血の轍(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「血の轍」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「血の轍」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

血の轍全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「血の轍」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「血の轍」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

血の轍全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

血の轍の概要

作品名 血の轍
作者 押見修造
出版社 小学館
連載誌 ビッグコミックスペリオール
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/421755/

あらすじ

母・静子によって。狂瀾の奈落へと!
 
「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」! 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと! 読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/421755/

感想

20代女性

かなり怖い作品です。といってもお化けや妖怪などの類ではありません。やはり一番怖いのは人間なのだろうかと思わせるような作品です。異常者がたくさん出てくるというわけではありませんが、母が子(主人公)に対する一種のマインドコントロールだったり絶対的なものがある、いわゆる共依存に近いテーマが扱われています。この世のどこかで同じような状態になっている母子はいるかもしれませんが身近にはいませんので、私には不安になるような、気を抜いたら倒れてしまいそうな足元がグラつくような不安定さが読んでて感じられました。セリフが無いページが多々ありますので読む時間はさほどかからないと思います。ですがそのセリフが無いようなページがゾワゾワし結構怖かったりします。物語は第二部に差し掛かり主人公の身辺が第一部と大きく変わっています。かつての友人やクラスメイトはおそらく平々凡々と過ごしている中、主人公は元よりあまり表に出すことが無かった感情がさらにわかりづらくなっていて生きづらそうにも感じます。そんな中父親にある異変が起きますが、これを経てどう変わっていくのか。もしくはもう変わることができないのか。かなり続きが気になる作品となっております。
他の感想はこちら

40代男性

独特の作画はこの漫画の作者である専売特許ではあるのではないかと思えるぐらい押見修造という人物の描くかなり独特の画風なのであった。ラフ画からそのまま飛び出してきたような水彩画の教科書に出てくるようなそんな色の塗り分け、あえて台詞に手書きのフォントをそのまま使っているというところも斬新でかなり目立った仕様になっている。作者の意図を汲み取るようにそのような画風を尊重しているそんな編集者の意図なども感じることができ、面白く読むことができた。しかしそれはとても気になり物語がシリアスな方向に進んでいったとしてもそのぬくもりが水彩画の上から出てくるので全然怖くなく優しい雰囲気が漫画全体から醸し出されているのでストーリーも少し追いやられ、シリアスで暗い内容とはあまりにもマッチしていない。冒頭で始まる猫が死んでいるというところを息子と共に発見するシーン、主人公が息子が猫の体が冷たいと発見するというそのシーンなのだが、あまりにも冒頭に始まる物語のプロローグとして暗い内容であるのに、その描いているタッチが水彩画の優しいと温かい背景なども用いているので、すごくギャップがありなんだか変な気持ちがしておかしな感じがしたのである。

40代女性

自分の母親に似た部分があり、思わず「わかる!」と頷いてしまうシーンがたくさんあります。自分の行動を後からねじ曲げたり、子どもに性を意識するのは汚いことだと教えたり、突然見放すようなことを言ったかと思えば急に赤ちゃんを扱うようにベタベタと過剰に世話を焼いたり。すべて自分のため、自分のプライドと支配欲を満たすためだけにやっています。子どもに自我が芽生えると、それを全否定して阻止します。ママと違う考えや意見を口にすることが許されていないのです。子どもの成長を願うのではなく、コントロールしやすいロボットになることを願っています。漫画で読むと「こんな人間がいるのか」と信じられない気持ちになりますが、実在します。うちの母親もわたしに介護してもらうことしか考えていません。親族のことを悪く言い、いつも自分が被害者であるかのように振る舞います。実際そこまでひどい親族ではないのですが、敵であるとわたしに洗脳しているように見えます。漫画に出てくるママも同じです。かわいそうなママのために息子は自己犠牲をしなければならないとずっと洗脳しています。息子は大人になってもその洗脳が解けず苦しい人生を歩みます。自分を見ているようで胸が痛くなりますが、目を覚ますためにはこのような漫画も必要だと思わせる内容です。

30代女性

読者によって感じ方が大きく分かれるマンガです。一言で表すなら『母親の狂気』。このマンガを所謂「毒親もの」と表現しているものもありますが、そんな単純な内容ではありません。どこにでもあるマンガの様なネグレクトであるとか、暴力を振るってくる様な親でもありません。息子をかわいがる、とても綺麗で若いお母さんです。しかし、冒頭からどうも違和感を覚えるのです。セリフではなく、1コマ1コマの描写でそれを読者に訴えかけてくるのです。この母親、息子のことをどう思っているんだろう?少し過保護なだけなのか?それとも息子を一人の男として好きなのか?そんな微妙なラインの描写が続くのです(笑)。そんな母親に対して、中学生の息子も年相応に反抗しているのですが、彼自身も母親に対する複雑な感情を抱いています。中学生に、こんな綺麗なお母さんがいたら、同級生は羨ましいだろうと思います。何ともいえない中ストーリーは進み、親戚との山登りの時に大事件は起こります。衝動的とも思える母親の行動を見た息子は母親を守るべきか、倫理観を優先すべきかの葛藤と戦っていきます。いつの間にか、母親という脅威に縛られながら生きてきた息子。息子と両想いの女の子(同じ中学生)は、初めてこの母親と会った時、本能的に分かったのだと思います。この母親はやばいと・・・。この母親、息子から見た視点と、他の人物から見た視点とでは容姿に若干の違いがあります。シワ一つないキレイな母親、キレイだけど少し年齢を感じるお母さん。後半では様々な修羅場が訪れます。この親子をキモイ、と感じる人もたくさんいると思います。しかし、一度読んだら本当にとまりません。私は大好きです。

40代女性

繊細なタッチの絵柄に惹かれて読むと裏切られると思います。今でいう毒親、親ガチャ問題をいち早く描いている作品で、母親と主人公の関係性にイライラすることも多数・・・。でもこのような関係が普通に存在しているのだろうな、とも考えさせられるストーリーです。被害者的に巻き込まれて、家庭が崩壊し酒に溺れ、急死してしまう父親が不憫でなりません。しかも主人公である息子にお金を残して。また主人公が従兄弟を殺してしまい、成人後も人付き合いなくひっそりと息を殺すような生活を送っている描写があり、罪を犯すことの愚かさについても考えさせられます。父親が死に、現在の母親と主人公がどのように関わっていくのか非常に興味があります。血の轍、とあるように縁を切っても血は切れない、主人公も母親の影響を受けて精神的におかしくなってしまったり、血の繋がり、遺伝子というものの大きさを感じました。現在の毒親問題に警鐘を鳴らしている作品でもあるかと。毒親である母親と主人公である子供が可愛らしい顔立ちで描かれており、それにより不快感が軽減されています。(逆に不気味はが際立っているとも言えますが)押見先生の絵柄と現代的なストーリーがミスマッチなようでマッチ、いやそれ以上の、相乗効果を生んでいる作品です。

20代男性

最初は普通に仲が良い親子の話のように見せかけて、少しずつサスペンス的な雰囲気にどんどん変化していくところがすごく良かったです。特にキャラクターの表情の描き方が印象的で、笑顔を見せているのに心の内側では何か恐ろしいことを企んでいるようなシーンがいくつも見られました。こういうシーンが多いからこそ、これから先誰が何をしでかすか分からない緊張感が増していくような感じがして怖かったです。そして親子愛というと素晴らしいものだと思われがちですが、親子愛を超えて共依存の関係性までいくと、そこから恐ろしい事態に発展していくということがこの作品を読んでよく分かりました。舞台が田舎なので、閉鎖された空間で周りの人たちもその恐ろしい事態に巻き込まれていくところが余計に怖かったです。ただ怖いだけではなく、ミステリー要素もあるため先の展開を予想しながら読んでいく面白さも味わえます。推理しようとしても、毎回予想の斜め上をいく展開を見せてくれるのも、この漫画の面白いところだと思います。そして幽霊や悪魔などの存在に頼らず、普通の人間を題材にしてここまで恐怖感を演出できるのは、物語の力と絵の表現のすばらしさのおかげだと思いました。

血の轍を1番安く読むならebookjapan


 
血の轍の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「血の轍」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
血の轍を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます