吾輩は猫であるが犬(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「吾輩は猫であるが犬」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「吾輩は猫であるが犬」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

吾輩は猫であるが犬全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「吾輩は猫であるが犬」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「吾輩は猫であるが犬」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

吾輩は猫であるが犬全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

吾輩は猫であるが犬の概要

作品名 吾輩は猫であるが犬
作者 沙嶋カタナ
掲載誌 シーズンJam
出版社 祥伝社
ジャンル 女性マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/654940/

あらすじ

彼女は自分が捨てた姿の犬派で…?
 
前世で悲しい死を迎えた犬は、生まれ変われるなら猫になりたいと願う。その願いが叶い猫で生を受けるも、さっそく命の危機に晒されてしまう。そこで少女と運命的な出会いを果たすが、彼女は自分が捨てた姿の犬派で…?
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/654940/

感想

30代女性

母猫に置いて行かれた仔猫が短い生涯を終えそうになったところを人間の女の子に助けられるところから始まります。前世は不自由な中で命を終えた犬で、本人(犬)の希望で自由な猫に転送したのですが、その助けてくれた女の子は犬派だったという。前世からの生い立ちの哀しさと絵のタッチからシリアスなお話かな、と思ったら少しクスっと笑える部分も多くあります。自分の願い通り猫になれたのに、飼い主が希望するなら犬になりたい、という本末転倒というか、おかしな努力をしてしまう面白さ。でもその根底にあるのはもう捨てられたくないという、切実な願い。飼い主のほうも喪失感と傷を抱えていて、すぐには受け入れられない。そんな心の声が聞こえたらお互いにもっと楽だったのに、と思いました。誠心誠意飼い主に仕えたい猫、いきものを大切にしたい飼い主。すれ違ってしまったり、努力が裏目に出るのは切ないけれど、心の動きもしっかりと描かれています。猫のほうはただ一途ですが、飼い主のほうも、一歩前に進めた。動物をおもちゃのように扱う前世の飼い主には本当に腹が立ちますが、今回は幸せな犬生?猫生?を送れそうで、最終的にはほっこりしました。おふたりの幸せを祈ってしまうラストですした。
他の感想はこちら

30代男性

中々独特な感じの作品で、非常に発想としてはおもしろいですね。そして何よりタイトルがなんか魅力的でいいですね。オシャレです。前世で悲しい運命を背負い死んでしまったわんちゃんが次回は猫がいいと願っていたら、なんと、本当に次転生したら猫になっていたという感じの転生作品なんですが、しかしこの作品はよくできています。一度でいいから全人類に犬とか猫や動物と接する前にこの本を読ましてやりたいと思うくらいいい作品です。「言葉が通じないから」、「自分より立場が弱いから」そんなことでペットや動物をええ加減にあつかったことはないだろうか。わたしもわんちゃんを飼っているんですが、最近よくニュースとかになっているペットを飼ったのはいいもののろくに餌もあたえないとか、散歩にもいかないとか挙句の果てには暴力をふるうとかそんなニュースをよく耳にする。そんな奴らにいいたい。彼らも生き物。私達と一緒なんだ。そう言ってくれているような愛のある作品です。途中は切なくて泣きそうになりますが、それでも猫ちゃんに転生して可愛がってもらえる描写があったりとちょつとほっとしてしまいました。こんな作品はぜひもっと世にひろめてほしいですね。

40代女性

犬の過去を持つ猫が、女子高生に飼われるまでを描いた漫画です。動物を飼っているものに必ず訪れるのは、別れです。女子高生は、過去に飼っていたペットとの別れがあって、新しく動物を飼うことをしないというところはとても共感しました。自分も猫を以前飼っていて、天寿をまっとうして別れましたがそれから数年は動物は飼えませんでした。想いが強ければ強いほど、別れがつらくて飼えませんでした。犬という過去を持つ主人公。犬のときは家族に見捨てられ、最後は寂しく死んでいきました。この時の飼い主は本当にいたら殴ってやりたいです。責任も取らずに、犬を見殺しにしたのと同じだと思います。辛い思いしかなかった主人公が出会ったのが、女子高生でした。女子高生に飼ってもらいたくて必死になっている姿は痛々しいけど可愛かったです。何度も何度も拒否されても、必死にアピールする。女子高生は飼ってもらいたい気持ちが解っていたと思います。ですが、過去の別れがつらくて飼えないという心の傷があるので自分の中で戦っていると思いました。表面上では冷静に見えますが。主人公が猫として生まれたが、犬になれば飼ってもらえると思い無理をしてしまって、病院行になり、しゃべれないけど謝りとおすところは本当に女子高生が好きなんだという気持ちになりました。猫は尻尾を振る時は嫌いな相手といいますが、犬の頃のなごりで主人公は大好きな女子高生に向かって尻尾を振ってしまいます。それが、嫌いではないと誤解がとけて、全身で大好きを表しているときに本当に涙が止まりませんでした。最後はハッピーエンドで、飼ってもらえることになった主人公。猫や犬の感情は解りませんが、こういう感情をもっているのであればいいなと思いましたし、今、飼っている猫を大事に大事にしていきたいと思う漫画でした。

40代男性

短いお話なのですがその中にギュっと濃縮されているようなお話であった。ストーリーはとにかく面白いのですが、物語の中心的人物であるこの描写にいまいち画力がなくあまり可愛らしく描けてないというところは、かなりの痛手であると感じられた。また猫を題材とするのだから、猫が好きなのだからこの漫画を作ったのだと分かるぐらいの猫の描写にしてほしかったと思う。頭身があっておらず表情も硬い、仕草も猫ならではの柔軟性が感じられずいまいちの感じ、人物がうまく描けているのにここまで猫が下手にかけるのかというところがチグハグに感じ、厳しい意見を言うようですがあまり才能がないと感じられた。しかしまだこの物語を漫画として成立させてくれているのは、泣けるシーンがとにかく多いというところである。大切なペットと人間との関わり合いが多いと思われ、泣けるシーンに胸を締め付けられる思いがするのは、やはり一話から怒涛の感動のシーンが満載だというところがあるからであったのだ。一度は愛したのに裏切られた思いから絶望の中、最後に餓死という最も辛い死に方をしたという過去を経験し、そんな人生を生きた動物たちの心中察するところが感動をより大きなものに増幅させているのではないかと感じられた。

30代男性

動物好きな人も嫌いない人もぜひ読んでほしい作品です。動物とかを大切にしないなら、飼う資格なんてないよね。だからこそ、こういう作品って凄く大事だと思うんですよ。ペットを飼うなら最後まで責任をもってかう。この作品読んで、すこしでもそういう可哀そうな動物がいなくなることを望みます。わたしも犬飼ってるんで、改めてこの作品読んで大事にしてあげようって思っちゃいました。この作品では前世が犬だったんですけど、ひどい仕打ちをうけてるんですよね。もう可哀そうでみてられませんよ。主人に好かれる為に必死にアピールしたりするところとか健気でかわいいです。それにトラウマで行動が動けずにいたりとか、もう可哀そうすぎ。けど、転生して最後はハッピーエンドで終わるから本当によかった。人間のエゴと動物の純粋さを描いた素晴らしい作品です。こんな動物視点で描けてるから素晴らしいんですよ。犬も猫も人間もみんな命は平等なんです。改めて、犬や猫ちゃんの生きる苦労を実感した作品でもあります。今後一人でも多くの人がこういう作品をよんでペットへの向き合い方を大切にしてほしいですね。犬や猫、人間みんなの命を1人1人大切にしてほしいですね。

20代女性

どこか聞き覚えのあるタイトルだけど、インパクトが大きく内容が気になるタイトルに惹かれて実際に読んでみました。たった数分読んでみただけでも、ペットは物なのではなく大切な命を宿した大事な家族の一員であるということは忘れてはいけないなと非常に大事なことを教えてくれたような気がします。それくらい、導入部分からストーリーが進んでいく過程において、とても深くてどっぷり世界観に浸れる魅力が詰まりに詰まった良作でした。特に前世におけるワンちゃんのシーンが印象的で、非常に悲しく辛い気持ちにさせられ、漫画作品なのにここまで胸が締め付けられる思いをするとは、と非常に深いものを得ました。涙も流さずにはいられなくなるほど、感情移入したことを覚えています。とても一途な子猫から、心優しい女子高生一家、命のやさしさで詰まっていて、恋とかエロさとかゼロな作品でここまで素晴らしいものはないなと改めて感じます。終わり方についても凝られていて、最後はしっかりと幸せな気持ちにしてくれるので、どんなジャンルの漫画が好きであっても絶対にどハマりすること間違いありません。特に自宅で実際にペットを飼っていると言う人には、一度でも手に取ってみてほしいです。

40代男性

本人が猫が好きなのであるということは明々白々であり作者の猫好きの思いが見てるこっちに十分すぎるほど伝わってくるようです。しかしタイトルに犬が付いているので犬好きの人にもわかる猫愛の作品だというところ明白にしてもらいたかったと思います。犬という文字がタイトルに含まれているので、猫だけではなく猫と犬との関係性をストーリーにしてるのかと思ったからです。しかし、蓋を開けてみるとネコだけの話、その猫に対して感情移入をしている主人公とその主人公に自分を投影している作者の痛いまでの猫愛というものがかなり違和感を持って見るということができます。さて肝心の絵なのですが、お世辞にも上手いということは言えず線に迷いがあり抽象画のように主線をごまかしているところ。勢いよく描けていないのは作者がまだまだ未熟で練度というものが足りないというのが、素人の私から見ても分かるのです。つまりは直球で言うところの絵がうまくない。絶望的なまでに猫を上手く描けていないのです。人物はそれなりに描けているのですが、猫を愛しているのでしたらその猫をもう少しうまく描いて欲しいと思い、特に頭身などもちぐはぐで頭でっかちで妙に姿勢がこわばっている変な体勢のまま固まって猫の柔軟な体や骨格というものを理解していないという、作者の稚拙な絵の才能というものに努力がそこに見られないのが残念な思いがしました。とにかくタイトルにも犬をつけるのであればもう少し犬を見ていたかったと思います。

20代男性

この作品を読むと、犬や猫などのペットがどれだけ人間の愛情を必要としているのか分かります。でも言葉を持たないので鳴き声や仕草などでがんばって自分の気持ちを伝えようとする健気な様子に思わず涙が出そうになりました。猫のように孤独にも強い存在になりたいと願っていた犬が実際に猫として転生するという設定も面白かったですし、その猫の心の声が本当にそう言っているかのようなリアルさがありました。転生前の犬としての生活があまりにもかわいそうなのでそこだけ見るのが辛かったのですが、猫として転生したあとはちゃんと幸せになる展開が用意されていたのでほっとしながら読むことができました。そして飼い主からの愛情をしっかり注がれているところを見れたので、読んでいるこちらも幸せな気分になりました。今現在ペットを飼っている人は、この漫画を読んだあと、もっと自分のペットが愛おしくなると思います。そして前世ではどんな人生を送っていたのか、今心の中では何を思っているのかなど思わず考えてしまいます。この漫画に出てくる飼い主のように、全ての人が生き物に対して優しい世界があってほしいなと思います。犬猫好きは涙なしには見られない作品ですので、ハンカチの用意必須です。

吾輩は猫であるが犬を1番安く読むならebookjapan


 
吾輩は猫であるが犬の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「吾輩は猫であるが犬」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
吾輩は猫であるが犬を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます