鬼獄の夜(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「鬼獄の夜」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「鬼獄の夜」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

鬼獄の夜全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「鬼獄の夜」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「鬼獄の夜」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

鬼獄の夜全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

鬼獄の夜の概要

作品名 鬼獄の夜
作者 加藤キャシー
連載誌 マンガMee
出版者 集英社
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/586166/A002364904/

あらすじ

極限状態でのエロティックホラー
 
極限状態でのエロティックホラー! その閉ざされた村には、人を喰い、女を死ぬまで犯す鬼がいた…! 楽しかったはずの幼馴染たちの小旅行は呪われた廃村に迷い込んだことによって地獄絵図と化す。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/586166/A002364904/

感想

40代男性

そこそこ画力でかなり上手いというレベルではないですが、漫画のストーリーを邪魔するということは無くどちらかと言うと中の上というぐらいでしょうか。とにかくホラーというものを全面に押し出しているような作品ではありましたが、一度読んでみるとなかなかホラーというよりかはサスペンスに近い内容でありそれほどおどろおどろしくはなく、また震えるほどの恐怖、お風呂に入る時に目をつぶってあけられないというような怖さはあまり感じない作品でした。雰囲気的に世にも奇妙な物語の内容が薄いバージョンだと考えてもらえれば良いぐらいの怖さであったので読みやすいというよりかはどちらかというと物足りなさを感じる人が多いのではないかと感じられたのです。またとにかくエロが邪魔をしている部分がそこかしこにあるので、ここまで微恐怖のエロ作品にしたいのであればかなり大胆なまでにエロさを強調してもよかったのではないかと思いました。またヒロインが可愛いらしいのですが、人の心を逆なでるような発言があるのはたまに傷ですが、いかんせん可愛らしいのでそこを許してしまうというのです。このようなヒロインに対してのイメージ、父性感が多少ある男性ならば許してしまうのかもしれませんが、若い人や女性などになると嫌われてしまうようなそんなヒロインが物語の評価を若干引っ張っているのかもしれません。全体を通して面白い話であったが故にそこまでの評価が高くないのこのヒロインのせいなのかもしれません。
他の感想はこちら

30代男性

現代の若者たちが、人を食らい女を犯す恐怖の鬼が潜んでいる廃村へ迷い込んでしまうお話でずか、まずは冒頭の鬼に遭遇するまでの部分が怖かったですね。楽しい旅行に来たはずなのに、鬼出没立入禁止の看板を見つけるところから始まり、車を走らせ続けても帰ることができなくなって、そしてしめ縄の鈴が一斉に鳴って多く目がついた化け物に出会うまでの一連の流れが、段階的に読み手の恐怖心を高めてゆく造りになっていて、ホラーの入口の王道とも言える展開を楽しめました。そして主人公の青柳鷹介、立花牡丹、赤坂晴馬、藤崎茜の4人の複雑な関係が、鬼に襲われる中で浮き彫りになってゆくことに驚かされました。幼馴染で仲良しの4人組と思いきや、危地にあって、複雑な四角関係が剥き出されてしまうのですよね。かなり本格的なホラー作品であると同時に、エロ要素が強く、またグロテスクなシーンも多いので、読み手を選ぶ傾向があると思いますが、4人の複雑な人間関係に加えて、鬼の正体についてなどミステリー要素もあり、ストーリー自体はかなり楽しめる漫画です。何よりホラー作品には欠かせない恐怖感と、ハラハラドキドキがしっかり盛り込まれているところが良かったです。

40代男性

鬼獄の夜は、女を襲う鬼を祭る現世とは隔絶された村が舞台の物語だ。女を襲うというのは命を奪う意味合いもあるが、性的な意味も強い。エロティシズムは含む話だというのは、ここから容易に想像がつくがこの話はそれだけではない。
女を襲う鬼。そこから、性的な刺激に寄らず、どうやって読者を引き込む物語に仕上げるかが作者の腕の見せ所といえるだろう。話の構造上、ヒロイン、つまり女性が主人公になるのは当然といえるだろう。極限の状態でもヒロインは恋をする。自分の好きな人が、いつ命を失うかもしれないという恐怖は常に物語の中につきまとう。もちろん好きな人だけでなく、協力者、仲間、自分の周りの人々がいなくなる状況は、決して消せない恐怖として物語を盛り上げる。だが、この話の核はそこではないと考える。
古今東西、良い物語には良い悪役が必要不可欠である。そういう意味で、鬼獄の夜は良い物語の要件を満たしている。鬼を奉じる神社の神主。彼だ。彼こそがこの物語最大のキャラクターだ。立場上村と鬼の秘密を一手に握る彼は、いい具合に狂気に縛られている。読者は怒りに震えながらも、彼から目を背けることは出来ない。繰り返し繰り返し主人公たちを追い詰める彼の行動は、裏に何かをあることをにおわせているが、目的は全くわからない。これがただの彼の欲望なのか、はたまた、その裏にはやむにやまれぬ事情があるのか。それを知りたければページをめくるしかない。そう、我々読者は、鬼に魅せられ悪役に魅せられ、ただただページをめくればよいのだ。

鬼獄の夜を1番安く読むならebookjapan


 
鬼獄の夜の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「鬼獄の夜」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
鬼獄の夜を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます