文学処女(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「文学処女」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「文学処女」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

文学処女全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊半額クーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「文学処女」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「文学処女」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

文学処女全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える50%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

文学処女の概要

作品名 文学処女
作者 中野まや花
出版社 LINE Digital Frontier
掲載誌 LINE コミックス
ジャンル 少女マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/441564/A001835294/

あらすじ

はじめて欲を自覚していき…
 
恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。文芸編集部の月白鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。しかし、ひとまわり以上も年上の人気小説家・加賀屋朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していき…
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/441564/A001835294/

感想

40代女性

なにげなく読んだマンガでした。でもおもしろいし胸が「ドキドキ」して心をうるおしてくれるマンガです。読み進めていくとどんどんおもしろくなってはまっていきます。主人公の鹿子ちゃんは本が大好きで本のことには一生懸命になってしまう女の子です。担当になった作家さんが女性関係にだらしないとうわさの加賀谷先生です。とってもイケメンですよ。鹿子ちゃんと加賀谷先生、望月と三島暁里ちゃんとデートというか、遊園地に行くことになりました。いくら鹿子ちゃんが今まで恋愛経験がなくても女子高生の三島暁里ちゃんに真剣に恋について相談しているところが笑えます。鹿子ちゃんと加賀谷先生の気持ちが通じ合い始めてむすばれるときにカーテンの間から月が見ているといったところで加賀谷先生の様子がおかしくなりました。加賀谷先生は不器用なだけだと思います。そのときに加賀谷先生の切ない過去があったのをしりつらい気持ちで読んでいました。鹿子と同僚で思いを寄せている望月が人間らしい感情をだしてくるので魅力的に感じましたが鹿子ちゃんは加賀谷先生のことが好きなので残念です。恋愛だけではなくつらい気持ち・苦しさ・思い、感情に胸が「キュンキュン」するストーリーです。「絆」という言葉がふさわしいマンガです。最後はどうなるのか、先がたのしみです。
他の感想はこちら

50代男性

緑線社の月白鹿子はこれまで恋愛経験がないので恋を知らない処女でした。26歳にもなって一度も恋愛したことがないのは珍しい限りです。加賀屋先生の担当になり、出向くと先生に興味を持たれてしまいます。加賀屋先生は女癖が悪いので鹿子が心配ですが、意外にも大事にされています。加賀屋先生は、恋ができない男子だったので、誰にでもできないものはあるのだと確信しました。苦手なものがひとつでもあると人間らしさが出てきます。不器用同士で恋愛するように思いましたが、どちらも下手でしょうがありません。ライバル関係にある赤文社の有明光稀は、鹿子の存在が邪魔だと思います。加賀屋のベットで下着姿のところを鹿子に見られています。会社同士もライバル関係で、加賀屋に対してもライバル関係になっています。加賀屋先生が唯一書けないものは、恋愛ものです。これまで苦手意識があったので思うように書けません。想像で書くのは非常に難しいので、自分の経験から書くものが多いと思います。なぜ恋愛ができないのかは、自分でもわかっていません。自分だけの世界がある人なので、恋愛には興味がなさそうです。それでも鹿子に興味を抱いたのは本能で判断したように思います。

30代女性

仕事熱心(熱心すぎて恋愛などにはだいぶ疎い)主人公がとてもかわいいです。ちゃんと働け!とつい漫画に突っ込んでしまうということがないのですっとマンガの世界に入れます。そして主人公と主人公が恋焦がれる(作品)文豪がとてつもなく色気がある男性でとても魅力的です。なかなかくっつかない、むしろ離れて行ってしまうのでヤキモキしながらも全力で応援できるカップルです。また、同期でいつも支えてくれる男性がとんでもなく正確の良い人なので、そちらとうまくいけ!と応援する人も多数います。登場人物がみな個性的で良いキャラが豊富です。それぞれのサイドストーリーもあるので、そういった点も楽しめると思います。稀にみる登場人物に悪い人がいない漫画でそれぞれのキャラにファンの読者がいると思います!文豪のお父様がめちゃくちゃ渋くて、かっこいいので、私はとても推しています。この漫画はストーリー性も良いのですが、絵が本当にきれいです。横顔はうっとりするほど美しく描かれています。また、色使いもとても繊細で鮮やかで、物語に深みを出してくれます。個人的には作中のファッションもおしゃれでかわいいので注目ポイントではないかなと思っています!

40代女性

文芸編集部の鹿子と人気小説家、加賀屋との恋物語ですが、それぞれがこじれた状態なので年齢はそれなりに重ねている大人とは思えないような初々しさや純なところがあるのが好きです。恋を知らなかった鹿子が巻を追うごとに加賀屋や他の登場人物を通じて成長していく感じなので応援しながら読んでしまいました。加賀屋は年上だけど、過去の出来事があってそれが徐々に明らかになるのが見どころでした。ミステリアスな部分はやはり心の闇から醸しだされていたのだなぁと思っちゃいました。いったん両想いになるけれど、お互いを想って別れる感じになる展開にもなるのでせつなさも感じましたが、そこが恋の醍醐味でもあるので単なる楽しいだけの恋愛モノより共感出来ました。個人的には加賀屋が昔の恋人のことを引きづり過ぎとは思いますが、そういうピュアなところがあるから小説も書けるのかもしれませんね。鹿子を想う望月の存在もあり、加賀屋は一回りも年上だから望月の方がいいかもとも思ったりしちゃいました。ただ最後まで男女三人ともがお互いを想っている感じがして魅力的でラストもこれまでが報われる展開だったので良かったと思います。ヒロインだけが多めに描かれるのではなく、加賀屋のターンもなかなか深みがあって作品に奥行きがあったと思います。

20代女性

透き通るような洗礼された作画が印象的なこの漫画の表紙に非常に惹きつけられて、実際にストーリーを読んでみたくなったのでこの作品を手にとってみることにしました。恋を知らない女性と恋ができない男性の間に巻き起こるストーリーで、二人の恋愛がどのように展開していくのか、二人はしっかりと結ばれる展開になるのか、ストーリーはハッピーエンドを迎えるのか、非常に気になりました。ピュアすぎる編集担当とクズっけがすごい作家の二人はそれぞれとても個性的で、またどの登場人物もキャラクター設定が細かいので惹かれる部分も多かったです。途中鹿子、望月、加賀屋先生の三角関係かと思えば加賀屋先生の元カノ千夜香が出てきたり、ストーリーの波が激しいことも楽しめた理由の一つかなと思います。そして衝撃的でしたが、鹿子と千夜香との間にも過去があったという予想外な事実にも驚かされました。いろいろ困難な状況に立ち向かうはめになるそれぞれですが、鹿子がストーリーを重ねていくにつれてどんどん女性として綺麗になっていく様子が見ていてたまらなく良かったです。同じ女性として自分ももっと恋愛を経験して、立派な女性にならなければという気持ちにさせられました。

30代女性

出版社で働くヒロインの鹿子が恋愛経験がない女性ですが、仕事には一生懸命で真面目な雰囲気はかなり好感が持てます。また、鹿子が人気の小説家の加賀屋の担当に抜擢されてから、奮闘する姿は見ていて頑張れ!!って応援したくなりました。最初の方は頑張れば頑張るほど空回りする鹿子がとても切なかったし、掴みどころのない加賀屋の機嫌を損ねてしまうシーンや、彼に酷いことを言われたりするシーンはこちらまで悲しくなるぐらいです。ただ、それでも鹿子が諦めない姿はカッコ良かったし、とても真の強い女性だなぁっとつくづく痛感しました…あと、加賀屋に接近するライバルの美人編集者の有明に、鹿子がヤキモキしている感じが女性ならではのリアルな心情が描かれていた気がします。あと、加賀屋がイケメンでミステリアスで女性が好きになるのも納得なキャラクターでした!!加賀屋自身も初めてのリアルな恋愛に若干戸惑っている感じが、普段とのギャップがあって見ていてキュンキュンしてしまいました。同僚の優しい望月の鹿子への想いや、三角関係の行方もこの作品の見どころになっていると思います。 登場人物それぞれの心情が丁寧に描かれているので、飽きずに読める一冊でした!!

文学処女を1番安く読むならebookjapan


 
文学処女の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「文学処女」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
文学処女を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます