コヨーテ(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「コヨーテ」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「コヨーテ」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

コヨーテ全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「コヨーテ」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「コヨーテ」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

コヨーテ全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

コヨーテの概要

作品名 コヨーテ
作者 座裏屋蘭丸
出版社 ダリアコミックスe
掲載誌 ダリアコミックスe
ジャンル ボーイズラブコミック
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/390870/A001704922/

あらすじ

人間×人狼 運命に弄ばれた禁断の恋
 
「男同士だろうが異種間だろうがどうでもいい」〈人狼〉であることを隠しながら暮らすコヨーテは、バーで働くピアニスト・マレーネに会うたび口説かれる。人狼ゆえ彼と深く関わることを避けようとするが、ある日、前ぶれもなく初めての発情期がきてしまい、人の姿を保てずにいたところをマレーネに見つかってしまう。彼の誘いを拒もうとするコヨーテだが…。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/390870/A001704922/

感想

20代女性

新刊出るので再読。はぁ~面白い~攻めの紳士的なとこ好き。素敵すぎ。受けの控えめなとこ可愛いな~まあ人狼であること隠しながらだから常に警戒してるのもあるかもだけど。エロ可愛い。間違いない!開いて数ページ、台詞の無いカラーページで世界観に引き込まれました。「リリー」「マレーネ」と呼び合うふたり。地下の酒場のピアノ弾き(酒場は地下にあるべきだよね!)、あきらかに惹かれ合ってるよね~。この導入から始まるマフィアの人間と迫害されている人狼のコヨーテ。過去に描かれて嵌った迫害される存在といえば吸血鬼そしてエスパー。人狼が他と違うのは「発情期」があること。心理的なストッパーをふっとばして一気に距離が縮まり、引き離す。このロミジュリカプのハピエンが見たいです。お互い素性も本名も明かさず惹かれあっていく、惹かれてるから知りたくて追うと、それを迷いつつも待てば、当然脇が甘くなり何かがポロっと出てきてしまう。そういう、どうしようもなさと、それすらも全てを抱きとめたいと思ってしまう感情のゆるぎなさに私の心を甘やかにとろけさせて読んだ。組織のことなど話に厚みのある話で、座裏屋さんの長編…と楽しみに読んでいる。始まったばかりで、主役の二人も見た目ほどシンプルに想いあってるのか分からなかったな…この頃。…そう、記録漏れです。発売と同時に読んで、何度も読み返している…好き…
他の感想はこちら

50代男性

コヨーテを口説きにかかるマレーネは諦めが悪い男性です。問題点は二つあり男性同士なこと、コヨーテは人狼なことです。本質は狼ですが人間に成りすまして生きています。狼でも人間になりたい気持ちがあるのかは定かではありませんが、この世には人型宇宙人もいるので隠して生きるしかありません。マレーネはピアニストですが毎回、コヨーテに合う度に口説いています。好意があるのはマレーネで、コヨーテは深く関わらないことにしています。狼なのがばれてしまうからです。人間と人狼が恋愛に発展するとは思わないですが、好きな気持ちに嘘はありません。狼は本来、単独で行動するので仲間意識がありません。子孫繫栄もそこまで上手ではないので数は少ないです。なぜ単独行動するのかは、人間でも同じことが言えます。人一倍気を使うから疲れてしまい一人を好んでいる気がします。コヨーテはまだ来ていない発情期を向かえてしまいました。動物的本能がそうさせてしまいましたが、マレーネに見つかってしまいました。狼だとばれてしまい、それでも愛せるのかはマレーネ次第です。好きになるのが人間ではなく狼だったことで、その代償は大きくなっています。狼でも人間に近づいてきた感じです。

30代男性

コヨーテは本作品の主人公である人狼の名前ですが、動物好きの私としては北米に分布しているイヌ科動物のコヨーテをまず連想しましたね。物語は、人狼の主人公と、ピアノを弾きながら実はマフィアなマレーネが出会い、秘密を知られて愛し合う関係に発展してゆくBLストーリーです。人狼側とマフィア側は対立しているので、許されない恋と言うか、ちょっとしたロミオとジュリエット的な関係性ですね。人狼でありながら、結果的に仲間たちを裏切るような方向へ進むコヨーテ。動物のコヨーテもオオカミになり切れなかったような種族で、人間が暮らす都市部にも進出して分布を拡大していると言いますから、この作品の主人公のコヨーテと、そういった点でも共通していると言えますね。人狼側もマフィア側も、互いに身内を殺された恨みを抱いていますから、この対立は容易に解けません。それだけにコヨーテとマレーネは板挟みの苦しい状況に追い込まれてゆくのですが、これこそ悲恋の王道展開とも言えるでしょう。あと、物語の背景ですが、建物の内装などが、少し昔の近代のような雰囲気を漂わせつつ、インターネットの環境もあるようで、時代性が掴みづらいです。それがかえって捉えどころがない世界観とも言えて、魅力に感じるかどうかは人それぞれでしょうか。

40代男性

人と狼のあいだに生まれた狼男、そんな人狼と呼ばれる種族のコヨーテと男性との恋愛を描く。バーで働くピアニストに会うたびに言い寄られるコヨーテだが、自分が人間ではないということに後ろめたさを感じている様がうまく描写されていて辛いほどに彼の心情が分かる。「自分には相応しくない。」そのような思いを抱いている人間がこの世には多くて、そういった人物の共感を得られるようなシーンであって本当に感涙するものであった。自分ではもったいないとコヨーテとは違うような人間がふさわしいと思うのだが、それが故に自己肯定感を求め相手のことをより望んでしまうのであろう。また、人間ではないコヨーテという動物と同じように発情期が訪れるというところはすごく面白い発想であった。人間にはない発情期という期間がコヨーテと人間との恋愛にどのように作用するのか?興味津々であったがうまくシナリオに組み込まれていたと思う。そのほか本来、無骨な狼男に変身してしまう狼男像であり、今までにあった狼男の人物像の毛むくじゃらで線が太い恰幅のよい筋骨隆々なごてごてした人物像であった狼男を人狼というスマートで線の細い男性像として置くことにチャレンジしているというのが好感が持てるとともに随分と冒険心を感じられたのです。そのコヨーテの新しい狼男の人物像がうまく作品に追い風となっているようでした。

20代女性

人間と人狼という新しいBL漫画といった感じでした。男同士、人間同士、異種間同士でも、どんな個性を持っていたとしても愛があることは素敵だなと思わせてくれました。とにかく作画が美しくて、登場人物の微妙な表情の表現方法から肉体美、吸い込まれそうになるくらい美しいエッチなシーンなど、魅力的な描写がたくさんあって素晴らしかったです。繊細で緻密な線で描かれていたので、到底簡単にこの画を真似できる人はいないだろうと思うほどでした。特にコヨーテの欲情した顔がたまらなくエロくて雰囲気があって個人的にはお気に入りです。また、シーンによってマレーネが自分を「僕」と言ったり「俺」と言ったりしているのが、彼の柔らかさと激しさの二面性を表現しているようで非常に興味深く魅了される場面ではありました。そういった細かな「刺激」を貰えるので、ストーリーにも浮き沈みの波が出ていてより面白く感じます。ストーリー展開、作画、キャラクター、世界観、苦しい愛情と恋愛、様々な良さが詰まりに詰まった漫画なので、BL漫画ファン以外の人にもぜひ一度は読んでみてほしいなと思います。とろっとした感情を持てたり、「愛」についても考えさせられるきっかけをくれること間違いなしです。

コヨーテを1番安く読むならebookjapan


 
コヨーテの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「コヨーテ」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
コヨーテを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます