前科者(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「前科者」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「前科者」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

前科者全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「前科者」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「前科者」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

前科者全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

前科者の概要

作品名 前科者
作者 香川まさひと、月島冬二
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/475595/A001930533/

あらすじ

現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマ
 
現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ 現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の社会更正の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか? 本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/475595/A001930533/

感想

10代男性

私は保護司という仕事を初めて知りました。このように大事な仕事がボランティアということに驚きを隠せませんでした。ボランティアなんてしようと思っても、実際には、なかなかできるものではありません。さらに保護司という、かなりリスキーな仕事をボランティアで行うことはできないはずです。私は、主人公の、お金が必要だからこそ、お金の発生しないところで人と関わりたい、という美しい感性を持てるようになりたいと思いました。責任感があって、犯罪者にも真正面から接することは、なかなかできることではないです。私はこんな主人公に魅了されてしまいました。もし現実にこのような保護司が存在したら、いったいどうなるのだろうか。そのようなことを考えさせられます。いろんな前科者がいて、それに至るまで様々な理由があり、悲しくなる話でした。登場人物みんなの背景に奥行きを感じ、様々な展開を楽しめると良いと思いました。。今まで知ることができなかった世界を知ることができました。リアリティがあり、重いテーマでもスムーズに読み進めていくことができました。早く続きが見たいです。そして、主人公が幸せになることを心から願います。ついつい読んでしまう本でした。
他の感想はこちら

50代男性

弱い立場の人間を更生させるために保護司をしている阿川佳代は、複雑な心境です。無報酬の国家公務員なのでボランティアになっています。阿川佳代の真髄は何なのか?分かりません。前科者は消せない過去を引きづって生きなければいけません。なぜこんなおとなしい人が犯罪を起こしてしまったのだろうか?殺される人は殺されるだけのことをしているからかもしれません。いい人を傷つける行為は決してないと信じたいです。刑務所では模範的な行動で刑期が短くなることもあります。しかし出所して時期が経過すると、また犯罪を起こして刑務所に逆戻りです。更生したはずなのに、ガッカリしてしまう保護者です。一度過ちを犯した人は再犯の恐れがあります。刑務所は罪を償うところではありません。二度と同じ過ちを繰り返さないために更生するところです。阿川佳代はコンビニでバイトしていますが、時間になるとお金にならないボランティア活動をしてしまいます。なぜそこまでして犯罪者をかばうのか謎が多いです。自分が大事な人は、相手のことなど考えません。お金になることしかしないと思います。阿川佳代は、恵まれない環境で育った人の気持ちが痛いほど分かるので寄り添うことで安心感を与えています。

30代女性

兄に嫉妬し、殺すなんて怖すぎです。自分の物を取ったとかで、ゲームや漫画、ミニカー。そんな事で人を殺すなんて。恐ろしい。そして、愛子までも、止めの一撃が無残すぎますね。人間が一番怖いです。コンビニで、手を握ってくる客に何も言わなくただニヤニヤ見ているだけなんて助けてくれれば良いのに。この女性はコンビニで働いて尚且つ保護司で働いているなんて素晴らしいですね。犯罪をおかした者、非行に走ってしまった少年を更正させる為の国家公務員の仕事みたいです。何やら凄いです。読み始めると何とも結婚間近だった恋人が兄にレイプされていたのか。元は本当に良い人だったんですね。けど、いくら苛立ったからといえ、殺すのは良くないです。刑務所では真面目に働いているのか。こんな良い人なのにクズな兄のせいで人生を棒に振るってしまったのか。何やら兄は遊び人だったとか。こんな兄なら私も苛立ちますね。仮釈放..や環境調整、なるほど分かっているようで分からなかった言葉が分かりやすく書かれているのも良いですね。この女性はなぜこんな立派な仕事していてコンビニで更に働く。働き者ですね。そして、心にもない言葉。嫌みったらしいな。耐えてる女性も忍耐力ありますね。掛け持ちしているのは借金があるからなんですね。私も借金があるから気持ちが分かります。掛け持ちしなくてはやっていけない。しかも、遊びや浪費で使ったわけではなく大学の奨学金会社で病気したときのもの。それなら仕方ないですね。借金、本当に辛いです。この人は辛いとか言わずひたすら働いて返してとても偉いです。私も頑張らなくては!

30代男性

保護司という仕事、聞いたことはあるけど、具体的にはよく知らない、そんな職業です。実は無償のボランティアだったなんてびっくり。ただ働きでそんなことをさせるなんて、いつかなり手がいなくなるのではないかと心配しますね。特にこの作品の主人公阿川佳代はアルバイトを掛け持ちしている、経済的に決して余裕のない立場ですから、保護司の仕事を務めていることは尊敬はできるものの、もし身内だったらそんなことやっている場合かと言いたくなるかも知れません。阿川佳代には彼女なりの信念があって保護司という仕事に取り組んでいる訳ですが、司法制度を支える存在としては間違っている気がしてなりませんでした。そして保護司が向き合わなければならない元受刑者たち。犯罪者である訳ですが、彼らなりに罪を犯した事情が存在していて、許す気にはなれないにしても、一概に責め立てる気にもなれないような存在として描かれている部分にリアルさを感じました。そして、元受刑者たち、この作品のタイトルにもなっている前科者に対する社会の冷淡な態度。実際、一度前科を負った者にはとても生き辛い世の中なのでしょうね。私だって、元犯罪者と聞くと、身構えてしまうでしょうし、そういった社会を一方的に責める気にはなれません。しかし、こういった前科者が現実に存在している以上、彼らをどう処遇するべきか社会全体で考えなければいけないことでもありますね。

20代女性

現代日本が抱え続けてきている問題を題材にしている本格的なヒューマンドラマとなっていて、非常に興味深くてリアリスティックな漫画作品でした。「罪を犯してしまった」という人や「道を踏み外してしまった」非行少年の社会更生もしくは犯罪の再犯防止は、いつまでも社会問題であり続けるであろうことが予想できますが、それについて改善していくことは絶対に可能であり、していかなければより良い社会にはなっていかないのだろうなと考えさせられました。そういったことに取り組む民間のボランティア・保護司を初めてこの漫画で知ることになり、自分の知らないところでも知らない役割をもった人が社会のために大きく貢献してくれているのだなと、改めて感心しましたし、感謝しなければいけないなとも思いました。世の中において犯罪を犯した人は、様々な理由や動機の元でそういった行為に走るということも理解できましたし、それでも犯罪を犯してしまったという事実は変えられないし償っていかなければいけないことだとも感じます。そういった中で、犯罪者に対して真剣に向き合って、その人の将来について一緒に協力していく主人公の姿を見ると、逞しく思ましたしかっこよくも映りました。彼女のように一人でも多くの人が犯罪者の心に寄り添うことで、再犯率は下がっていくのではないかと納得できました。本格的な社会問題を取り扱っているので、現代に生きる全ての人にお勧めしたいです。

前科者を1番安く読むならebookjapan


 
前科者の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「前科者」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
前科者を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます