私のジャンルに「神」がいます(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「私のジャンルに「神」がいます」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「私のジャンルに「神」がいます」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

私のジャンルに「神」がいます全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「私のジャンルに「神」がいます」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「私のジャンルに「神」がいます」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

私のジャンルに「神」がいます全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

私のジャンルに「神」がいますの概要

作品名 私のジャンルに「神」がいます
作者 真田つづる
出版者 KADOKAWA
ジャンル 女性マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/612652/A002473268/

あらすじ

天才字書きをめぐる創作者たちの葛藤を綴った連作
 
類まれなる文章力で二次創作界に燦然と輝く天才字書き・綾城(あやしろ)。同ジャンルの者達はその作品に焦がれ、打ちひしがれ、彼女に馴れ馴れしくリプを飛ばす「おけけパワー中島」への憎悪をくすぶらせていくのであった……。天才字書きをめぐる創作者たちの葛藤を綴った連作。描きおろしとして、綾城が小説を書き始めた頃を描いた「天才字書きの生まれた日」を収録。綾城と中島が出会ったばかりの時期が明かされます。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/612652/A002473268/

感想

20代女性

様々な版権作品の二次創作が蔓延っているTwitterで、もっぱら有名になったこの【私のジャンルに「神」がいます】。読者層がそのまま登場人物たちと同じく「二次創作をする人たち」で、ただの流行った漫画、という位置づけだけでは片づけられない、商業作品としても非常に完成された作品と感じます。ターゲットを見据えて、共感できる・興味を強く惹かれる部分を描くのは、お金を取る作品を作るにあたって非常に重要なのです。二次創作にまつわる様々な事件、状況が、私たち読者層をえぐるように表現されており、身に覚えがある感情をいくつも覚えさせられます。とはいっても、おどろおどろしい描写が延々と続くわけでなく、短いスパンでコミカルに描写されていくので、安心して読み進めることができます。それぞれの話の結末に対して、人によって感想に差異はあれど、基本的には登場人物の誰かが報われるハッピーエンドで、それも安心材料の一つです。実をいえば、私もその顧客である「二次創作をする人たち」です。そして特筆すべき事項もない、いち二次創作者の私ですら、心酔する神がいます。第1巻の表紙にも抜擢された、作品の顔でもある「綾城さん」のような神が、です。その存在は名の通り、私を救ってくれる存在でもあり、時に、神を慕ううちに自分の信仰に揺らぎが出ようものなら、その感情は一瞬で反転しそうになるほどの存在感を放ちます。その人がいて、自分に声をかけてくれるだけで舞い上がり、何を食べて生きるのかなど、私生活のことまで気になりだすほどです。作中にもありますので、ここも私が非常に強く共感できるポイントです…。同じように例外なく、慕う信者も神もいれば、アンチもいます。私の場合は家族内にいるので、常に生き地獄のような心境ですが、より漫画内に登場するアンチ側の気持ちが汲み取りやすいので、それはそれで「わかる!」という気持ち込みで楽しめました。その他大勢の、コマの端に出てくるような、小さいながらも異様な存在感を放つモブ同然の二次創作者もいます。いわゆる、二次創作者たちの「あるある」「いるいる」をお手軽に、それでいて強烈に楽しめる漫画なのです。
他の感想はこちら

30代女性

漫画の舞台としては同人活動をしている女性が登場人物なのでオタク女性の方が共感できるかと思いますが、女性同士の嫉妬、尊敬、友情などさまざまな感情が楽しめるのが魅力で私はハマりました。女だらけの世界なので女同士でいろいろな愛憎劇があるのですが、どのキャラも真っすぐで努力家なので好感が持て、あの人さえいなければ…あの人なんか気に食わないといった気持ちも落ち着くべきところに落ち着いています。また、自分も同人の世界を知ってからは、なおさらこういう人いる!こういうやりとりある!といった事が分かりさらに楽しめるようになりました。そして登場人物たちの二次創作に対する熱意は本当に尊敬に値します。そして、最初はそこまで実力がなかったとしても、努力次第ではたくさんの人の心を響かせることが出来る作品が書けるのだという希望も湧いてきますし、さすがにそこまですれば実力はつくよねという描写がされているので人気が出てくるのも納得です。みんな作品が好きだからこそ熱中することが出来、そこにいる自分にとっての神やちょっとモヤモヤする人などとのやり取りがリアルで、同人活動をしている女性は共感できる人が多いはずです。同人活動をしてない人でも、女性同士の感情描写が素晴らしいのでそういった作品が好きな方にはおすすめです。

20代女性

私自身二次創作で小説を書いている身なので、この作品はSNSで掲載された時から読んでいました。作品が上がるたびにトレンド入りを果たしていたこともあり、単行本化された時にはすぐ購入しました。はっきり言ってしまえば、共感できるところもあれば共感できないところもありました。主人公たちが出会う綾城は所謂大手ですし、その主人公たちは自分たちを人気のない作家だと思っているようですが、ブックマーク数の描写を見るに、本来の人気のない作家との「ズレ」を感じます。過疎ジャンルの描写や、人気のある作家に対しての嫉妬などはやはりなかなかリアルだな、と思いましたが、あくまでフィクションだなというのが私個人の印象です。それこそ話題になった「おけけパワー中島」は、主人公たちから見ると綾城に擦り寄るフォロワーと印象付けされがちですが、SNSで大手がよく絡むフォロワーは往々にしてこういうテンションの高い方が多いように見えるので、作者の方はよく見てるな…と感心してしまいました。大手は猫飼っていがち、通話しながら作業しがち、など、二次創作のオタクがやりがちな行動もリアルに表現されているのが面白くもあり、それが生々しくもあり、妙にクセになる作品です。世間に蔓延るオタクを主題にした漫画の中でも特に女性向けでリアルな作品だと思います。

30代女性

同人誌(小説)を作る女の子達のお話ですが、1巻は綾城さんという、この人の小説を読んだら「神か!」と思うくらいの実力がある女性の周囲の人間模様のお話で、2巻はそれぞれのジャンルで「神!」という人と出会ってからの葛藤するお話や、久々に萌えジャンルに出会い同人活動復帰するお話など、1巻と2巻では視点が変わったお話になっています。けどどちらも一貫して、同人誌を作りたい!!楽しみたい!!というキャラクターたちのパワーと、同人誌を作ったことのある方なら「わかる!」と思ってしまうあるあるネタがあり、読んだ後は「同人誌作りたい!」と思わざる得なくなります。キャラクターの女の子たちは落ち込むこともあるけど、前向きに同人活動を楽しんでいるのがわかるので、爽快感がありますね。あと、忘れてはいけないのが「おけけパワー中島」!名前もですが、キャラが濃い!そして同人活動してると、似たような感じの人居るよね〜と結構Twitterでも話題になっていた人気キャラです。1巻ではおけけパワー中島はストーリーを引っ掻き回すキャラでしたが、2巻では彼女の内面が見えたり、彼女なりに悩んだりなど、新しい一面も見れたのが面白かったです。2巻の綾城さんとおけけパワー中島の小話は2人の普段の関係が知りたい方には超お勧めしたいお話なので、気になる方は是非読んでみていただきたいです!

40代男性

最初 2次創作や同人に対する知識・経験の無さから作品のとっかかりが掴めず登場人物たちに感情移入出来なかったしかし自分のチョットした失敗から焦燥感に駆られながら読んでみるとこの世界観にすんなりと入っていくことが出来た才能がほしい報われたいもっと評価して欲しいといったといった漠然とした感情は自分にもある薄暗い部屋でデスクスタンドと画面の明かりだけの状態でパソコンに向かって作業していたりすると作中の彼女達の懊悩に同調できる何事もこだわり過ぎず 突き詰めず 程ほどが楽しいのに自ら不幸なほど沼にはまり込む体験は深夜時間帯に有りがち翌日 後悔と寝不足で苦しむことも割とあるそれなのに ついまたやってしまう業の深さ対象が社会とか職場組織でも十分不穏だが特定個人に負の感情が収束するのも甚だ酷い最近の皇族降嫁で話題になってる某Kさんとかちょっと前の恋愛バラエティ番組で出演者のレスラーさんが自死してしまった件とか作中煽り役の(おけけパワー中島)多少ガサツそうに見えているというだけで彼女 何も悪いことはしていないが嫉妬・ヘイトを集めてしまうのも現実の炎上騒動と同じ幸せになりたいならSNSなどやらない方が良いとつくづく思わせるまだ冒頭7話ほどしか読んでないがやはりBADENDに向かってしまうのか

20代女性

SNSで話題になり読んでみたのですが、評判通りの面白い作品でした。特に何かしらの創作活動、特に二次創作をしている方には刺さる作品だと思います。私もキャラクターたちと同様に、二次創作で活動する「字書き(小説を書く人のこと)」のため、この作品をあるあるとして楽しめました。また、そのような狭い界隈を知らない人にとっても、「自分より良い作品を書ける人への嫉妬や苦悩」「作品を見てほしい、評価して欲しいという欲求」「創作活動と実生活の両立」など創作活動に伴う心の揺れ動きが、勢いのある絵柄とセリフで書かれており、感情移入して楽しみやすい作品だと思います。また、作品の舞台が女性向け同人活動に限られているため、描かれる関係性が女性同士のものになるのですが、同性間における執着のようなもの、つまりいわゆる「クソデカ感情」というものを見るのが好きな方にもたいへんおすすめです。ネット上に公開された作品から名前も顔も知らない匿名のユーザーを崇拝したり、ひどく嫉妬して情緒不安定になるキャラクターたちは奇妙にも映りますが、創作活動を通じて生活を充実させていく彼女らはとても輝いて見えます。読み終わると自分も何か書いてみたいという気持ちになるため、創作活動に興味があり、背中を押して欲しい方にもおすすめの作品です。

私のジャンルに「神」がいますを1番安く読むならebookjapan


 
私のジャンルに「神」がいますの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「私のジャンルに「神」がいます」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
私のジャンルに「神」がいますを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます