それでも歩は寄せてくる(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

漫画「それでも歩は寄せてくる」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻をお得に読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「それでも歩は寄せてくる」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

それでも歩は寄せてくる全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える50%OFFクーポンで、半額で読める。世界最大級の電子書店で安心
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
コミックシーモア 初回50%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「それでも歩は寄せてくる」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる50%OFFクーポンがあるので、「それでも歩は寄せてくる」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

それでも歩は寄せてくる全巻をお得に安く読む方法

ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の50%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 50%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
237円
(236円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
473円
(473円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
919円
(500円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
1392円
(500円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ ebookjapanはコチラから ▼

Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ Amebaマンガはコチラから ▼

コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、50%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、女性向けの漫画に強いので、女性向けの漫画を読みたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ コミックシーモアはコチラから ▼

U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ U-NEXTはコチラから ▼

コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ コミック.jpはコチラから ▼

それでも歩は寄せてくるの概要

作品名 それでも歩は寄せてくる
作者 山本崇一朗、北尾まどか、ねこまど
出版者 講談社
連載誌 週刊少年マガジン
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/548027/A002193948/

あらすじ

山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ
 
「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ! この恋、詰むや詰まざるや…? 将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/548027/A002193948/

感想

40代女性

世に部活系の漫画は多々あれど、「これまで無かったな」と思わせてくれます。将棋部という割とマイナー寄りな部活動をテーマに盛り込んである為、静か動かといったら静的な描写が続くのだろうと思いきや、歩もうるしも心の中がいつも活発で、様々な表情を見せてくれるので読んでいて飽きません。いわゆる「学園もの」にありがちな、「だんだんと距離が縮まり、2人は恋人になりました」という流れを女性キャラクターの露出度を上げながら引っ張るような見せ方はせず、互いに敬意を保ちながら向上し合う姿が清々しい、心から応援したくなる恋なので、読後には心洗われ、こういう気持ちをいつまでも忘れずにいたいなと思えます。将棋部の中の出来事だけでなく、学校全体のイベントや、季節の行事で校外へ出かける場面などもあるのがまた良く、運動面での活躍だったり、あるいは礼儀正しさなど、キャラクターのまた違った一面を垣間見ることができて楽しめます。表情豊かなうるしは本当に愛らしく、照れた顔、面映ゆい時、ジレンマ等、高校生としての内面の輝きが、コミックス全編を通じ溢れているので、新刊をめくる時にはいつもワクワクします。歩はただ無口なだけでなく、ここぞというときに丁寧な言葉でズバリと想いを口にするので、それがまた爽やかでファンになってしまいます。将棋を指せればもっともっと楽しめるのだろうなと思うのですが、わからなくても十分にハマれて、且つ、ただ面白いだけでなく、心に温かいものの残る作品です。
他の感想はこちら

20代男性

主人公の男子高校生田中歩(以後、歩とする)とヒロインの八乙女うるしが将棋部を舞台に織り成すラブコメディです。からかい上手の高木さん等で知られる山本崇一朗先生は元々心の機微を描くのが上手い漫画家だと思いますが、こちらでも例外はなく長い間をかけて丁寧に恋心の自覚と移り変わりを描いているように思います。さらに主人公格だけではなく、周囲の人間にもキャラデザや性格双方での魅力を添加するのが上手で、読んでいて常に違った視点で楽しめます。歩の堅物な姿勢には相手に対する真摯さを感じますし、うるしの意地っ張りな態度にはとてもいじらしさを感じるのでお似合いのように思えますが、安易に一足飛びな関係構築をしないのが山本先生の良さでしょう。また、キャラデザの好みがあるのか、山本先生はどの漫画でもデコ出しで身長の低いのキャラが必ず1人は存在しておりそこに彼なりの拘りが感じられる点も読んでいて面白いです。それでも歩は寄せてくる、現在9巻まで発売されておりアニメ化も決まっている作品ですので、アニメ化をきっかけにという方や高木さんなどをきっかけに手を出してみる方も多いと思います。ヤキモキした恋愛模様が面白い漫画なのでとてもおすすめしたいです。

50代男性

登場人物がわずか二人なのですが、恋の駆け引きに没頭されてしまいます。2年生の八乙女うるしは部長といっても部員が田中歩だけです。一年生の田中歩は一人しかいないことを知っていて将棋部に入ったので、八乙女に好意があるとしか思えません。八乙女が歩に問いただすとうまくかわされてしまいます。歩は好きなのですが、認めようとしない感じです。勝利したら告白するつもりですが、力の差はありすぎて当分の間はなさそうです。八乙女は将棋は強いですが、歩の攻めに弱そうな気がします。歩の将棋の戦い方は守り重視で攻めができていません。八乙女に自分の性分を分からせようとする将棋の仕方です。お互いに好意がありながらなかなか言い出せないのは、将棋の駆け引きにも似ています。将棋は会社経営や、戦争、スポーツにも似ています。将棋を恋愛に例えてしまっているのも二人の戦い方です。歩だけに歩兵で勝負するかもしれませんが、相手は八乙女なのでよほどのミスをしない限り無理な攻防です。それでも歩は寄せてくるのは、勝利することを信じて告白するのが目的です。それまでばれずに歩は我慢できるか楽しみがあります。八乙女を超えてしまったとき、恋愛がスタートすると思います。

20代女性

将棋ラブコメディというこれまでに読んだことのない新しい世界観とストーリー設定で繰り広げられる漫画に、読み始めてすぐどハマりしてしまいました。今まで勝手に抱いていた「将棋は堅苦しいもの」「暗めなもの」という偏見が一気に払拭されました。将棋の技術はまだまだな歩が、必死になって部長にアピールしたりぐいぐいいく姿勢を見ていると、部長が羨ましくてたまりませんでした。歩の諦めない姿勢は素晴らしく、世の中の片想い中男性・女性に勇気を与えるのではないかと思います。好きな人に対してこんなにも愛情表現が目に見える人はいるのかと思うほど行動力がある歩ですが、「好き」という言葉はここぞという時まで絶対に言わないという考え方を持っていることにびっくりしました。「好き」という言葉は特別なもので、言ってしまえばそれでいいというわけではないのだなと考えさせられました。そんな中繰り広げられる日常系ラブコメストーリーは、本当に楽しいです。お互いがお互いにこんな反応するか!とクスッとしてしまう展開に持っていってくれたりするので、とにかく面白いです。これまで多くのラブコメディを読んできたという人でも、また違った世界観が楽しめると思うのでオススメです。

40代男性

すでに先発組の将棋漫画では、あまり描かれていない恋愛模様を楽しめる作品であり、将棋を指す人対局しているその棋士でもかなり上位の部類の人達は、恋愛には疎いのではないかと思われたので、意外性を感じた。偏見かもしれないが、羽生名人や藤井聡太棋士も女性とは交わらない世界を生きていて彼らの恋愛は封印していたのではなかろうかと思う。そんな棋士の恋愛ものをシナリオの核としているのでとても楽しい。先発組の将棋漫画とは一線を画してるので面白いのだが、特に恋愛が好きな年代の高校生だということで、その恋愛模様がよりいっそう楽しめた。しかし、私的にはもう少し普通の女性に寄せて描いて欲しかった。ロリロリ全開で幼い小学生のような高校生の女性として描くのではなく、きちんとした成熟しつつある女子校生として描いてもらった方がその信憑性がより現実的なリアリティになり、かなり想像、傾倒しやすかったのではないかと感じる。八乙女ちゃんの髪の毛にしてもしかり、紫色というのはいかがなものかと感じる。これでは将棋が好きなのではなくただ単にサブカルをイメージさせてしまうので、多くの校則で採用している黒髪女子にしてもらいたかった。男子が好きなそんな女性像としては、あまりにも八乙女ちゃんは乖離しすぎているのではないかと感じ、もう少しお下げにしても黒髪にしても、身長ももう少し大きくうるしちゃんを普通に描くべきであったと感じたのは、わがままなのか。

それでも歩は寄せてくるを1番安く読むならebookjapan


 
それでも歩は寄せてくるの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「それでも歩は寄せてくる」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、50%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
それでも歩は寄せてくるを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
50%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます