み合い、友情のような家族のような温かい絆を感じられるところも見所。もちろん多少暴力的なシーンはありますが、みんなそれぞれの思いを背負って戦っているので、グロさみたいなものは感じませんでした。主人公は暗殺者でありながら守るための戦いをしているからかもしれません。戦闘シーンでは時々どうなってるんだ?と読み取りにくい場面もありますが迫力があります。とにかく一巻を読んでみれば、読み終わる頃にはハマっているのではないかと思います。第二部にも期待大です!

20代女性

難しい心理戦・頭脳戦や、凝った設定などがなく実にストレスなく読める爽快漫画である。主人公及び周囲の友好的な人物にはほとんどと言って良いほど不幸にはならず、悪人は罰する勧善懲悪系で、その上ワンパターンにはならず飽きずに読み進めることができる非常に良い作品だ。主人公最強系漫画はこれまでにも多く出ているが、「ザ・ファブル」の主人公は無自覚だったり、わざとらしく自分の能力を他人にひけらかす事なく、あくまで「仕事として」一般人に溶け込む姿はとても健気で慎ましい。裏社会ものと言えば小難しい話が出がちだが、そんなシーンはほとんどない。絵柄だけ見るとリアル寄りで近寄り難い雰囲気を漂わせているが、内容は大部分がギャグ調で描かれていて非常に読者の心理的負担が少ない。また、性的要素や胸糞要素が少ない所も好感が持てる。昨今の漫画ではそういう要素を多く盛り込む事で読者の気を引く風潮があるが、本来の漫画の面白さとはかけ離れてしまってあまり健全では無いと言える。また、主人公とは別にサブ主人公「ヨウコ」が主人公と並行して別のストーリー展開を繰り出している所も非常に見所である。最後に「一般人のフリをする」という仕事を始めてからの主人公の心境の変化と、周りを取り囲む環境の変化、そして仕事を終えてから告げられる事実は読者に大きな衝撃を与えるほどではないものの、非常に満足の出来る結末だった。

30代女性

コメディー感のある漫画で、クスっと笑う場面がたくさんあります。主人公は殺し屋の男性、ある日ボスから「普通の生活をしろ」と指令が下り「普通の生活」をしているがいろいろと問題に巻き込まれてしまう。主人公はボスに命じられたように人を殺さないよう普通の生活をしつつ、問題に立ち向かうい解決していくストーリー。殺し屋・ヤクザなど裏社会の人々がたくさん登場するが、グロテスクなシーン少なく、むしろ面白いシーンが多いです。出てくる人たちはみんな個性的で狂っている人たちが多いが人間味があります。ハラハラするシーンもありドキドキしながらワクワクしながら読み進めることが出来ます。いろいろと面白いシーンがたくさんありますが、わたしは妹役として一緒にくらしているヨウコのお酒を飲むストーリが最高に好きです。描写も面白いし、ヨウコの性格が最高に面白いので本編のブレイクタイムとして楽しめるストーリーです。主人公以外にも殺し屋が何人か出てきて、ザ悪人といえる殺し屋もいれば、人情あふれる愉快な殺し屋も出てきて無表情無感情ながらに感情が動いている感じや人情感が感じられるシーンがあり心の動きや心理戦も面白いです。主人公の絵柄はイケメンといえるような風貌ではなく、変り者で表情も少ないですが、立ち回りや生き方、人に対する接し方に惚れます。

30代女性

マンガの表紙を見た時はただの青年漫画で暴力的で戦うだけの話かと思っていた。実際に読んでみたら設定が元殺し屋という強烈なインパクトで随所にギャグ要素が入り混じっていてとても面白かった。ファブルの過去も少しずつ回想シーンなどで露わになってくるし、他の登場人物もなかなか味がある。バイト先の社長に至っては、ただの親切でいい人だった。私が一番好きなシーンは佐藤兄妹とバイト先の社長とファブルの家で飲んで社長が酔って寝落ちした時に、妹設定のようこが社長を見て最初は面白がっているのだが、社長が目を覚まし、酔いながらも一生懸命に、ようこを布団に連れて行って寝かせようとする場面。まさにお父さんだ。ようこにも色んな過去があるようでそれはまたこれから出てくるだろうけど、ファブルにお父さんを思い出しちゃった、という台詞を言うのだが、そこで私は危うく涙が出そうになった。青年漫画でこれだけ感情を揺さぶられるとは思わなかった。完全に舐めていた。ファブルと兄妹という設定で隣の家で暮らしているようこも、女性だけど強くてカッコイイ。男を酒に酔わせるのが好きで、いろんな男が無様に酔っぱらっていく過程を共に楽しめるのもお薦めポイントの一つ。あとはファブルの常識や絵心がないところもすごく和む。壮絶な過去だったのでそりゃそうなるよな…と悲しくなりつつ、本人は至って真剣に行動しているギャップがとても愛おしく思える。とにかく面白い漫画なので是非読んでほしい。

30代男性

レジェンド級とも言える凄腕殺し屋が一般人として復帰しようとする設定からしてまず面白い漫画です。主人公のファブルこと佐藤明が、身体能力や武器の使い方など、敵を圧倒する実力を発揮しつつも、とどめを刺せなくなった時、ボスが「合格」と言ってくれたことはとても感動的でしたね。ボスがファブルを、殺し屋の世界から足を洗わせてやろうと見守っていたことが明らかになったからです。ボスだけでなく、パートナーの洋子、恋人のミサキと、彼を優しく見守ってくれる人物がたくさんいます。このことは、ファブルが大阪の街に移り住んで、殺し屋をやめることと引き換えに築き上げた、何物にも替えがたい大切な財産なのだろうと思いました。個人的に、人間は孤独に耐えられない生きものだと感じています。その点において、殺し屋というかなり孤独寄りの世界に身を置いていたファブルが、一般人として復帰するのに重要なのは、孤独からの脱却だったのでしょう。その点で、人情深い大阪の街にファブルが住むように手配してくれたボスの深い配慮まで感じてしまいますね。主人公が殺し屋なのに、凄惨な場面がほとんどなく、温かい気持ちに包まれる不思議な魅力を持っている漫画でした。

50代男性

究極の暗殺能力を持つ殺し屋が、市井の一市民の中に潜伏して生活する様子を描くという設定が先ず特異だと思える。ややもすれば現代の日本においてリアリティを出す事が難しい筈のこの設定にも関わらず、一般常識を欠いた主人公の行い・言動がナチュラルなギャグとして確かなおかしさをもたらしている。主人公を取り巻くアルバイト先の人々や、住居を提供している地元の任侠組織の面々との関係も、生起する出来事を通じて信頼を得ていく様が精緻に描写されている点も読み手を飽きさせない。殺し屋家業は休業中とは言え、自分自身に降りかかる火の粉や、同じアルバイト先のヒロインに起こる危機、住居を提供してくれている任侠組織への多勢力からの攻撃など、よく練り込まれたストーリーによって、テンポのよいアクションが展開される。と同時にそれらを通して主人公が元々は持ち合わせていなかった人間的な感情を身に着けていき、人としての他人への親愛の情を感じるように変化していく描写が秀逸である。これによって本作は単なるアクションものの範疇に収まりきらない世界観と、キャラクターの魅力を感じさせ、多くの読者が味わった事がないであろう不思議な読後の清涼感を感じすにはいられない。

30代女性

最初絵があまり受け付けない雰囲気だったので敬遠していたのがもったいないほど最近読んだマンガの中では面白かった。何度も絵で避けたら面白いマンガを見逃すことは経験しているのになぜ自分は避けていたのだろうか。まず天才暗殺者が普通の生活を過ごそうとする話だが、出てくるキャラクターが軒並み魅力的なことがこの漫画の一番の魅力だろう。敵も味方もなんならちょっと出てくるバーのマスターでさえ魅力的に描かれている。ちなみに私の一番の推しはたこ社長なので、ミサキの気持ちがすごくよくわかる。この漫画の中では普通の人はとことん普通に描かれるのたが、その中でもたこ社長は特に普通の優しさをもって主人公に普通に接しておりその環境の中で主人公も少しの変化する話の展開が大変熱い。主人公は普通とはずれながらも普通に過ごそうとするのだが敵となる人物が現れたりなかなか平穏にとはいかない。しかし主人公の圧倒的強さが読者に安心感を与えていると思う。話の展開にハラハラしないわけではないのだが、ここまで主人公が嫌味なく強いと読んでいてとてもすっきりする。なかなか日常では圧倒的に何か優れることはないが、漫画の中では読者にその圧倒感を与えてくれることも魅力の一つだろう。絵が結構クラシックな感じなのでまた避けている人もいるだろうが読んで損はないマンガなのでぜひ1巻だけでも手に取って読んでみてほしい。

30代女性

この漫画は、超一流のプロの殺し屋の主人公とその助手の女性が組織のボスの命令で一年間殺し屋の仕事を休業して、兄妹として大阪で普通の生活をするお話です。殺し屋のお話だと聞いていたので、シリアスなアクションものだと思っていたのですが、けっこうギャグ要素が多く、くすっと笑える部分もたくさんあります。主人公の佐藤明(仮名)は今まで一般人として生活したこと経験がないので、一般的な暮らしや感覚のずれが随所で出てきて、そのずれ具合がなかなか面白くて笑えます。明はお笑い芸人のジャッカル富岡が大好きで、ジャッカル絡むと大笑いし、健気に出演番組をチェックして応援しているところが少し可愛く見えてきます。また妹の洋子(仮名)はかなりの酒豪で言い寄ってくる男に飲ませては、そのべろべろに寄った様をけらけら笑って楽しんでいて、その小悪魔っぷりと男たちの翻弄ぶりがまた見ていて面白いです。佐藤兄妹が大阪で暮らす家は、暴力団の組織、真黒組の所有物件なので、数々のトラブルにも巻き込まれるので、アクションシーンもありますが、グロテスクなシーンはそれほど多くないので、女性の私でも読みやすいです。真黒組の内部抗争や恋愛も少しお話に絡んでくるので、シリアスな場面もあります。殺し屋の話だから怖そう、グロそうと敬遠している人にはぜひ騙されたと思って一度読んでもらいたいです。

30代女性

1巻から最新巻まで数日でいっきに読んでしまうほど面白かったです。広告で見たときは絵が男性漫画っぽくて読みにくいのかなと思っていましたが、読み始めてみるとそんな事ありませんでした。女性にも読みやすい漫画だと思います。主人公は殺し屋ですが、なぜか憎めない逆に仲良くなりたいなと思ってしまうキャラクターでした。途中から何人も同じ組織出身の殺し屋達が出てきますが彼らも見た目とは違い味のある面白いキャラクターでわたしは途中キャラクターが増えると誰が誰かわからなくなって飽きる事がありますが、キャラクターが増えてもそれぞれが個性的すぎるため飽きなかったです。途中妹として一緒にくらしている殺し屋の女性が暇つぶしに男の下心を利用して酔わせて潰したりする場面は女性として共感できるところもあり、スカッとしました。男性向けの漫画によくある女性を見下したりするような場面もなく老若男女読みやすい漫画だと思います。基本的には殺し屋の話なのに、何話かに1回は人情的で涙ありだったり、ラブラブな恋愛の話だったり、シリアスな冷酷な話だったりで結構巻数が多いですが楽しくずっと読み続けられました。あと、キャンプがしたくなりました。

30代男性

最初にファブルを知ったのは漫画アプリの無料試し読みで読んだのが最初でした。殺し屋を題材した内容で面白そうだと思って読み始めました。個人的に漫画では喧嘩物や裏社会のものを読んだりしてたので、興味がある題材だったため、試し読みしてみたのですが、一巻目から惹きつけられ、どんどん読み進んでいる自分がいました。主人公は何を考えているかわからない、ミステリアスな存在でしたが、読み進めていくと主人公の人柄にどんどん惹かれていき、主人公を取り巻く環境や他者とのつながり、人間関係が読んでいてとても面白いです!最強の殺し屋ならではの悩みや主人公に襲い掛かる様々な問題や事件にどんどん漫画の世界観に惹かれていき、「ザ・ファブル」の大ファンになりました!しかもシリアスな物語なのに要所要所にユーモアが混じり、不意に笑ってしまうなど、誰でも楽しめる漫画だと思います!自分的に主人公の妹が繰り広げるお酒にまつわるエピソードはいつ見ても、声を出して笑ってしまうところです!何度も何度も一巻から読み返してしまう漫画に出会ったのは久しぶりでした。いつも最新刊が出るのを今か今かと楽しみにしています。この漫画は本当に面白く、老若男女関係なく楽しめる漫画だと思います。

30代男性

最初に作者の方がこのストーリーを考える時に、ただ最強の殺し屋ではひねりがないと言っていたそうですが何が何でももう人を手にかけたりはしないと言うそのスタンスが自分的には最高にハマって面白いですね。佐藤明の実力が常人より遥かにずば抜けてるからなのが前提ですが。それでいて実はけっこう天然と言うか、ゆったりした性格なのが魅力的です。ガツガツしてないと言うか、本当の姿は穏やかなんだなと。そんな明だからこそミサキも惹かれたんだと思いますね。普通に出会ったらさすがに恐ろしすぎる明の事なんか関われないとは思いますが、トラブルに巻き込まれたのが幸か不幸か結果明とくっつく事ができて本当に良かったです。後からとはいえ、殺し屋である事や全ての事情を聞いたうえであんな風に一緒にいれるなんて本当に心の優しい子なんだと思いますしあんな女性がいたらいいなあと思わされるある意味最強の女性ですね。洋子も凄くバランスの良いキャラクターで、明に次いで強いのはまずその美しい外見とのギャップでめちゃくちゃ良いですしやはり暇つぶしの相手を探すときの彼女の姿が1番好きです。エモノを見つけお酒で潰して心から笑うところを見るのが、こちらも見てて腹の底から楽しいですね。アザミやユーカリも穏やかになってきてて明達と気が合いますしいつまでも見ていたいマンガです。

40代男性

まず、「ファブル」という言葉がどういう意味かを知らなかったので、タイトルで興味をそそれられました。読んでみると、アウトローな主人公の漫画なのですが、普通の生活を目指す内容のストーリーで新鮮でした。主人公が能力を隠して生活をする、といった内容のストーリーはしばしば見るのですがこの作品は作者がまるでその世界にいたのではないかと錯覚するほどに緻密に練られています。特に極道の世界の描写は、まるで自分がその場を覗き見しているようなリアリティさです。読むほどに引き込まれ、次の話が気になって仕方がありませんでした。そのストーリーの中でも、妹「ヨウコ」のストーリーがまたいいスパイスになっています。シリアスな内容が続くストーリーですが、一服の清涼剤か、箸休めか、息抜きか。この「ヨウコ」をとりまくストーリーがうまく効いてます。いつも「お酒」絡みのストーリーなのですが、ファンの中にはこのストーリーが一番好きという人も少なくないようです。敵だった登場人物が味方になるストーリーはよく見ますが、「佐藤」はボスに命じられているため敵は殺しません。(ストーリーの中では死人が多く出ますが)主人公が人を殺さないことが初めから終わりまで一貫しているので、他のアウトロー漫画よりも妙な安心感がありました。(はらはらドキドキはしますが)アウトロー漫画でもちょっと毛色の違う漫画を読んでみたい、といった方にはオススメです。

40代男性

主人公アキラ、妹(?)ようこ、伝説の殺し屋が一般生活になじんでいく姿が面白い。とくに世間一般の常識がまったく通じないアキラの素の会話、行動、分析。ストーリーも展開が早く、登場人物が他の漫画にあるような似たものがでてくることがなくわかりやすい。戦闘シーンはもちろん、日常生活のなかでのプロフェッショナブルな行動の中にふんだんに盛り込まれた笑い。殺し屋の漫画でこれだけ笑える作品もあまりありません。リアルな内容、現実離れしていない登場人物の能力、近年でこれだけ読み返した漫画はキングダム、ドンケツ、ファブルの三作品のみ。ハラハラさせられる場面でも露骨な超人的能力で回避ではなく伝説の殺し屋ならではの対応。恋愛にうとい主人公の恋の行方、妹の今後、真黒組の行方、ライバルとの関係など、まだまだ気になることは多いまま終了、かと思いきやファブル2がはじまり、さらに深い展開がくりひろげられていく。何度読み返しても笑える、笑えます。腹よじれるくらい。電車の中では読まないほうがいいです。間違いなく周りから人がいなくなります。アキラに、ようこ、クロちゃん、若頭、たこ社長、人間味あふれる登場人物に愛着がもてます。特に武器など知識なども必要なく単純に楽しめる作品です。

50代男性

大阪の街で暮らすにあたって、ホントにコレで暮らしていけるのだろうかと徐々に心配になるほどトラブルに巻き込まれていく2人。ただ解決に向かうときの行動力はさすがとしか言いようがない。後半のウツボや組長殺害あたりからハードルはとんでもなく上がり、プロ同士の戦いなので神経をすり減らすような緊張感がたまらなく良かったです。その緊張が「さあクライマックスにこの後行きますよ」の直前になぜか頭の整理・集中のルーティーンが行われるので吹き出してしまうのですが。ミサキを助けたときも嘘つかなきゃと取り繕うときに誰にも伝わらない小芝居を始めたりと緊張感のない主人公。まぁそれがバイオレンスの苦手な人でもあそこのシーンなら見られると思います。逆にアキラがいない時の悪役キャラクター達の性格が際立つバイオレンスシーンは壮絶としか言えないでしょう。ウツボの計画を聞いてるだけでも殺害シーンがなくても身の毛がよだつ思いです。貝沼を半端な始末の仕方をした為、口封じされる井崎。車内の暗殺シーンが直接描かれてない分だけスゴイ怖かったです。 最後のユーカリとアザミの能力も組織の中ではかなり有能なことを伺わせるシーンがあり、アキラが対峙したらヤバイな…無傷では済まないぞ コレと思わせるものがあります。最後はボスの命令通り殺さずに引退し、暮らしていく。とてもキレイなハッピーエンドでした。

30代男性

一流の殺し屋がわけあって殺し屋から一般人になるっていうお話。殺し屋の話だからてっきりそういう殺戮シーンとかたくさん出てくるのかと思いきや、殺し屋なのに人を殺さないんだからシュチュエーション的におもしろくていい感じの作品です。個人的には漫画作品として自分はトップ5には入る作品だと思っています。それくらいおもしろかったです。絵もとても綺麗で登場人物もみんな個性的でおもしろく、主人公は最強の殺し屋なのに殺し屋休業した途端こうもおもしろいコメディタッチな日常になるのかとクスっと笑わされてしまいます。それもそのはず、彼らからしたら普通の日常が慣れてない世界観なんですから、私達がいきなり殺し屋の世界でいきろといわれたら変な動きにもなりますよね。コミカルなシーンがおおいから殺し屋を題材にしても暗くなり過ぎず、女性にも読みやすい内容になっているとおもいますんでぜひよんでほしいです。映画化もされるくらいおもしろいんで、ぜひ両方楽しんでみるのもいいかも。そして、コミカルの後に見せる真剣な殺し屋の部分がなんとも緩急をうまく使っている作品だなぁともおもいましたね。後、個人的にはヨウコとタコ社長のエピソードがおもしろくてとても好きです。

30代男性

私がこの漫画を読んだのは、実写版の映画が話題となった後で、実際映画を鑑賞した後に読んだのですが、それでも寝るのを忘れるほどに夢中になって読み進めてしまった、とても魅力に富んだ作品でした。この漫画の第一の魅力は、何といっても強すぎる主人公佐藤アキラでしょう。見た目は普通なのに、最強の殺し屋で、しかも普段から実力を隠している点が良いですね。特に男性にとっては、自分を重ね合わせるのに最高な設定のキャラクターだと思います。しかも大阪が舞台ということもあるのでしょうが、殺し屋の世界しか知らなかった主人公と一般人との価値観がずれていて、そのギャップからもたらされる笑いが、ストーリー全体に程よいスパイスとして振り撒かれています。特に佐藤アキラが一般人に溶け込もうと懸命なあまり、かえって目立ってしまう失敗は笑えましたね。あとどの人気漫画にも共通することでしょうが、脇役的なキャラクターにも魅力的な人物が多いのも、この作品が多くの人々の支持を受けている秘訣だと思います。とりわけ悪役陣が、分かりやすい悪党たちで、主人公に成敗されることで痛快感を演出してくれる点は、この漫画の面白さの影の功労者なんじゃないかと思っています。

30代女性

殺し屋が普通の暮らしをしてみたら・・・みたいなお話。映画化もされるくらいの大人気な作品となっています。普段殺し屋しているやつらが私生活にまぎれこんだらこんなに面白くなるんだろうかっていうくらい面白くて。確かにいままで、殺ししかしてこなかったんだから何をしていいかさっぱりわからない感覚は私が仕事を急に辞めて明日から何もすることがなくなるようなそれに似ているんだろうな。殺し屋の主人公たちからしたら普通の日常が斬新で不慣れでそして面白くて見ていて笑えます。でも、なんやかんやで殺し屋の職業病が残っていて色んな事に巻き込まれていく感じはすごくおもしろいし、続きはどうなるんだろうってスラスラ読めてしまいます。話もとてもおもしろいから今後の展開がきになってしょうない。いろんな視点で見れるからおもしろいし、シリアスなシーンになったと思ったらギャグの雰囲気もあったりと緩急がすごいですね。この緩急にはもう見事にやられてしまいます。最強の殺し屋のはずなのに・・・こんな面白くなるなんてこの漫画凄すぎます。漫画ってこんなにワクワクして読めるんですね。漫画の素晴らしさを久しぶりにわからせてくれるような素晴らしい作品です。

30代男性

バトルものが好きな自分としては最高に好きなマンガです。明があまりにも圧倒的すぎますが周りのキャラクターが面白いのでそれでバランスがとれてる感じですね。で、真面目に描いてますがあの絵がツボです。ホントに心が純真なんだなと。あの会社に入って社長と出会ったのも何かの縁なんでしょう。懐の深い、気さくで優しい社長ですしどうやらヨウコも彼に惹かれてるんじゃないかなと思ってます。まだ二人の素性は詳しく描かれていませんが、想像ですがヨウコにしたら父親の様な温かい存在なんだと思いますね。だから、密かに惚れてるんじゃないかなと予想します。明は既に幸せになってますし、恋の方も気になります。何気にアザミはヨウコを案外好きなんじゃないかなと言う気はしますが、三角関係なんかにもなっても面白いですね。そしてそのヨウコもとんでもない強さときたもんだからまた興奮します。ある程度の腕前の殺し屋なら簡単に撃退するところにカッコ良さを感じました。そして二人のボス。謎に包まれすぎですが、明をあれだけ仕込んだ人物で社会に馴染まなかったら明を殺すとか言うくらいなのですから唯一明より強い人物なんじゃないでしょうか。いつ登場するのか楽しみです!

20代男性

プロの殺し屋(通称)ファブルが暗殺稼業を休んで一般人になりきる物語が暗殺者系の漫画としては新しいと感じました。バトル・アクション系の漫画であるにもかかわらず、主人公のかっこよさがないところも魅力の1つだと思います。これといった特徴がない普通の顔にやや変な関西弁、銃の扱いや体捌きはさすが殺し屋と言ったところではあるが、猫舌、家の中では常に裸、おもしろいのかよく分からない芸人(ジャッカル富岡)で爆笑する等、およそ主人公とは思えない特徴がおもしろいです。また、ヨーコやミサキちゃんのややセクシーな描写も惹きこまれます。戦闘シーンについては殺し屋たる所以が伺える描写が多く、特に窮地に陥ることなく無感情に制していくシーンは面白いです。ファブルを取り巻く人間関係が個人的にはやや複雑かなと感じました。特にファブルと関わりのない筋者が登場したりすると、何回も繰り返して読み直して、登場人物の把握に努めるようにしています。また、ファブル自身は殺しを禁じられているのに、ファブルの周辺環境は殺しが横行しているというのが、皮肉だなと思います。あと、大阪物騒すぎるやろとも思いました。漫画のタイトルが「ザ・ファブル」だからなのか、あらすじの「ザ・○○」がしつこいなと思いました。

30代女性

あきらが一年間、一般人として不自然な感じで、まわりと溶け込む様子がおもしろい。猫舌で、熱いものを食べた時のリアクションや、焼き魚を頭から食べてしまう不自然さがおもしろい!家では、全裸で、ベッドには変わり身を置いて、浴槽で寝る様子が斬新である。どんな敵でも6秒以内に殺すといわれる、身体能力が抜群で、強すぎる場面が、スカッとする。アクションがすごく、あきらの強みであり、とてもかっこいい。絵が苦手で、下手であるが、独特な絵に味があると評価され、仕事でのイラストを一部担当となる場面があり、おもしろい。あきらの相棒のようこと、あきらのかけあいも楽しい。ようこは、酒豪でどれだけでも飲める女性でかっこいい。お酒が強すぎて、男性を限界まで飲ませて遊んでしまうおもしろさがある。みさきは美人で、あきらとの出会いをきっかけに同じオクトパスという職場でと働くこととなる。みさきは、あきらに助けられる場面があり、その場面のアクションがとてもかっこいい。職場のオクトパスの社長のキャラクターもおもしろく、あきらとみさきを親のように見守る様子があたたかい。殺さない殺し屋というキャッチコピーがあるが、あたたかい人間模様が描かれるとてもおもしろい作品である。

20代女性

ストーリーの設定上とてもシリアスめな雰囲気で描かれているのかなと想像していましたが、全くそういうことでもなくバイオレンス系とコメディ要素がバランスよく混じり合っていて非常に読みやすかったです。主人公はかなりの冷徹なキャラクターかと思いきや、しっかりと情を持ち合わせた人物として描かれていました。しかし感覚が普通の人とはずれているため、そういったところに面白おかしさを覚えたり、哀しかったり、心がわさわさと揺さぶられたりするので、かなり主役としてストーリーを楽しませてくれました。そしてまた、彼のパートナーである洋子さんの存在がとてもいいスパイスとなっていて、台詞回しや二人のやりとりにクスッと笑わせられます。主人公が回を重ねていくごとにどんどん人間味ある雰囲気が出ていくので、読み進めれば進めるほどますます感情移入してしまいます。1年間普通の暮らしをしてみるという中で彼がトライすることが、鳥を飼ってみたり、全裸でドラマを鑑賞してみたり、バイトを始めてみたり、といったあまりにも自由なキャラで、ここだけでの場面でもかなりのユーモアが含まれているなと今でも思い出します。それでもやっぱり殺し屋として生きていかなければならなくなるのは、これが彼の運命であり使命でもあるのだろうと、展開を常に楽しみに読み進められました。

30代男性

伝説とまで言われた殺し屋の男が、普通の人間に戻るため一般人に混じって社会に溶け込もうと奮闘する作品です。今まで社会から切り離された裏の世界で過ごしてきて、殺し屋としてのスキルが高すぎるがために、一般人との間で価値観のずれが大きすぎて、なかなかなじめないのですが、それがコミカルに演出されていて、笑わせてくれます。一方で、裏社会のトラブルにも巻き込まれてしまうのですが、そこは伝説の殺し屋ですから圧倒的なパワーで悪党どもをやっつけてしまうです。そういった場面は本当に痛快で、読者としてもスカッとさせてくれますね。また最強主人公であるために、特に男性読者は主人公に自分を重ね合わせる、いわゆる中二病的な読み方をするのもお勧めです。大人になったってたまには中二病精神を満足させたいですからね。派手なバトルシーンで、悪い奴らをやっつける。誰だってやってみたいことを主人公が代わりにやってくれて、爽快感を味わえました。主人公以外のキャラクターも、相棒の佐藤洋子やボスなど、敵味方を問わずみんな魅力的な個性の持ち主です。それぞれの言動がまた楽しくて、ついつい読み進めてしまい、ページを捲る手が止まらなくなる漫画でした。

40代男性

最初のうちは、やはりファブルという伝説の殺し屋の怖さがすごく伝わってきて、ファブルという組織の謎や、殺し屋としての佐藤や、陽子が印象的です。ただ、殺し屋としてしか生きたことのない佐藤と陽子が、一切殺し屋としては仕事をせずに、1年間過ごすことになり、殺し屋ファブルとしてではなく、普通の一般人として暮らすようになります。そうすると、佐藤という人間たちが意外にも純粋で優しくてよい人間であることがわかります。佐藤は、普通に過ごすには、仕事をしなければいけないとイラストやの最初は配達係として働き始めます。また、そこでもいろいろな人出会い、思ったよりも受け入れられ、良い人間関係わ築き始めます。特に店長やミサキは、その後も佐藤にとって大きな存在となっていきます。ところが、ファブルとしての裏の顔に気づき始める人たちもいて、普通に暮らしていきたい佐藤と陽子に対して、そうはさせないてトラブルに次々と巻き込まれていきます。そのトラブルに巻き込まれるドキドキと、普段のほんわかしたかんじが絶妙でとても引き込まれてしまう漫画です。よくあるマフィアや、ヤクザの漫画のようで、全く違う話で、どちらかと言えばハートウォーミングな話です。ここ数年で読んだ漫画の中では、1番面白かったです。

20代男性

読む前の印象はそのアングラな絵柄から暴力的で鬱展開が多くなる作品なのかと勝手に思っていましたが、一気に引き込まれました。シリアスな話に留まらず、散りばめられたギャグ要素が非常に面白く、笑えました。特に本人たちがシリアスな振る舞いをしているのにも関わらずクスっと来るシーンも多く、作者のセンスの高さが伺えました。一般人とズレた価値観を持つ主人公というだけでここまで笑えるのかと衝撃が走りました。また、題材からは考えられないほど王道漫画のような読み応えを感じることが出来、次巻が待ちきれないと感じたことが多々あります。しかし、アングラな世界観を中心とする作品だからこそ当然許容できないレベルの屑が多数登場します。見るに堪えない所業が行われても、スカっと解決してくれるので読後感もばっちりです。まとめると、この作品を一言で表すのであれば「緩急」でしょう。ストーリーであっても、キャラクターであっても、笑いであっても、善悪であっても、全てが程よい緩急で描かれており、読者も疲れず作品に引き込まれる。本作品を読む前と後では、漫画の好みさえ変えてしまう力を持つような作品だと私は考えています。物語に必要なのは全速力な爽快感でも無ければ、胸糞悪い展開でも無く、それら全てを包括した緩急なのだなと感じました。現在は一部が完結しており、二部が連載していますが、今後の展開が楽しみです。

30代女性

少女漫画も少年漫画も読む私ですが、とっても面白いです。一気に読んでしまいました。主人公のファブルの感情のあまりない顔で一般の世界にいること、そして世間一般を全然知らないけれど、真面目に誠実に何事にも取り組み、ボスの命令を忠実に守ろうと一生懸命普通に暮らそうとしているところが、あり得ない設定だけど妙にリアルに感情移入できるように作られていると思います。それぞれのキャラクターも魅力的で、雑魚キャラに対するファブルの対応の仕方とか、その表情とか、くすくすと笑いが止まりません。『妹』のヨウコの酒豪っぷりも面白いですが、ヨウコのファブルよりも一般的なところに親近感が沸くような気がします。ファブルの勤め先の社長と社員のみさきちゃんのファブルに対する反応も私がそこにいたら「まさにそれ!」という感じです。高橋くんとクロちゃんもパシリ感がいい感じで可愛らしく見えます。書いていてやっぱりキャラクターが魅力的だなと思います。もちろん物語も現実離れしているのにどこか現実で起こっているような感じもして、ずっと殺し屋の話じゃないから重たすぎず読めます。新しい章に入ってきていますが、とても続きが気になる漫画の一つです。

30代男性

めちゃくちゃおもしろいから大ファンになってしまった作品です。読んでいてすごくおもしろいし、ドラマ化されるのもわかる気がする。それくらいにすごくおもしろい漫画だどおもいます。ただただ殺し屋が日常をたのしんでいるんですけど、どこか滑稽でコミカルに描いてくれているのがおもしろくてまらないですね。殺し屋からしたらふつうの日常がすごく新鮮にかんじるんだろうなぁ。なんやかんやで、そんな日常でも事件にまきこまれていく感じがすごいおもしろくて、みていて楽しいですね。読み応えあるし、たのしいし話がテンポいいのもこの作品の良さだとおもいました。伝説の殺し屋だからやる時は見事にやってくれるからおもしろいですね。圧倒的につよいから間違って人をあやめてしまないかドキドキしながらみてしまいます。だって彼からしたら人を殺す事が普通じゃないんですもの。そう考えたらこの漫画すごいおもしろいです。あと、敵役のキャラクターもすごくよくえがけているから、そのへんもたのしみながらよんでいてほしいですね。話の作り方がすごくうまいからその世界にひきこまれてしまいます。どんどんつづきがよみたくなってしょうがないですね。おもしろいです。

40代男性

満を持して第二章がスタートしたこのファブル。そのストーリーが面白いのとともに戦闘シーンがとてもわかりやすくそしてスピーディーかつその強さが手を取るようにわかることからだと感じられます。エネルギー破や瞬間移動のように人間離れした超人的な能力により戦うのではなく、その戦闘はリアリティな戦い方でその人間の域を逸していないのに、人間離れした身体能力と俊敏さと洞察力、そして何よりも状況判断能力と運動神経の高さにより圧倒的なその力の差を見せつける主人公の戦闘能力が分かりやすく、大きなコマにより描かれているがゆえに面白く感じるのでしょう。そういった戦闘シーンの上手い描き方が誰の目から見てもわかるようなその能力が手に取るようにわかるというところが、誰もの心を止める。そんな物語であると思いました。しかもその容姿が格好良くないというところがまた輪をかけて人気が出ているのではないかと思うのでした。強くない人物が意外にも強いといったような話は古くは殺し屋イチにあるようなそんな物語なのですが、やはり同じように強くない人が強いとのギャップに惚れ込みそのギャップが故に人気が出ているのでしょう。画力が高くすごく絵が上手いというところも面白さに拍車をかけていて、とても読みやすいその内容はコマ割りをできるだけ大きくしながらも物語の要所要所でポイントを押さえストーリー的にも重厚なものにしている。そんなストーリーも面白さが凝縮されているような気がします。

ザ・ファブルを1番安く読むならebookjapan


 
ザ・ファブルの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「ザ・ファブル」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
ザ・ファブルを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます