範馬刃牙(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「範馬刃牙」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「範馬刃牙」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

範馬刃牙全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「範馬刃牙」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「範馬刃牙」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

範馬刃牙全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

範馬刃牙の概要

作品名 範馬刃牙
作者 板垣恵介
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/125792/

あらすじ

板垣恵介入魂、「バキ」最終章!!
 
板垣恵介入魂、「バキ」最終章!!地上最強の生物・範馬勇次郎VS地上最強の高校生・範馬刃牙。かつてないスケールの親子喧嘩がここに開幕!!だれも体感したことのない闘い、見たこともない敵、すべてが刃牙をおそうッッ!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/125792/

感想

40代男性

究極の格闘マンガと言ったら、私は真っ先に範馬刃牙をあげます。他には無い独特の世界観があります。登場キャラはみんな人間離れしており、ちょっとやそっとじゃ死なないタフさを全員が持っています。通常の格闘マンガでは味わえない、現実離れしたストーリーが持ち味です。グラップラー刃牙の時は、異種格闘技トーナメントなど、格闘技色が強かったのですが、範馬刃牙に入ってから現実離れが加速したように思います。とはいえ、格闘技に精通した作者だからこそ描ける奥深さもあります。地上最強の生物を父に持つ主人公がどんどん強くなり、父に挑む姿は感動ものです。続編として刃牙道がありますが、そちらはかなりぶっ飛んだないようとなっており、個人的には範馬刃牙が最もバランスが取れていて真剣に読み進められると思います。また、主要キャラがシリーズを通して登場する点も魅力です。ヤクザ、合気道の達人、中国拳法の達人、伝説の空手家、囚人など、常識外れで規格外のキャラ同士が戦いは迫力満点で楽しいです。グラップラー刃牙の時代から20年以上の付き合いになりますが、週刊少年チャンピオンを毎週楽しみにしております。これからもずっと読み続けていくつもりです。
他の感想はこちら

20代男性

この漫画は範馬刃牙が自分の父親である範馬勇次郎に挑むまでの過程を描いた作品です。それまでに刃牙がたくさんの敵と出会って、ときには追い詰められそこでなんとか逆転をしながら成長を続けていきます。主役は一応刃牙ということにはなってますが、前半はビスケットオリバとミゲルが準主役のような感じで活躍していて、終盤で範馬勇次郎がラスボス的ポジションで登場します。個人的には勇次郎と対面するよりも、前半のアリゾナ州立刑務所のパートが一番面白いと思いました。なぜなら刃牙の戦闘シーンだけではやく、囚人同士の戦いが見れたり、オリバとミゲルの戦いなど、サブキャラ達が戦う様子が見れるからです。もちろん刃牙の戦闘シーンも良いのですが刃牙は基本的に正統派なので特殊な技はあまり持っていませんし、バキシリーズを読んでいればどんな必殺技を持っているかも知っています。しかし新しいキャラクターが戦闘を始めると、こいつはどんな技を繰り出してくるんだろうというワクワク感を味わえるので好きです。一番魅力を感じたキャラはビスケットオリバです。多くの人がテクニックを使って相手を倒そうとする中で、純粋に筋力100%で相手を倒そうとする男気に惚れました。

20代男性

グラップラー刃牙、バキと続けて読んできましたが、今までの最終目的であった範馬裕次郎との戦いを中心に常に盛り上がり続ける内容でした。アニメも一気に全話視聴できるほどの面白さがあります。個人的に一番好きな場面は、範馬刃牙前半の内容に当たる囚人編です。今までの作品にも登場していたビスケットオリバと刃牙がついに戦うということもあって、すごいわくわくした展開を期待していました。筋肉の力だけで周りを圧倒するパワーに対して、小細工抜きのパワー勝負を挑み、そして勝った刃牙が寝転がるシーンで、本当にあのオリバを圧倒したんだという実感が読者の私にも伝わってきました。もともと男ならだれもが一度は夢見る地上最強の男を目指すというテーマであった作品が回数を重ねるにつれて、弱くてもいいから父親をただ倒したいというテーマに代わっていき、それであっても読者を飽きさせない展開を常に送ってくれました。最終的な結末も、どちらも強いという最高の終わり方で、とても満足のいく展開でした。あれほど盛り上げている分上手く展開をまとめるのは極めて難しいはずですが、それをうまくまとめて終わらせた作者は流石だと思いました。これからの続編も引き続き見ていきたいです。

20代男性

一言で表すと「めちゃくちゃ楽しい!!」が、印象的です。具体的には今までの登場していた人物とのドリームマッチ。ビスケットオリバや主人公の父親である範馬勇次郎とまさかの対決。ビスケットオリバに関しては、前作の「バキ」でも登場しており、圧倒的な力を見せつけていました。そんなオリバと闘う中で成長していく主人公の刃牙がとても格好いいです(限界を常に超えるみたいで)また、刃牙自身も「グラップラー刃牙」時代と比べて、身体的にはもちろん、精神的にもかなり成長した様子が伺えています。刃牙シリーズは何年も昔から連載している漫画なので、刃牙の成長に懐かしさを感じます。また、主人公以外にも成長しているキャラクターである、愚地克己。彼もめちゃくちゃかっこいいです。ピクル編では「彼こそが主人公ではないのか?」と感じてしまう程の成長と活躍。とても彼自身のキャラクターとしての魅力と空手がかっこよく感じました。そして、範馬刃牙と言えば誰もが印象に残っている親子での対決。一度の敗北から長い時を経て(連載的な意味も含めて)、ようやく念願の父親との対決が始まりました。この戦いでは単純に戦闘シーンとしても楽しかったものの、何より戦いの終わり方がどちらの品格も落とさずに終えたため、とても最高でした。

30代女性

「範馬刃牙」は、板垣恵介のマンガ作品「グラップラー刃牙」シリーズに登場する架空の人物で、同シリーズの主人公です。範馬刃牙は、17歳の高校生でありながら世界中の格闘家が集まる地下闘技場のチャンピオンに君臨する。外見は、至って平凡な高校生ですが、実際には幼少期からの常軌を逸した範馬勇次郎式トレーニングと長年の実践経験により、筋骨隆々の肉体を持つ。父親は、地上最強の生物と称される範馬勇次郎であり、刃牙自身、「地上最強」ではなく、父親を超えることのみ目標としている。主人公の刃牙は、魅力的なキャラクターで、ファイトスタイルなど型にはまらず、対戦相手によって臨機応変に戦っています。ですが、刃牙に登場するキャラクター達は、一癖も二癖もあり、新たな敵に対して刃牙目線に立つ構成には、読者を存分に楽しませてくれます。刃牙の見どころは、刃牙自身も圧倒される多彩なキャラクター達もそうですが、名勝負シーンや奇々怪々なシーン、誰もが思いもしない行動など。特に範馬勇次郎には一部、ネタとして広く親しまれています。刃牙は、格闘マンガでありながら画面から表現される画には、芸術的な部分もあると感じます。それが、普通の殴る蹴るの格闘マンガではありえない常軌を逸した表現だからこそ、「範馬刃牙」は長く続いている人気作品だと思います。

20代男性

時系列でみていくと、まず、妄想の巨大カマキリとのバトル。正直人間の大きさだと昆虫は、体を支えることができないと思うので、妄想とはいえ無理があると思います。頑丈さや、能力は、体の大きさに見合って作られるので、巨大な昆虫は存在できないと、本で読んだ気がします。マンガにこんなツッコミを入れるのは無粋ですが、バキシリーズは、割とリアルな感じというか「ありそう」と思わせてくれる感じが好きなので、巨大カマキリは、ないなと思いました。次にオリバと戦うことになりますが、オーガも一目置いているようなキャラだし、バキもオーガのようなパワーを感じているので、練習相手にもってこいだと思います。ただ、そこに行きつくまでの過程が長い。なぜかオリバと2代目アンチェインことゲバルの戦いがあります。まあキャラ的にも好きだし、面白かったのですが、別にストーリーに組み込む必要はないのでは、と思いました。オリバとの勝負は、バキの主人公補正が目立ち何とも言い難い決着でした。ここまできたらもう戦う相手がいない、というとこまできたのですが、やってくれます板垣先生。恐竜を狩っていた男を古代からよみがえらせます。唐突なSF感ですが、面白いのでよし。古代の戦士ピクルと戦いが始まります。既存のキャラたちがピクルと戦いたがり、バキは4番手位になります。つまり、そこまでは、別のキャラたちの戦いになります。冗長だけど面白いのでよし。このピクルは、野生とパワーの戦士なので、完全に前回戦った相手、オリバの上位に属すると思います。オリバの意味は、あったのかと思ってしまいました。ようやく刃牙の出番でしたが、この戦いはテンポが悪く、妙に解説が入って冗長に感じました。それでいて、主人公補正っぽさがあり、オリバのときみたいに何とも言えない決着になります。そこからオーガとのバトルまでは、別キャラの戦いだったり、オーガ戦に向けた流れだったりがあったりして、冗長な感じでした。オーガ戦を考えるのがよっぽど大変だったのだろうと思います。こうして、始まったオーガ戦、ピクルのとき同様にテンポが悪いです。そして、お互いに異常なタフネスを誇るので、攻撃がむなしく感じる、意味あるのかという感じです。ラストの方でテンポの良い戦いがあったのは、満足です。決着の仕方は、なんとかがんばってまとめたという印象でした。

範馬刃牙を1番安く読むならebookjapan


 
範馬刃牙の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「範馬刃牙」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
範馬刃牙を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます