黒執事(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「黒執事」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「黒執事」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

黒執事全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「黒執事」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「黒執事」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

黒執事全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

黒執事の概要

作品名 黒執事
作者 枢やな
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊Gファンタジー
ジャンル 女性マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/616932/A002489953/

あらすじ

エキセントリック・執事コミック
 
彼の職業は執事。彼は今日もお茶を煎れ、銀食器を磨く。そう、すべては主人のために…。スクウェア・エニックスが放つ、エキセントリック・執事コミック
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/616932/A002489953/

感想

20代女性

黒執事は、主人公シエルと執事のセバスチャンが、身の回りで起こる事件を解決する話です。黒執事は何度もアニメ化されるほどの漫画でとても人気があります。黒執事の人気の秘密は、なんといっても主人公のシエルが可愛いのと、セバスチャンがかっこいいからです。例えば、シエルが事件に巻き込まれるたびに、セバスチャンはシエルを助けます。シエルが「セバスチャン命令だ」といえばどんなことでも完璧にこなすセバスチャンの姿は、どんな女性が見てもカッコいいはずです。黒執事には、他にも魅力的なキャラがいるのですが、一番好きなキャラは、エリザベスというキャラです。エリザベスは、シエルの公約者なのですが最初は少し苦手でした。エリザベスは、少しぶりっ子のような性格で、女性から嫌われそうなキャラだからでした。ですが、回を重ねるごとに強くてカッコ良いキャラになっていき、とても好きになりました。とくに、シエルを守るためにフェンシングで戦う回が大好きで、何度も読んでします。黒執事には、いろんなシリーズがあるのですが、一番好きなのはサーカス編です。ストーリーは、ハッピーエンドとはいかず少し苦味のあるストーリーなのですが、敵役のジョーカーが大好きでした。黒執事は何度も読みたくなるくらい好きです。
他の感想はこちら

30代男性

スクウェア・エニックスから発刊されている月刊Gファンタジーにて連載されている黒執事ですが、シエルとセバスチャンのやりとりがとにかく可愛く感じます。12歳のシエルの幼さと、全てを完璧に行うセバスチャン。一見対照的な2人ではありますが、シエルのために献身的にまで努めるセバスチャンの思いやりも見逃せないポイントだと思います。またセバスチャンの元で働いているメイドやお手伝いさんも、お手伝いとしての腕はまだまだですが、シエルを守るための技術はピカイチで、なおかつセバスチャンと同じようにシエルを思っている姿に心を打たれます。最初の方で取り上げれる切り裂きジャック事件や逆さ吊り事件などは、それほど話が複雑ではないけど謎解き要素もあり、初見の方も楽しめるような話の構成だと思います。私も実際、最初の方の謎解き部分が面白くて次々に読み進めていきました。しかし、話が進むにつれて話が複雑になったり、中弛みしているところも出てきているのかなと思うところもあり、原点回帰で短めの話も欲しいなと思っております。また、黒執事は話だけでなく、中世ヨーロッパを舞台にした背景や、各登場人物の服装など、絵が細かく綺麗に書かれていると思います。

20代女性

友人に勧められて読み始めましたが見事にハマってしまいました。どのキャラクターも個性的でキャラ立ちしている上にストーリーの展開もテンポ良く進むため面白いです。読む前は内容も重そうだし少しお堅い漫画なのかなと思っていましたが、随所にコミカルなシーンも盛り込まれていてクスッと笑えました。またストーリーを追うごとに明かされていく主人公シエルの過去や執事セバスチャンとの出会いなども興味深かったです。あとは何より絵のクオリティがとても高くて驚きました。個人的には特にサーカス編が印象に残っていて、絵の上手さも相まって団員たちの裏の顔の不気味さがより強調されていたように感じました。最新刊まで読んで思ったのは青年向けの漫画であって、正直子ども小学生くらい)には少し難しいかなと感じました。理由は複雑なミステリーの上にそこそこグロテスクな場面が出てくるからです。私自身謎解きのシーンでは、読みながらも前のページに戻ってどういう状況だったのかを確認したりなど一読で理解しきれなかったことがありました。ですが、シエルとセバスチャンの謎解きの部分は痛快ですし、こんな伏線があったのか!というのも気付くことができ読み終わったあとはなんだかスッキリした気持ちになりました。

30代女性

19世紀イギリスを舞台とした貴族の坊ちゃんと悪魔の執事のダークファンタジーです。使用人キャラから坊ちゃんに至るまでキャラクターの衣装がとても可愛く、その世界観と合わせて魅力の一つです。特に坊ちゃんの衣装は普段着だけでもバリエーションが多く、その他駒鳥やサーカス衣装など場に合わせた衣装チェンジもあって、可愛さマックスです。物語前半でよく出てくるセバスチャン達執事が作った料理やお菓子などはどれも美味しそうで、是非ともマンガ飯したいと思ってしまいます。特にアグニとのカリー対決の回を読むと毎回インドカレーが食べたくてしょうがなくなります。主要キャラクター達には隠された過去や秘密があることが多く、それぞれのキャラクターメインの話の度に心を動かされます。アグニを救ったソーマの話は、後半でアグニがソーマを守ったシーンの後に読み返すと、もう涙が止まりません。また最近では物語当初から噂されていた実は坊ちゃんは二人いたのでは?という伏線も見事に回収。坊ちゃんたちの兄弟喧嘩編に突入し、これから坊ちゃんはどうなっていくのか、ようやく表に現れてきたアンダーテイカーの思惑は結局何のなのか、今後の展開が非常に気になります。

30代女性

黒執事は高校生のころから読んでいて、大好きなマンガのうちの一つです。とにかく、シエルがかわいいです。シエルは悪魔召喚の犠牲者にされかけ、大好きな家族を殺され自身も不当に扱われ、死にたくなるくらいの経験を幼い年で経験しているのに、普段はその姿を一切見せない強さがいいと思います。それとは逆に、エリザベスが絡んだ時のたじたじ感と幼い感じはギャップ萌えでいいですね。悪魔のセバスチャンを手足のように使って目的を達成していく度、あの扱いにくい悪魔を使役させれる頭の良さと機転の良さに感心します。セバスチャン、信頼とか信用とかうかつにしたらすぐに裏切りそうですよね。原作30巻が過ぎても未だに、隙あらばシエルの魂に食らいつきそうな所が彼が悪魔であり、人間の常識とは違うのだと思い知ります。現在は死んだはずのお兄ちゃんと壮絶な強大喧嘩中ですね。お兄ちゃん、シエルと相対している時も葬儀屋といる時も悪い顔して何かを企んでいる感じでしたが、私個人の感想としては、「本当にシエルと遊びたいだけなのでは?」と思っています。「蘇ってみたら変な男(葬儀屋)に付きまとわれてるし、変な体になっているけど、たぶんこの体は期限付きだろうし。だったら、生前は一緒に遊べなかった体の弱い弟がなんか頑張っているから、しばらく遊んでいよう。時が来たらお別れだ。」みたいなことを思っていそうだと思っています。黒執事は急に地獄のような展開をぶっこんで来るのでわかりませんけど…。

40代女性

今は昔、友人(当時はヲタ友ではなかった…)から勧められて読んだ第1巻。思えば遠くに来たものです。ゴスロリっぽいおしゃれな絵柄にミステリアスな道具立てが印象的でしたがなによりも「あくまで執事な」セバスチャンの有能さがキレッキレで執事モノだと思っていた冒頭。巻が進むにつれ若きファントムハイブ伯爵シエルの過去と傷、陽気に見えた婚約者のリジーの葛藤、傷を抱えたフィニ、メイリン、バルトたちの過去までが残酷なほど精緻に浮き彫りになります。興味深いのはこれらの縦線と交錯する横線部分です。お気に入りはアーサー君(アーサー コナン ドイル!!)が招かれたパーティです。シャーロキアンならばすぐに気がつきますがホームズシリーズの元ネタが満載の回です。家令のタナカの「バリツ」、込み入ったトリック、わずかな痕跡からのセバスチャンの推理、そして思いもよらない結末と、このテンポの良さがたまりません。最初から全員が怪しい中、際立って怪しかった「アンダーテイカー(葬儀屋)」の正体は一部現れましたが全貌は未だつかめず。ファントムハイブに固執する彼の目的は何なのか。シエルの探す敵の黒幕も未だ掴めず、まだまだほとんどの謎が手付かずです。謎は明らかになって欲しいけど、物語は続いて欲しい。ジレンマを抱えて30巻の大台に突入しましたが、この物語はようやくこれからが佳境の様です。

30代女性

飽きが来ないので、続きが気になって最初から一気読みしてしまう作品です。舞台はヴィクトリア女王時代のイギリスが前提で、ゴシック的な雰囲気と耽美的な要素が相まって独特なものになっています。ですが、主要な登場人物たちは個性的で、ストーリーはシリアスよりもギャグが半々の印象なので、重厚なファンタジーという感覚はありません。ノリについていけない人も一定数いるでしょうが、私はありだと思います。シリアスなダークファンタジーが続くよりは、コメディで少し息をつける方が一気読みしやすいんですよね。各エピソードでスポットが当てられるキャラクターが違い、その度に新情報が出てくるので目が離せないというのも読者を引き付ける魅力なのでしょう。特に私が好きなエピソードは寄宿学校編です。作者がクリケットのルールの限界に挑んだだけあって、キャラクターたちはシリアスなのに読んでいるこちら側から見るとコメディという感覚が一番強く出ていたと思います。主人であるシエルについての情報が、本格的に開示されるようになったのも、このエピソード以降。緑の魔女編を経て続く青の教団編で、シエルについて重要な情報が明らかにされていきます。それに絡めて、他の主要キャラクターたちについても詳細に描かれるようになりました。シリアスなストーリー展開に賛否が分かれる部分が混じることも多いかと思いますが、私は一作品としてシエルの結末を見届けたいです。

20代女性

まず第一に絵がキレイ!もう本当にシエルが好きです。コメディ要素とシリアス要素、両方が入り混じっていて、話にどんどん引き込まれます。ファントムハイヴ家に仕えている使用人たちが、びっくりするくらい給仕の仕事ができないのに殺しの仕事になると、息をのむくらい完璧にこなすところ。くすっと笑えるのに感心してしまう。また、それぞれの生い立ちの話も読みながら泣いてしまいました。ただ、田中さんだけゆるキャラ要員みたいなのに、最新巻では頭のキレる執事としてすごく活躍しているので、早く田中さんがファントムハイヴ家で働くことになったきっかけや、シエルたち兄弟との話も読みたいです。また、インドの王子様も好きだったのに、アグニが殺されてしまってから話に出てこなくなって寂しいです。そして、リジーも唯一のかわいいヒロインなのに最近話に出てこなくなって悲しいです。早く元気になってほしいし、一緒にいるシエルが普通の状態でないことに早く気づいて欲しい。そして、弟くんと結婚して欲しい。シエルは兄弟同士のケンカだと言うけれど、ほとんど殺し合いみたいになっているし、それが世界規模になっていてそれにみているこちらはとてもハラハラさせられる。今、本当に面白くなってきた。早く、今までシエルを演じてきた弟君の名前も知りたい。今後もとても楽しみな作品。早く、最新巻を読みたいです。

20代女性

「悪魔で執事ですから」という一生忘れられないんじゃないかというほど印象に残っているセリフは大好きですし、このワードが出てくるシーンにはこれから初めて作品を読むという人にはかなり注目してほしい場面でもあります。イケメンすぎると言ってもまだ足りないくらいのイケメンなセバスチャンは、どの巻においても魅力的ですし、乙女心がくすぐられまくります。また、個人的には人形のような小柄なシエルの英国スタイルも大好きで、本当にそれぞれのキャラクターの個性豊かで見た目似合う性格には感心します。作者の強いキャラクターに対する想いがまじまじと感じられますし、そのセンスが最高でツボです。1巻から綴られた幾つもの事件が一見個々の事件に見えてたり、それがまた1つに繋がっての本筋、10年以上かけて描き続けているのにまだ終わらないという深く繋がりのあるこの作品には強く惹きつけられるものがあります。長く愛せる作品を探している、これまでに味わった世界観とは違う魅力的なワールドに浸りたいという、ダークファンタジーやゴシックが大好きだという人にはぜひオススメしたい作品です。この作品は一度読み始めたら止まらなくなること間違いなしです。

30代男性

黒執事の魅力って、最初読み始めた時は独特の謎めいた雰囲気に惹かれる点だと思うのですが、やがて物語が進むにつれて、各登場キャラクターに複雑な過去の事情が存在することが明かされることで、どっぷりと作品の世界にハマることができる点だと思います。近代のイギリスの貴族社会や、悪魔との契約など、世界観と設定もかなりしっかり練られていますからね。ストーリーの土台がしっかりしているところへ、シエル・ファントムハイヴとセバスチャン・ミカエリスの主従を初めとした、魅力的なキャラクターたちが配されているのだから、人気が出る漫画の要素をしっかり併せ持っていると言えるでしょう。魅力的な個性を持ったキャラクターをたくさん擁している作品には、それぞれの人物ごとに多くのファンがつくものですが、その中でも筆頭の人気を誇るのは事実上主人公格の黒執事ことセバスチャン・ミカエリスであることは間違いありません。主人であるシエルに忠実に仕えながらも、慇懃無礼で、諫めるところはしっかり諫める。正体は悪魔なのですが、普通に執事としても理想的なキャラクターです。こんな執事を従えてみたいなと、多くの読者に思わせてくれるセバスチャンこそが、この漫画の最大の魅力と言えるでしょう。

20代女性

10代の頃より読んでおります。黒い表紙の美しさに心惹かれ手を取ったら、キャラクターもアクションもかっこよくて素敵で…!!中学生の頃の私にはこんな漫画があるのだと心臓を撃ち抜かれました。新刊が出るたびに書店へ走っていったことをよく覚えています。キャラクターのかっこよさはもう絵だけで伝わると思うのですが、内容もホラーあり!ギャグあり!アクションあり!ミステリーあり!感動あり!と盛りだくさんで飽きることなくずっとファンとして追い続けています。ヴィクトリア朝時代の美しい世界のなかで蔓延る闇を美麗に描かれており、人物もさることながら背景やキャラクターの衣装ひとつひとつも素敵で細やか演出されております。全てのキャラクターに見せ場があり、なぜ悪の道へと堕ちたのか?なぜこのような現状へとなってしまったのか?などもしっかりと書かれています。伏線も随所にちりばめられ、あの時の!という謎解きの気持ちよさを味わうこともあります。10年以上連載されており現在31巻まで出ていますが、一気に読まずとも〇〇編と少しづつ読み進めることもできます(読み始めたら止まらなくなってしまうと思いますが…)本格的なゴシック×ミステリー×サスペンスを読みたい方にぜひおすすめです!

30代男性

黒執事、個人的な感想ですが、好みが大きく分かれるダークファンタジーかと思います。主人公のシエル・ファントムハイヴ伯爵が、悪魔で執事のセバスチャンと契約を交わして、自分の両親を殺した復讐を果たすという目的のもと、ストーリーが展開していきます。ダークファンタジーな部分で血生臭い部分と、英国風のオシャレで煌びやかで、優雅な部分との対比がとてもうまく描かれているため、その部分に自分ははまってしまいました。ストーリーも、さまざまな伏線が張り巡らされているため、巻数を重ねるほどに謎が増えていくため、どんどん深みにはまっていきます。シリアスな展開の部分と、明るく煌びやかなストーリーの部分とのギャップがとにかく上手に描かれているため、その上げ下げがくせになる漫画ですね。登場するキャラクターもビジュアルはもちろん好みが分かれますが、基本的にみなキレイで美しく、カッコいいです。視覚的にも楽しめる漫画ですし、個性豊かで、それぞれのキャラクターが裏の面などを持っていて、なにかを隠しているというか、抱えていることが多く、その設定も個人的にとても惹かれてしまいました。バトルシーンや、シリアスな展開では、グロく血生臭いことが多いため、そのような部分が苦手な方にはオススメできないですが、ダークファンタジー好きなら一度読んでみて欲しい漫画ですね。

黒執事を1番安く読むならebookjapan


 
黒執事の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「黒執事」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
黒執事を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます